フォトアルバム
Powered by Six Apart

00_登山イベント情報 Feed

2019年3月 3日 (日)

2019年 遠征トレーニング開始!

くじゅうネイチャーガイドクラブでは、毎年北海道や日本アルプスなど遠征イベントを企画しています。
遠征イベントとなると、3日間連続の登山などそれなりの体力や技術が必要になります。
当クラブでは安全にお客様をご案内するために、事前トレーニング企画を行ってます。
2019年第一弾のトレーニング企画は、男池から北大船山へ!
今回のテーマは、長時間歩行トレーニング。体力をつけよう!ということで8時間のロングルートです。

まずは男池からかくし水、ソババッケを経由して風穴へ。
ここまでの登山道は、急な登りもなくゆっくりと標高を上げていきますので、いいウォーミングアップになります。
ただし、風穴手前は下の写真のように大きめの岩が多いので少し歩きにくいです。

2時間ほど歩くと風穴に到着します。ここから左へ上ると黒岳。少し進んで右に曲がると大船山方面となります。


この日は、右の米窪ルートへ進みます。
いきなり急登が始まり、一気に高度を上げていきます。
ほどなく、反対斜面に黒岳が見えてきます。右が天狗岩、左が高塚山です。

皆さん10㎏のザックを背負ってるので、登りになると負荷がかかります。
80分ほど登ると米窪のお鉢へ到着します。
登りきってパーッと視界が開けてお鉢が見える瞬間はこのコースの醍醐味です!

右巻きで30分ほど歩くと、段原へ到着すると1700m級のくじゅう連山の山々が一気に見えます。
やっぱり、くじゅう連山は最高です。
ここから右へ北大船山を踏んで大戸越へ下りますが、このコースはザレ場が多く、フラットフィッティングにいいトレーニングになります。

大戸越についたのは、スタートから6時間が経過してました。
標準タイムで来てますので、皆さんいい調子です。
ここからさらに60分下ってソババッケへ。かくし水を経由して8時間で男池ゴールとなりました。

今回のトレーニングでは、急登のペース配分とザレ場の下り歩き、長時間歩行をメインに行いました。
第二回目は三俣山南峰直登で体力作り、第三回目は黒岳で落石防止の歩き方などなどテーマをもって続けていきます。
興味がある方は、くじゅうネイチャーガイドクラブの【遠征トレ】シリーズをチェックしてください。
北海道、日本アルプス、屋久島などの遠征イベントに興味がある方は、こちらからチェックしてください。

2019年1月28日 (月)

1月26-27日くじゅうの冬山ラッセルイベント

1/26-27くじゅう連山の厳冬期に法華院温泉山荘を拠点にラッセルイベントを行いました。
今季は気温がなかなか下がらず、積雪がほとんどありませんでしたが
この土日はドンピシャで寒波が来て、ようやく積雪となりました。
1日目は降雪と北風20m/s近いの予報でしたので、無理はせず稜線に出るのを避けました。
早々に山荘で温泉に入り、明日の山行に向けてビール片手に作戦会議です。

2日目は大船山へ。早朝に山荘スタートだったので誰も歩いてない登山道を登り始めます。
天気予報では、午前中から高気圧に覆われ回復傾向。
はじめはガスの中でしたが、午後には青空を期待できます!
高度を上げるにつれ、雪深く足に負担がかかり始めます。
新雪ということもあり、浮石などに足を取られながら段原へ。
いつもより30分ほど多く時間がかかってしまいました。
少し休憩しているとガスが抜け、大船山が綺麗に見えました!
ここから山頂までは樹氷のトンネルを歩きます。

御池に着く頃には、完全にガスも抜け、最高の青空です!

風向きの影響で御池手前は雪の吹き溜まりになってました。
久々の積雪に皆さん大満足です(^^;

2月にあと1、2回の寒波はくると思います。
くじゅうネイチャーガイドクラブでは、2月もギリギリまで冬山イベントやってますので
まだ、冬山体験してない方は、ぜひご検討ください!

くじゅうネイチャーガイドクラブ2月のイベントはこちらから

===☆遠征イベント====================================
11月10-12日(土-月)【屋久島遠征】屋久島満喫3日間 太忠岳<あと2名で催行決定!

================================================

2019年1月16日 (水)

くじゅうの冬にチェーンは必要か?

