フォトアルバム
Powered by Six Apart

01_登山報告2013 Feed

2013年12月31日 (火)

くじゅう連山 積雪の後の快晴!後編

12月22日、牧ノ戸登山口はかなりの積雪です。

トイレに行く道も出来てます。

2013122210

この時期、久住分かれのトイレは閉鎖されていますのでご注意です。

牧ノ戸のトイレも厳冬期には閉鎖されてたんですが、今は1つだけ使えます。

登山口から第二展望台まではコンクリートの道なので凍結すると

かなり滑りやすくなります。が、これだけ積雪があると歩きやすい。

ただかなりの人が歩いて滑りやすくはなってますので軽アイゼンは必要です。

それにしても霧氷が綺麗です。

2013122212

第二展望台につくと青空が見えました。

2013122213

扇が鼻方面に目を向けると絶景です。

2013122214

風がなかったので、Tシャツで歩けるくらい体が温まりました。

いつも悩まされる泥もないし、雪上はヒザにもやさしい。

気を付けるのは、雪の照り返しで目をやられるのでサングラスは必須です。

扇が鼻分岐付近の霧氷のトンネルもいい感じでした。

2013122215

西千里に出ると、風が吹き始めます。

ここで防寒しないと体が冷えますよ。

襟元、袖口しっかりチェックします!

2013122216

西千里では360度どこを見てもシャッターを押したくなる景色で

ほんとに九州なのかと疑うほどの絶景でした。

やがて久住山にかかっていたガスも消えていきます。

こんなにいい条件が揃うのは年に数回なんですよねー

2013122217

山頂は強風みたいです。今回は長者原出発で時間もないので

久住分かれから北千里へ下ります。

2013122218

普段は浮石や段差で時間がかかる場所ですが

積雪の状態がナイスな感じで小走りに下れます。

2013122219

2013122220

んー楽しい!いつもは30分くらいかかるコースを15分で下れました。

途中大きな岩にアイゼンを引っ掛けそうになるので注意です。

2013122222

この日はたくさんの人が雪のくじゅう連山を楽しんでいました。

2013122223

スガモリ休憩所の吹き溜まりもかなり多くなってきました。

硫黄山道路へ向かいます。

ここのガレ場も積雪量が多かったので歩きやすくなってました。

2013122224

夕方になると光と影が雪をきれいに見せてくれます。

2013122225

あ、かなりクッキリめの人型が2つ・・・

目と鼻もよく残ってました。ストック跡まで(^_^;)

2013122226

九州では標高が高くないと深い積雪がないので

ほんとに楽しい山行でした。

冬山寒いですけど、やめられませんねー!

2013122227

■今年の登山ガイドを振り返って

今年は全国各地からお越し頂いた約450名のお客様の登山ガイドができました。

帰り際に「くじゅうにまた来るよ!」と言っていただけることが何よりです。

来年もたくさんの企画で安全にくじゅう連山の素晴らしさを伝えていきたいと思います。

くじゅうネイチャーガイドクラブをご利用頂いた皆様、

FULLMARKS福岡店の登山イベントをご利用頂いた皆様、

このブログ「初心者のための登山講座 ~九州編~ 」をたまに読んでくださっている皆様、

facebookのKCP九州登山倶楽部グループの皆様、

私の下らないfacebookの投稿に付き合ってくださっている皆様

本当に一年間ありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

では、よいお年を!!

 

2013年12月24日 (火)

くじゅう連山 積雪の後の快晴!

12月の3連休、ずっと休みがなかったのでゆっくり温泉でも行こうかと

密かに計画してたのですが、金曜の積雪と週末の天気予報を見て

これは、くじゅう連山しかない!ということで急遽予定変更。

牧ノ戸、久住、北千里など行きたいところはたくさんありましたが

とりあえず長者原へ。

やまなみハイウェイはチェーン規制です。

2013122200 
ここまで車で来るのが難関の人が多いようです。

スタッドレスかチェーンになりますが、九州ではなかなか出番がないですからね。

しかし、長者原の駐車場は8割くらいうまってます。

準備をして、さっそく九州自然歩道を歩き牧ノ戸へ行くことにしました。

が、これが大変なことに・・・

このコース、普段は登山者は少なく、旅行する人の散策路で多く利用されるので

誰も歩いていません。軽いラッセルのつもりで気楽にスタートしましたが深い!

