01_登山報告2014 Feed

2015年1月13日 (火)

オフも登山

昨年の話になりますが、私が所属しているくじゅうネイチャーガイドクラブの忘年会がありました。

今回はいつもお世話になっている法華院温泉山荘で宿泊です。

1日目は完全オフにしてゆっくり山荘まで向かおうとしてましたが

寒波到来の後の快晴。これはガッツリ登らないと・・・

久々のオフの日でもやっぱり登山をしてしまうんです(^_^;)

大曲から入山してまずは北千里へ

いい感じの積雪と青空です。

2014122101 そのまま久住分れへ登ります。

久住山から稲星山、鳴子岳へ。稜線は強風で体が振られます。

そこから戻って中岳、御池へ。

まわりの樹氷が綺麗です。池も完全凍結してました。

2014122102

2014122103

2014122104

そろそろ時間なので、山荘へ向かいましょう。

15時ごろ到着するとメンバーも続々と到着です。

メンバーが揃うことはなかなかないので

食堂でロープワーク講習など行います。

2014122105

夕方になり温泉でゆっくりして、お楽しみの忘年会です。

山荘からの心配りでいつもとは違うメニューで歓迎して頂きました。

クリスマスツリーサラダとミルフィーユ鍋、カマンベールチーズがたくさん!!

ほんとうにありがとうございました。

2014122106

2014122107

美味しい料理とお酒を飲んで、来年に向けてのガイド企画などで盛り上がり

くじゅうネイチャーガイドクラブの忘年会は幕を閉じました。

早朝私は、ダッシュで下山してお昼からの登山学校に向けて小倉へ。

短いオフでしたが満喫することができました。

既に2015年は始まりましたが、今年も楽しい企画をして安全登山を心がけます。

今年も「くじゅうネイチャーガイドクラブ」をよろしくお願い致します。

2014年12月24日 (水)

はじめての冬山講習2 実践編

 くじゅうネイチャーガイドクラブ主催イベント「冬山講習」第二弾は実践編です。

長者原からスタートして三俣山を周回します。

このコース、森林や硫黄山の岩場などバリエーション豊かなオススメコースです。

この日は、気圧の谷が接近しておりスタートから雪が舞っています。

午後から回復傾向だったので、森林を歩く雨ヶ池コースからスタートです。

誰も歩いてないタデ原木道です。

2014122401

この日は気温が高かったので、湿雪でした。

アイゼンは付けずに歩きます。滑らないようにフラットフィティングで下ります。

2014122402

今回は冬山講習なので、アイゼンを付けての歩きも実践しました。

はじめてアイゼンを装着する方へは、注意点などしっかりご説明しますよ。

2014122403

アイゼンに引っ掛けないように慎重に歩きましょう。

2014122404

法華院温泉山荘の談話室を借りて昼食タイムです。

寒いときは暖かいものがいいですね。

さて、帰りは北千里まで登ってスガモリ経由で帰ります。

午後から回復予定だった天候はまだよくない状況です。

防風、防水対策をしっかりしてスタートです。

やはり、この時期は北千里とスガモリ付近は北からの顔が痛くなるくらいの強風です。

転ばないように慎重に歩きます。

硫黄山道路に出ると、かなりの吹き溜まりです。

みなさんで雪遊びをしながらゆっくり帰りました。

2014122405

2014122406

天気は終始いまいちでしたが、強風やホワイトアウトの怖さ、

アイゼンを付けるタイミングと歩き方など実践でしかわからない体験ができたと思います。

このイベントは1月も同様に行います。

1月10日(土) 【冬山登山教室】机上講習編(指山実践あり)

1月11日(日) 【冬山登山教室】実技編 長者原~坊がつるへ

どちらかまたはどちらでもOKです。

冬山登山に興味がある方は、是非ご検討ください。

基礎講習の他にもたくさんの冬山イベントを行ってますよ!!