九州の屋根と言われているくじゅう連山。標高1700m級が9座あり、3シーズンはたくさんの登山客で賑わいます。「くじゅうは好きだけど、冬の登山はお休みします」という方がたくさんいますが、一番の原因としては、路面凍結です。特に12月から2月は、九重インターや瀬の本までは大丈夫だけど、途中で路面凍結して動けなくなる車が少なくありません。

≪写真は寒波が来て凍結している、やまなみハイウェイ長者原≫

九州は標高が高く山沿いエリアに住んでない限り、1年中ノーマルタイヤでOKなんです。
なので、よっぽど冬山登山を楽しみにして冬用タイヤ装備にする人以外は、登山口までの足がない状態になります。

登山ガイド時に、よく質問があるのが「来週末は、長者原までならノーマルでもOKですか?」
答えは、「寒気の状態によって変わりますので、前日まで何とも言えないんですよ。」となります。
一番冷え込む、1月後半から2月前半でも、寒気が遠ざかっていると牧ノ戸峠もまったく凍結なし。という日もあれば、3月なのに、寒波到来で朝晩は路面凍結してスリップしたということもあります。
また、スタートは凍結なしだったのに、下山したら道路が真っ白になってた。なんてもこともあります。その時の気温変化、前日までの雨・雪の状態、日照状態などで大きく変わるんですね。

次に、九重、湯布院、大分方面から長者原、牧ノ戸に来る方。
どの道が一番安全ですか?という質問もあります。
これは、生活道路である県道40号線(九酔渓)と答えています。
13曲りはかなりの急勾配なのでスリップしそうですが、除雪車も定期的に入りますし通行台数が多いので、早く融ける状態になります。ただしアイスバーン状態になると四駆でも軽自動車は登れない場合があるので注意です。
湯布院方面からのやまなみハイウェイや四季彩ロードは意外と上り下りがあり、日が当たらない場所は長い時間凍結します。


運転に自信がない方は、ちょっと遠回りでも九重インターから九酔渓コースをお勧めします。
大分県の冬用タイヤ規制情報はこちらから最新情報が入手できます。

阿蘇くじゅうエリアだけでなく1,000mを越す山間部などに登山に行く際は
タイヤチェーンをいつでも装着できるように、常時車に載せて置くのがベストということになります。

ただし、タイヤチェーンやスタッドレスタイヤを付けても凍結時のハンドリングやブレーキを誤ると、前の車に追突したり、側溝に落ちたりしますので、運転技術も必要です。

でも、やっぱり冬山には行きたいという方は、私がガイドしているくじゅうネイチャーガイドクラブの、法華院温泉山荘泊イベントでは、ノーマルタイヤでいける所から山荘の車が送迎してます。(厳冬期のみ)

完全凍結の御池や樹氷のトンネルを歩きたい方はご検討ください。
1月、2月の冬山イベント情報はこちらから

2019年1月 2日 (水)

あけましておめでとうございます!

2019年、新年のスタートです。

今年も登山に関するレポートや基礎知識・基本装備などを中心にブログを書いていきますので

よろしくお願い致します。

12月30日。2018年の登り納めは大船山へ。
28日ピークの寒波が九州まで南下して朝の気温はマイナス5℃。
しっかり冷えていますが、寒すぎて雪が積もりきれない状態です。
吉部登山口からスタートして、坊がつるへ2時間ほどで到着です。
ガスがあり、大船山は見えない状態ですが樹氷に期待して登り始めます。
5合目あたりから、うっすら雪景色になってきました。
段原まで登りきると、綺麗な冬景色です。積雪も5cmから10cmほど。
山頂に到着すると、空も明るくなってきました。
御池に着くころには、青空も見え隠れし始め、皆さんわー!という声が!

御池も完全凍結して上を歩けました。

今年最後の登り納めらしい最高の山行となりました。

登山は曇りから快晴パターンが感動的です。
これは行った人しか味わえない、言葉では言い表せない魅力なんですよねー!
冬山に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみませんか!
くじゅうネイチャーガイドクラブでは、そんな皆さんを応援していますよ。

2018年12月25日 (火)

12月22日(土)くじゅう黒岩・泉水山縦走

12月22日。例年のくじゅう連山では気温が下がり、中岳御池では完全凍結している時期ですが
今年は暖冬ということもあり、先週凍っていたのに気温が上昇して融けてしまいました。
この日の天気は、曇りのち晴れ。午前中はガスが残り霧雨まじりで風も強かったため
安全を考慮して、風の影響が少ない長者原から九州自然歩道を歩いて牧ノ戸へ。
午後から天候回復を見越して黒岩山、泉水山の縦走路を歩くことに。

暖冬とは行っても、標高1330mの牧ノ戸で風が吹けば体感温度はかなり低くなります。
ちょっと凍えながら昼食を食べて、早々に登りで体を温めるため黒岩の急登りへ取りつきます。
歩き初めてほどなく、ガスの中から周りが明るくなってきました。
それから10分も経たないうちに青空が見え隠れし始めます。
おー!と皆さん一気に開ける景色に声が出ます!