2013122201
写真はベンチですが、30cmは余裕で積もってます。

吹き溜まりではヒザまでいきます。これは体力消耗です。

2013122202
何よりの救いは、動物くんが散策路に足跡を付けてくれてましたので

気持ち的に楽しく歩けました(^_^;)

九重観光ホテルの手前カーブに出ました。

ここは吹き溜まりだったので腰までズボッと行きました。

もう道だかなんだかわかりません。

2013122203
九重観光ホテルを過ぎると、ガスが抜けて青空が見えました。

綺麗な景色と静けさをしばし楽しみます。贅沢な時間です。

2013122204
木道の橋は要注意。横にずるっと滑ります。

真中は空いてますよ。

2013122205
牧ノ戸に近づくにつれ霧氷が目立ち始めます。

2013122206
上を見ると、冬の自然美に思わず声が出てしまいます。

2013122207
ラッセルしながら約2時間半。倍以上の時間がかかりましたが

日常では体験できない贅沢な時間でした。

2013122208

牧ノ戸駐車場は、ほぼ満車状態でみなさん久住山へ向かっているようです。

登山口のベンチは雪で埋もれてます。

2013122209
さて、おにぎりを食べて久住山へ向かいましょう!

続く。

2013年12月18日 (水)

絶景の久住山

 12月15日、くじゅうネイチャーガイドクラブ主催イベント

「冬山チャレンジ 久住山編」が実施されました。

3日前から降っている雪が残っていて、さらに当日は天候回復傾向。

これは超ラッキーな絶景日和かも・・・前日から期待していました。

やまなみハイウェイもチェーン規制はなくノーマルタイヤのお客様も牧ノ戸まで

無事に集合できました。ここまではスムーズに事が運んだのですが。

なんかガスってる感じの曇り空。んーちょっと予想と違うな。と内心思いつつ。

みなさん集合完了。19名+ガイド2名で山行開始です!

積雪の状態はザクザクでアイゼンは不要。

第二展望台までゆっくり登ります。

2013121501
第二展望台の霧氷はいつも綺麗ですね。

沓掛付近は氷もなくアイゼンは不要でしたが慎重に下ります。

扇が鼻分岐付近は霧氷のトンネルになってます。

みなさん、写真撮影です。

2013121502
西千里あたりから急に風が強くなりますので

アウター、レインウェアの袖口、襟元をしっかりしめます。

髪の毛が出ていると凍りつくので帽子の中に隠します。

2013121503
すると、強風の隙間から青空がちらり・・・

おー!

風が一気に雲を払拭して目の前にはポスターのような冬景色が姿を現しました。

2013121504
まさに絶景!感動の一瞬でした。

この景色があるから寒くても雪山はやめられません。

2013121505
星生山、扇が鼻、久住山、肥前ヶ城、360度どこを撮影しても絵になります。

2013121506

西千里から久住分かれに来ると今度は雲海です。

この景色も圧巻でした。

2013121511
久住分れから先は、強風との戦いです。

画像は気持ちがよさそうですが、実際は風速15から20mくらいあったかもしれません。

2013121512 
フードをしっかりかぶって、低体温症対策をします。

頂上につくと強風のピークでしたが、熊本側に少し下りると風が止みます。

ここで昼食タイムです。

2013121513
とは、言うもののやはり止まってるとだんだん体が冷えてきますので

早々に下山開始です。

今回のイベントは冬山初チャレンジでしたので、久住分かれから

アイゼンの装着方法などを学んで実際に歩きました。

雪が少なかったので皆さん歩きにくかったと思いますが

歩きにくいアイゼンも体験しないとわかりませんので

岩場や靴ひものひっかけに注意しながらしばらく歩きました。

2013121514
アイゼンのメンテナンスの話などもしながらあっという間に沓掛山に到着です。

そういえば、沓掛の岩場付近はシーズンにはいつも渋滞します。

今まで「下り専用」とかあったんですが、実際の帰り道なのか物理的な下り道なのか

不明でしたので、「一方通行」などの矢印に変えられました。

これで少しは渋滞緩和になればいいんですが・・・

2013121515

そんなこんなで14時半、無事に全員下山完了です!

今回はプラスの意味で自然の驚異を体感できました。

参加者の皆さんの「来てよかったー!」という声と笑顔が見れて

私もガイドをしてよかったと心の中で思いました。

おしまい。 

----------------------------------

くじゅうネイチャーガイドクラブ1月のイベント、只今参加受付中!