詳細はこちらから

2014年12月19日 (金)

阿蘇の噴煙

先日、くじゅう連山を歩いた際に撮影した阿蘇五岳です。

かなりの噴煙が尾をのばしています。

Imgp1656_2 下は小規模噴火の1週間ほど前に撮影した画像です。

Imgp0858

早く正常に戻ってほしいものです。

農作物などの被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

2014年12月18日 (木)

九州でも池が凍結するんです

 くじゅう連山の御池は12/15現在、完全凍結しています。

九州でも素敵な冬景色を見ることができますよ。

 Imgp1691

2014年12月 8日 (月)

はじめての冬山講習1

 くじゅうネイチャーガイドクラブでは、この時期冬山講習を行っています。

今週は今季第一弾で、長者原を会場として午前中に机上講習を行い

午後から、近くの指山へ実践講習を行いました。

内容は冬山にはじめて挑戦する方向けに、九州の冬山の状況と

装備やレイヤリング、低体温症の防止と対処など

基礎的でかつ重要な内容についてお話しました。

午後からは、実践で指山へ。

前日からいい積雪状態になってます。

Imgp1547

Imgp1553 まずはアイゼンの装着方法からスタートです。

くじゅう連山では、軽アイゼンでも大丈夫ですよ(6本推奨)。

全員装着完了でいよいよスタートです。

指山散策路は誰も歩いてなく、トレース後もありません。

誰も歩いていない新雪を歩くのは気持ちがいいです。

Imgp1558

Imgp1567

山頂に近づくに連れ、積雪量が多くなってきました。

吹き溜まりでは、50cmはあったと思います。

Imgp1569

キックステップやラッセルしながらきつい登りでしたが、

登頂したときは、みなさんいつもより充実していたような・・・(^_^;)

帰り道は不思議なくらい楽に早く下れます。

これもアイゼンやスパッツ、登山靴がしっかりした装備があってこそです。

皆さんも正しい装備と知識を身につけて、雪山デビューしませんか。

今季は、まだまだ雪山登山教室は企画しています。

興味があるからはくじゅうネイチャーガイドクラブからどうぞ。

2014年12月 7日 (日)

秋も終わりです

10月から始まった九州の紅葉もくじゅう連山から長者原。

11月には1000m以下の山々へ移り変わり、先週は里山の裾野まで降りてきました。

宝満山の麓、かまど神社や太宰府天満宮付近が綺麗に色付いていました。

Imgp1527

Imgp1528

そしてくじゅう連山では、今週末雪山になっていました。

日本には四季があって贅沢ですね。

これからは雪山登山をじっくり堪能したいと思います(^_^;)

いつも空調がきいている部屋で仕事をしている方は

是非野外でのリフレッシュをお勧めします!!

2014年11月30日 (日)

九州の百名山その4

ツアー最終日は法華院温泉山荘から雨ヶ池経由で長者原へ

東北の皆さんに坊がつるの歴史と自然のお話をしながら散策。

2014111701

のんびり紅葉を見ながら最終日を楽しみました。

2014111702

2014111703

登山口付近ではまだ紅葉が残ってしました。

今回のツアーで少しでも九州の山の魅力を伝えることが

できていれば幸いです。

最後に「このツアーに来てよかった!」と言ってもらったことがなによりでした(^_^;)

くじゅうネイチャーガイドクラブでは定期的にイベントなども行っています。

興味がある方は、是非ご参加ください!お待ちしております。

2014年11月29日 (土)

九州の百名山その3

九州5座ツアー最終日は、久住山へ。

牧ノ戸からのコースで、久住山を経て中岳へ。

途中、御池は薄く氷が張っていました。

2014111601

もうこんな時期なんですね。

あと1か月もすれば池の上を歩けると思います。

2014111602

皆さん、5座達成で万歳をして今晩は法華院温泉山荘で打ち上げです。

おつかれさまでした。

2014年11月28日 (金)

九州の百名山その2

ツアー2日目は、祖母山へ。

くじゅうからの移動中、阿蘇五岳の景色がとても綺麗でした。

2014111501

北谷登山口からのスタートです。

この日は、快晴!

が、山頂に近づくにつれ樹氷が・・・

やはり今日も寒いです。

2014111502快晴だったので、景色は最高でした。

2014111503

東北の皆さんは楽しんでいただけたでしょうか。

明日はいよいよ5座目の久住山へ。

 

2014年11月27日 (木)

九州の百名山その1

11月中旬に東北からのお客様が九州にいらっしゃいました。

日本百名山の九州5座編のツアーです。

私は、阿蘇、祖母、久住山の3座のガイドをしました。

せっかく南国にお越しだったのですが、ちょうどいいタイミングで寒波が・・・

1日目の阿蘇山は、霧氷が見られました。

そして高岳付近では強風で体感温度が氷点下になりました。

2014111401

2014111402

みなさん、九州も寒いのね。とびっくりしてました(^_^;)

2014111403

2014111404

根子岳の紅葉と高岳東峰の樹氷は不思議な光景でした。

明日は祖母山へ・・・