黒岩山手前に着くと、くじゅう連山と阿蘇方面まで綺麗に視界が広がりました。
とても清々しい景色と気持ちになる瞬間。これがあるから登山をやめられないんですよね。

黒岩山の山頂から泉水山へ。縦走をはじめると右手に三俣山が存在感を出してきます。
眼下には、午前中に歩いた九州自然歩道とホテルなどが見えてきます。

この縦走路、絶景ポイントが何か所があります。
ポイントで皆さん写真撮影をして、下泉水へ向かいます。
この辺りの下りは、以前とても滑りやすかったのですが
今は、階段で歩きやすくなってますので、雨上がりでも比較的安心です。

下泉水山の手前に来ると、急に植生が変わります。
松や馬酔木など、ガラッと景色が変わってこの道も好きですね。

最後は野焼きの防火帯を歩いて長者原へ。
ここからは、広い草原のようでライオンやシマウマが走っていそうな景色です。

森林に景色がいい稜線を縦走できて、阿蘇からくじゅう連山全域がほぼ見えるコースです。
牧ノ戸から久住山エリアに入る方がほとんどですが、反対のコースもたまにはいいものですよ。

2018年12月16日 (日)

2018年12月8-9日(土日)くじゅう連山 冬の17サミッツ 後編

2日目は、8:00に山荘を出発。2時間半かけて大船山へ向かいます。
坊がつるから上はどんよりした雲に覆われて大船山が見えない状態でスタートです。
今日も樹氷が綺麗です。

5合目過ぎたあたりからガスを超えて青空が見えはじめました!絶景です。
1日目は寒さとの戦いだったので、2日目はご褒美的な登山に感じます^^;
昨日1座目に登った三俣山が見えます。

段原付近まで登ると、ガスも消えて坊がつるも見えてきました!

まずは、北大船山(8座目)へ登頂して、いよいよラストの大船山へ!
皆さん、達成感と安堵の表情で記念撮影をしたあと、御池の凍結が気になったのでちょっと寄り道することに。
ふむふむ。透明だけどしっかり凍ってます。恐る恐る乗ってみて冬山を体感!

くじゅう連山がうっすら雪化粧しているようです。
今年は暖冬と言われてますが、寒波は何度か南下してくると思いますので
その時をねらって、くじゅうの冬を楽しみたいですね。

☆登山イベント情報☆

くじゅうネイチャーガイドクラブはこちらから

イムズ登山部はこちらから

2018年12月13日 (木)

2018年12月8-9日(土日)くじゅう連山 冬の17サミッツ

くじゅう連山の1700m級の山々9座を歩こう!という17サミッツ。
これまで何度も登山ガイドで17サミッツの案内をしてきましたが、冬は初めてとなりました。

いつもは、暑さとの戦いで熱中症に注意しながら水分を最低3L持って歩き始めていましたが
冬は積雪がなければ歩きやすく、水分も2L程度で済みます。
問題なのが、日の入り時間です。九州では12月に入ると17時過ぎには暗くなります。
なので、9座全て1日でやるには相当なスピードが必要となります。

今回は1日目は7座、2日目は2座として、歩行速度も標準プラスアルファで歩きました。
スタートは大曲登山口(8:50)から。どうしても三俣山が独立して時間が掛かるので初めに踏破します。

当日の天候はガスのち晴れ。今季初の寒波が南下してきたので気温はマイナス3度。
西高東低の気圧配置で思い切り北風が吹き、稜線の風速は強いところで15m/s近くに。
凍結・積雪はなく、霜柱もしっかり凍っているので、登山道の状態は良好。

標高を上げていくと、樹氷がきれいです。
サクッと三俣山に行って、北千里経由で2座目の星生山へ。

星生崎も歩きやすくてホッとします。
ほどなく星生山に到着。寒いので休憩もほどほどに西千里に下ると、
日本百名山の久住山が目の前に!3座目です。
写真では伝わりにくいのですが、とにかくこの辺りの稜線は強風で顔が痛い。
久々に冬山の洗礼を受けた気分でした^^;