雪山初チャレンジ(初心者向け)や中岳と凍結の御池イベントを行います。

詳細はこちらをご覧ください。

---------------------------------

2013年11月 6日 (水)

テント泊のための講習イベント!

くじゅうの紅葉も山頂から麓へと移り変わってきました。

坊がつるもピークを過ぎそうな時期に、くじゅうネイチャーガイドクラブ主催

「坊がつるでテント泊をするための講習会&ランチ!(日帰り)」イベントを行いました。

このイベントは、テント泊をするための装備や注意点など

実践しながらみなさんで楽しく学びましょう!的な企画です。

出来るだけ坊がつるでの講習時間を長くしたいので吉部登山口からスタートです。

2013110401
吉部コースは有料ですが広い駐車場がありますので安心です。

暮雨の滝コースは、初めの30分は根っこを登る急登です。

ここは滑りやすいので出来るだけゆっくり歩きましょう。

また、登山道がわかりにくいので赤いテープを頼りに進んでください。

登りきると、心地よい山歩きになります。

2013110402
まだまだ紅葉は綺麗でした。

2013110403
特に滝の手前あたりが旬でした。

2013110404 
約2時間ほどかけてのんびり歩き、坊がつるへ到着です。

まずは、テント泊の為の装備説明からはじめます。

テント泊と山小屋・山荘泊の大きな違いは、ザックの重さです。

2泊3日の山行の場合、テント泊が約15~20kg(季節や場所により異なります)

山荘泊になるとその半分程度となりますので、疲労度がかなり違ってきます。

テントの場合、マット、シュラフ、コンロ、食事・・・などが追加されます。

一通りの説明を終えて、実際にテント設置を行います。

2013110405 
山用テントは軽さ、丈夫さ、設置のしやすいなどがポイントになります。

設置後は、実際に中に入って広さを確認します。

2013110406 
その他、いざという時常備しておきたいツエルトの設置と使用法についても説明します。

2013110407 
あっという間に、お昼になりましたので、ランチタイムです。

今回は山行のテント泊を想定してますので

軽く運べるアルファ米やパスタなどの食べ比べを行いました。

2013110408_3 
お味の結果は・・・

ちらし寿司と牛丼がなかなか好評でした。

2013110409
食事のあとは、筑後川の源流の水で作ったおいしいコーヒーと

スイーツでまったりくつろぎました。

そのまま昼寝したい気分でしたが、撤収講習開始です!

テントの収納方法やザックのパッキング方法などを説明して全行程終了です。

みなさんしっかりメモや写真撮影などで熱心に学んでいただき

説明する側もやりがいがありました!ありがとうございます。

 

2013110410
帰りは、坊がつるの銀色に輝くススキを見ながら下山しました。

もう初冬の気配を感じます。

次回は来年4月くらいに日帰り、実践宿泊イベントを予定しています。

興味がある方は、くじゅうネイチャーガイドクラブサイトからチェックしてください。

月一回イベント情報をお知らせするメルマガもあります。

下山後、吉部登山口から、やまなみハイウェイに行く途中でも紅葉が綺麗でしたよ。

車でドライブしながらの紅葉見学もいいですね。

2013110411

2013110412
おしまい。

 

2013年10月31日 (木)

2013くじゅうの紅葉 その2

2013年10月31日の紅葉情報です。

くじゅう連山全体では、山頂付近がピークを過ぎたようです。

現在は、中腹や一部の登山口がいい感じに紅葉しています。

10/28の三俣山お鉢はギリギリ綺麗でした。

2013103101 

三俣山はスガモリから西峰、本峰までが一般的なコースです。

今回はお鉢を周回しました。

本峰から北峰への下りは常設しているロープ必須。

かなりの急降下なので登山に慣れている方向けコースです。

2013103110
大鍋、小鍋はドウダンツツジやカエデが真っ赤に色付いてます。

2013103102 

2013103103 

2013103104

 

2013103105
お次は10/29の沓掛山です。

ピークは過ぎている感じでした。

2013103106

でもまだまだ綺麗ですね。

2013103107

快晴が続いたのでカエデ系が乾燥気味になりました。

10/29牧ノ戸登山口付近。

2013103111 
下の画像は10/26の同じ場所です。

数日で変わるもんですね。

2013103108

10/26 扇が鼻分岐あたりからの星生山

2013103109

これから長者原、吉部、男池、そして夢大吊橋、九酔渓へと紅葉していきます。

お時間がある方は、是非秋のくじゅうへお越しください。

2013年10月22日 (火)

2013くじゅうの紅葉

九州の九重連山では10/22現在、紅葉がいい感じで色付いてます。

先日行った三俣山お鉢は、ここ1週間くらいでピークかなといった感じでした。

2013102201_2

上の画像は本峰から北峰方面へ下りた場所からの本峰斜面側ですが

かなり崩落個所があり、ロープがないと下れないコースとなってます。

登山初心者の方は危険ですので、西峰、本峰までがよいかと思います。

本峰からでも十分に大鍋の紅葉は楽しめますよ。

2013102202

小鍋と平治岳です。

2013102203 
この日は雲りでしたが、雲がすごくいい演出をしてくれました。

由布岳が雲に浮かんでるみたいです。

2013102204
こちらは、遠く長崎県島原半島の雲仙普賢岳です。

2013102205天気が悪いときは、水蒸気がレンズの代わりになって

遠くの景気が近くに感じると言われます。

この日がそうだったのかもしれません。

その他の山、沓掛山や大船山もピークになってます。

その後は、坊がつるや雨ヶ池、吉部、男池コース、長者原付近が見頃を迎えますよ。

是非、秋のくじゅうを見に来て下さい。

 

ただ、数日の気温や天候によってかなりズレが生じますので

すぐに状況が変わる可能性もあります。参考程度に見てください。

また、11月前半までは、牧ノ戸、長者原の駐車場はすぐに満車になりますので

早い時間にお越しください。

イベント情報は「くじゅうネイチャーガイドクラブ」よりご覧下さい。

 

 

2013年9月22日 (日)

苦汁登山2013夏 後編

8月9日、10日に法華院温泉山荘主催で行われた「苦汁登山」

後編を書くのが遅れてしまい、秋になってしまいました(^^ゞ

さてお話は、1日目の夜からスタートです。

年に2回あるこのイベント。夏の苦汁登山は生ビール飲み放題という

豪華特典付きなんです。

しかも毎年、ビール会社からサーバーを持参。

社員の方が直接、ビールを作ってくれるんです。なんて贅沢!

楽しい宴では、ゲームなどやって豪華景品をもらえたりします。

Imgp5117

今年の8月は快晴続きで、星空も良く見えました。

特に明りの少ない坊がつるから見る満天の星空は最高です。

今年はヤングチームグループにお邪魔させてもらい

気分もリフレッシュ!学生に戻った気分でとっても楽しい時間を過ごせました。

Imgp5127 

2日目も快晴

この日は、登山ではなく自然保護活動を行います。

今年はノリウツギの伐採作業です。

Imgp5136
場所は坊がつる。 道を挟んで三俣山側の伐採と、

すでに伐採しているノリウツギの運びだしなど行います。
Imgp5148

ナナフシ発見。下界では見なくなりましたね。
Imgp5152

大人数なので、リレー形式で連携プレーです!
Imgp5154

あっという間に午前中の作業が終わり、腹ペコです。

このイベントは2日目の昼食まで付いてます。

今年はカレー!思わずおかわりしちゃいました(^^ゞ
Imgp5156

お昼を食べたら下山開始です。
Imgp5157

帰りは雨ヶ池コースで長者原まで2時間ほどかけて下山します。

このコースは、森林の中を歩くので心地よい山歩きができます。

毎年、楽しい仲間も増えてきて次回も楽しみが増えました。

参加された皆さん、また来年お会いしましょう!
Imgp5162

bell9月イベントのお知らせbell

9月25日に、初心者向け久住山登山イベント

9月28日、29日に、くじゅう連山で山泊してみませんか!(登山基礎講習、2日間保険付き)

を実施。両方とも初心者向けイベントです。私がガイドを担当します。

興味がある方は、くじゅうネイチャーガイドクラブHPより詳細をご覧ください!

2013年8月21日 (水)

苦汁登山2013夏 前編

2013年8月のくじゅう連山は雨や雷がとても少ないです。

ガイドをしている私も安心してお客様をお連れ出来ます。

さて、今回はプライベートで法華院温泉山荘主催の苦汁登山に参加です!