久住山の次は、双耳峰の天狗ヶ城(4座目)と中岳(5座目)へ。みなさんいいペースです。
中岳からは東千里へ下り、稲星山(6座目)、白口岳(7座目)と一気に7座を歩きました。
白口岳に到着したのは16:10。歩き初めて約7時間。次第に日が落ちてきました。
ここからの下りはガレが多くなるので、気を付けながら安全かつ円滑に下ります。

気温が低いままだったので、霜柱は解けずにドロドロを回避できました。
16:50に鉾立峠に下り、山荘まで30分。なんとかヘッドライトを使わずに山荘に到着しました。
1日で7座をクリア。明日は北大船山と大船山の2座。ゆっくり歩けそうです。つづく。

☆登山イベント情報☆

くじゅうネイチャーガイドクラブはこちらから

イムズ登山部はこちらから

2018年11月 9日 (金)

2018年10月 紅葉のくじゅう 赤川ー七曲り

くじゅう連山の紅葉シリーズも最終回です。
最後は、人が少なく静かに紅葉を楽しめる赤川-七曲りコースの紹介です。

10月終わりになると、くじゅうの紅葉も終盤になり、
標高が低い赤川登山口や猪鹿狼寺跡付近がとても綺麗に色付きます。

前回のレポートでは、赤川-久住山を紹介したので、その先のお勧めコースを紹介します。

久住山から東方面を見ると、稲星山があります。
20分ほど下ると東千里があり、この標高では唯一の水場、神明水があります。
一見、飲めそうにない小さな沢に見えますが、東千里から綺麗に濾過された水ですので貴重な飲料水なんです。
雨が少なくなると、枯れる場合もありますので、水分補給のカウントには入れないでください^^;
再び20分ほどの登りると星生山山頂です。

ここから、少し足を延ばして中岳へ行くと、坊がつるや平治岳、遠くには由布岳も見えて360度展望を楽しむことができます。
中岳からは、池の小屋という避難小屋へ向かい、そこから神明水へ続く道があります。
帰りは、神明水から直接下る登山道があります。

あまり人が通らないのですが、定期的に登山道整備はされているようですので、道はしっかりついています。
ただし、草が覆い茂る時期など、気を抜くと隣の沢や尾根に入り込む可能性もありますので
しっかり読図をしながら歩いてください。
七曲りを抜けると、猪鹿狼寺跡へ出ます。
この先に分岐があり、まっすぐ行くと花公園などがある、南登山口へ。
右に曲がると、赤川登山口へ戻ります。赤川へ向かう道は迷いやすいのでしっかり踏み跡などを見ながら歩いてください。
30分ほどでスタート地点の赤川登山口へ到着します。

ゆっくり歩くと7時間ほどのコースです。
健脚向けで、静かな山歩きをしたい方向けのコースでした。

===阿蘇くじゅうROUTE11プロジェクト================
新しくWEBサイトを立ち上げました!!
阿蘇くじゅう国立公園の自然・登山・観光の魅力をお伝えします。

阿蘇くじゅうROUTE11プロジェクト
========================================

===登山の基礎机上講習===================
12月12日(水) 初めての雪山登山 九州編
樹氷や積雪の山を歩いてみたいけど、
何を準備してどんな服装かわからない方、
九州の冬山について基礎からお話します。

イムズ8階会議室18:30より行います。
========================================
===イムズ登山部=============================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
11月23日(金祝)紅葉の秋月 古処山
1月6日(日)【新年登山】宝満山 行者道-うさぎ道コース
========================================
===くじゅうネイチャーガイドクラブ=================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
12月1日(土)【九州百名山】天草 次郎丸岳
12月15日(土)~16日(日)くじゅう連山でふたご座流星群を見よう!
12月23日(日)くじゅう連山で忘年登山&忘年会!
1月5日(土)【日本二百名山】樹氷の雲仙普賢岳
1月12日(土)【新年登山】初登り!九州本土最高峰 中岳&御池
1月13日(日)【新年登山】厳冬期の三俣山
1月26日(土)~27日(日)北海道グルメフェスin法華院温泉山荘
2月2日(土)~3日(日)くじゅうの冬山満喫2日間IN法華院