※苦汁登山に関しては、過去のブログを見てください。

8月9日の飯田高原は超快晴です。長い山行でバテないように

3リットルの水分と塩分補給の塩昆布、日焼け止めなど準備万端です。

Imgp5058_2

今回のイベントは過去最高人数の50名越え。

数年前に比べると、若年層の参加者がとても増えたと思います。

山荘ご主人、弘藏さんの挨拶から始まりコース説明です。

1日目は、長者原-スガモリ越え-北千里-久住分かれ-

天狗ヶ城-中岳-白口岳-鉾立峠-山荘です。

途中日影がほとんどなく水場もないロングコースなので

気合を入れてスタートです。

ストレッチは、山荘の体操のお兄さん?である私が行いました(^^ゞ

※一応、くじゅうネイチャーガイドクラブの登山ガイドやってます。

Imgp5059

スタートして硫黄山の麓までの1時間半くらいはコンクリート中心の道で

とっても疲れます。ここでペースを間違えるとずっとバテますよ。

Imgp5068

スガモリ峠を越えて北千里に着くと平坦な道になりますので

皆さん、ようやく笑い声や世間話が聞こえてきてリラックスタイムです。

そんな楽しい時間も束の間、久住分れまでの急登がはじまります。

ただ、今回は途中で登山道整備で石を敷き詰める作業を行いましたので

登りの疲労はほとんど感じませんでした。

作業後は以下のように、雨が降っても歩きやすくなったと思います。

Imgp5079

12時ごろ、久住分かれに到着です。

さすがくじゅうの表銀座はすごい登山客で賑わってます。

この時期は学生の登山行事が多いようです。

Imgp5080

天気がいいので、硫黄山、星生山、涌蓋山などもよく見えます。

ノリウツギの花が夏の深い緑によく映えてます。

Imgp5092

昼食後は、天狗ヶ城へ登ります。

この辺からバテ気味の方は、プチエスケイプコースありです。

天狗ヶ城山頂はトンボがとても多かったです。
Imgp5095

天狗から中岳までは、20分程度。あっという間に到着します。

そこから東千里方面へ下ります。

Imgp5096

ここから稲星山へ登れるのですが、時間の都合で白口岳へ。

ずっと炎天下だったので、皆さんこの辺りで2リットルを飲み干した感じです。
Imgp5100

白口岳には15:30に到着。さて、あとひと踏ん張りです。

ここから鉾立峠まではかなり急な下りとなります。

一部クサリなどありますので、慎重に歩きます。

Imgp5105

山荘までは約1時間。お待ちかねの生ビール飲み放題です。

しかもサッポロから社員の方が生ビールサーバーを持参してくれます。

登山後の1杯はほんとにうまい!

もしかしたらこの為に登山してるのかも。と思ってしまいます(^^ゞ

Imgp5110


後編へ続く。

----------------------------------

九重・飯田高原観光協会所属の登山ガイド「くじゅうネイチャーガイドクラブ」が
初心者向けのトレッキングツアーを開始しましたー
sun

登山を始めたいけど、何を買っていいのかわからない・・・despair
くじゅうを歩いてみたいけど、コースや体力的に不安がある方wobbly
ガイドが安全第一で親切丁寧に皆さんを案内します。
これから登山に挑戦したい方、ゆったり歩きたい方におすすめです。bleahgood

イベント情報は「くじゅうネイチャーガイドクラブ」から

月1回イベント情報をお送りするメルマガもあります!

---------------------------------

カワイイ、おいしい 「しろ」があるとHappy~♪
私もweb制作に携わっているサイトしろコレもよろしくお願いします!

---------------------------------

2013年7月24日 (水)

夏山はいいね!

梅雨の時期が終わり、くじゅう連山は夏山の緑が日々濃くなっています。

先日は、久住山初挑戦の親子をご案内しました。

夏休みの思い出にとお母さんが小6の娘さんを連れての参加です。

地元の低山で登山の練習をしてきました!ということで準備万端です。

こちらも、いい思い出になるガイドをやらねば!意気込んでましたが

この日はとてもいい天気で、景色だけで十分な思い出になりそうです。

2013072401

牧ノ戸登山口から久住山へ。風が吹くととても涼しいんです。

2013072402

山の歩き方などの基本知識や九重連山の歴史など説明しながら

ゆっくりペースで山頂へ!

いつもはミヤマキリシマの邪魔だと言われているノリウツギも

綺麗な花を咲かせています。

2013072403

山頂で「スタートでダメかと思ったけど、やればできるね!」と

早くも夏休みの課題をクリアしたような感じでした。

2013072404

山頂から北千里へ下り、法華院温泉山荘へご案内です。

硫黄山付近は何か外国に来た感じの風景です。

2013072408_2

約6時間ほどかけて山荘に無事到着!

最後は少しお疲れモードでしたが、達成感はすごくあったと思います。

お客様とはここでお別れ。

私も満足して帰路へ・・・そうです。また戻らないといけなかった。

実はこの日、登山靴の中敷を忘れてしまっててすごく足がジンジンしてたんです。

北千里まで登って、久住分かれまで登って・・・ああどっと疲れが。

とりあえずのんびり歩きましょう!久住分かれの手前で休憩しました。

誰もいない登山道でのんびりするのはとても贅沢ですね。

2013072405

気分を変えて、元気に登山?下山します!

夏の花もたくさん咲いてましたよ。

2013072406

2013072407

くじゅうネイチャーガイドクラブでは8月もガイドしますよ。

涼しいくじゅう連山が待ってます!夏休みの思い出にいかがですか。

----------------------------------

九重・飯田高原観光協会所属の登山ガイド「くじゅうネイチャーガイドクラブ」が
初心者向けのトレッキングツアーを開始しましたー
sun

登山を始めたいけど、何を買っていいのかわからない・・・despair
くじゅうを歩いてみたいけど、コースや体力的に不安がある方wobbly
ガイドが安全第一で親切丁寧に皆さんを案内します。
これから登山に挑戦したい方、ゆったり歩きたい方におすすめです。bleahgood

イベント情報は「くじゅうネイチャーガイドクラブ」から

月1回イベント情報をお送りするメルマガもあります!

---------------------------------

2013年6月17日 (月)

由布岳東峰

くじゅうネイチャーガイドクラブ6月のイベントのひとつ

由布岳東峰コースのイベントが開催されました。

集合の正面登山口では8:30の時点で無料駐車場は満車状態。

有料駐車場500円も10台ほど停まってましたが

ミヤマキリシマのシーズンも終わり少し静けさを取り戻していたようです。

2013061601

道路脇にグミがたくさんなってました。

2013061602_2

今回は、初心者向けということもあり、ほぼ初めての登山の方もいらっしゃいました。

ストレッチをしてゆっくりとスタートです。

このコース、登山道はとてもわかりやすいのですがコンスタントに登りが続きます。

しかし、前半は森林浴、後半は由布院の町や九重連山が展望できる素敵なコースです。

山頂に近づくと、まだミヤマキリシマが綺麗に咲いてる場所もありました。

2013061603

少し傾斜がついて、岩の段差が出てきましたので

基本的な歩き方などを説明しながら登ります。

歩き始めて2時間程度で西峰と東峰の分岐となるマタエに到着します。

今回はゆっくりペースで2時間半かけて歩きました。

2013061604

マタエから右が東峰。一般的な登山コースとなってます。

左へ行くと西峰へ。こちらは鎖場などがあり熟練者でなければ危険です。

画像はマタエから西峰への道です。

2013061605

どちらも山頂までは30分程度で到着します。

我々は右の東峰へ。ガレ場になるので捻挫や転倒に注意が必要です。

山頂へ到着して昼食タイム。別府や大分市も見えますよ。

西峰に行けるスキルがある方は、お鉢周りをおすすめします。

くじゅうネイチャーガイドクラブでは、由布岳もご案内していますので

興味があるけど個人では不安な方は、是非ご連絡ください。

2013061606_3

----------------------------------

九重・飯田高原観光協会所属の登山ガイド「くじゅうネイチャーガイドクラブ」が
初心者向けのトレッキングツアーを開始しましたー
sun

登山を始めたいけど、何を買っていいのかわからない・・・despair
くじゅうを歩いてみたいけど、コースや体力的に不安がある方wobbly
ガイドが安全第一で親切丁寧に皆さんを案内します。
これから登山に挑戦したい方、ゆったり歩きたい方におすすめです。bleahgood

イベント情報は「くじゅうネイチャーガイドクラブ」から

月1回イベント情報をお送りするメルマガもあります!

---------------------------------