☆登山中級者向けのイベント
12月8日(土)~9日(日)17サミッツ冬の陣 in 法華院温泉山荘
12月30日(日)山に感謝!くじゅう連山登り納め会

☆遠征イベント
11月10-12日(土-月)【屋久島遠征】屋久島満喫3日間 太忠岳
========================================

2018年11月 6日 (火)

2018年10月 紅葉のくじゅう 大船林道

くじゅうの紅葉と言えば、大船山か三俣山が人気ですが、山の裾野も綺麗なんですよ。
男池周辺の森や、雨ヶ池コース、そして大船林道などカエデやナナカマドなどの紅葉がいいんです。
今回は、普段ほとんど人が歩かない大船林道を散策しました。

このコース、一般車は通行不可ですが山荘の車や林業車両などが通る道なので、はじめての登山者も安心して歩けます。
吉部登山口には有料駐車場があり、100台以上駐車可能ですので歩きに自信がない方にはお勧めです。

ゆっくり歩いて3時間ほどで、くじゅう連山の真ん中の坊がつる湿原へ到着します。
ここには、法華院温泉山荘があるので、トイレや食事もできます。
日帰りトレッキングには最適です。

帰りは、暮雨の滝コースで滝を見て帰るのもいいですね。
ただし、このコースは急なくだりがありますので、登山装備がしっかりした人向けです。

のんびり森林浴を楽しみたい方は、ぜひこのコースをご検討ください。

===阿蘇くじゅうROUTE11プロジェクト================
新しくWEBサイトを立ち上げました!!
阿蘇くじゅう国立公園の自然・登山・観光の魅力をお伝えします。

阿蘇くじゅうROUTE11プロジェクト
========================================

===登山の基礎机上講習===================
12月12日(水) 初めての雪山登山 九州編
樹氷や積雪の山を歩いてみたいけど、
何を準備してどんな服装かわからない方、
九州の冬山について基礎からお話します。

イムズ8階会議室18:30より行います。
========================================
===イムズ登山部=============================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
11月23日(金祝)紅葉の秋月 古処山
1月6日(日)【新年登山】宝満山 行者道-うさぎ道コース
========================================
===くじゅうネイチャーガイドクラブ=================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
12月1日(土)【九州百名山】天草 次郎丸岳
12月15日(土)~16日(日)くじゅう連山でふたご座流星群を見よう!
12月23日(日)くじゅう連山で忘年登山&忘年会!
1月5日(土)【日本二百名山】樹氷の雲仙普賢岳
1月12日(土)【新年登山】初登り!九州本土最高峰 中岳&御池
1月13日(日)【新年登山】厳冬期の三俣山
1月26日(土)~27日(日)北海道グルメフェスin法華院温泉山荘
2月2日(土)~3日(日)くじゅうの冬山満喫2日間IN法華院

☆登山中級者向けのイベント
12月8日(土)~9日(日)17サミッツ冬の陣 in 法華院温泉山荘
12月30日(日)山に感謝!くじゅう連山登り納め会

☆遠征イベント
11月10-12日(土-月)【屋久島遠征】屋久島満喫3日間 太忠岳
========================================

2018年10月22日 (月)

赤川から久住山へ 2018秋

くじゅう連山の人気の登山口は、牧ノ戸登山口と長者原登山口です。
高い標高に位置している登山口は山頂までの標高差も少なく歩きやすくなっています。
ただ、シーズンになると駐車場も満車になることが多く、登山道が渋滞することも。

もっと静かに歩きたい方は、比較的登山者が少ない赤川登山口をお勧めします。
標高は約1050mくらいでほぼ長者原と変わりません。
が、しかし!久住山までの直登は、なかなかのものです^^;

実はこのコース、熊本地震以前はズルズル滑るのが特徴で登山者に敬遠されがちでした。
しかし、地震で登山道が一部崩落して2017年に大規模補修が入り階段を増設。
急な登りが続きますが、以前よりははるかに歩きやすくなりました。

5合目くらいまで上がると、久住山が目の前に現れ、後ろを振り返ると阿蘇五岳がきれいに見えます。


階段が終わると、岩場の連続です。
2ヵ所ほど、ロープ場がありますが、慎重に行けば安全に通過できます。
登山開始から約2時間半で、山頂の久住山へ到着します。

360度の大パノラマが待っていますよ。

南斜面もドウダンツツジがきれいに紅葉します。

ミヤマキリシマや紅葉の時期はお勧めです。