01_登山報告2016 Feed

2016年12月26日 (月)

12月のくじゅう連山は・・・?

今年の冬のくじゅう連山はかなり雪が降るよ!

と私も言っておりますが、年末が近づこうとしている現在も積雪はイマイチです。

ただ、西高東低の気圧配置で寒気は定期的に南下していますので

それなりに樹氷や雪景色は楽しめています。

先日も寒波のあとの快晴の中、牧ノ戸から御池へいきました。

2016121701_3 

2016121702
気温が高い日が続いてますので完全凍結までまだ時間がかかりそうです。

2016121703
冬の澄んだ空気で阿蘇五岳も綺麗に見えます。

2016121704
来年も綺麗な雪景色が見れますように・・・

===くじゅうネイチャーガイドクラブ===========================

☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)

1月14日(土)坊がつるリラックス 冬山編

2月5日(日)樹氷と凍結の御池鑑賞会

☆中級者イベント

2月9-10日(木金)法華院温泉山荘主催:苦渋登山

2月11-12日(土日)冬山満喫2日間IN法華院

2月25日(土)冬山登り納め山歩き&日本酒の会IN花山酔

詳細はこちらから http://kuju-ngc.com =============================================

===イムズ登山部===================================

☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)

1月21日(土)糸島富士の可也山へ

2月4日(土)氷瀑の難所ヶ滝

詳細はこちらから http://www.ims.co.jp/special/haglofs/ =============================================

2016年12月 1日 (木)

冬山シーズン到来!

先週三俣山へ行ってきました。

午前中は快晴で北千里は心地よい気温と絶景でした。

2016120101

一旦、法華院温泉山荘に下って温かい昼食をとって体力温存です。

昼過ぎからは坊がつるから三俣山南峰への直登コースです。

このコースは一昨年から登山道整備をしていて、4合目くらいまで歩きやすくなっています。

それ以降は、傾斜も厳しくなり岩も多くなってきます。

ボルダリングが好きな方向きのコースですよ^^;

冬季は岩が凍るので経験者同行または雪山熟練者であることをお勧めします。

11月後半ですが、山頂付近は真っ白になって冬山到来って感じでした。

2016120102_2

今年は雪山に期待大ですね。

===くじゅうネイチャーガイドクラブ===========================

☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)

2月5日(日)樹氷と凍結の御池鑑賞会

☆中級者イベント

12月30日(金) 山に感謝!くじゅう連山登り納め会

2月9-10日(木金)法華院温泉山荘主催:苦渋登山

2月11-12日(土日)冬山満喫2日間IN法華院

2月25日(土)冬山登り納め山歩き&日本酒の会IN花山酔

詳細はこちらから http://kuju-ngc.com =============================================

===イムズ登山部===================================

☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)

1月21日(土)糸島富士の可也山へ

2月4日(土)氷瀑の難所ヶ滝

☆登山ステップアップ(登山1~3年の方にお勧め)

1月28日(土)【遠征企画】樹氷の雲仙普賢岳

詳細はこちらから http://www.ims.co.jp/special/haglofs/ =============================================

2016年11月30日 (水)

秋月と古処山

福岡の秋月は小京都として有名ですが、しっかり登山もできるんです。

古処山は標高約860m。ツゲの原始林で有名な歴史ある山です。

11月前半頃、紅葉もいい感じに色付いてきます。

今年の紅葉は少し遅れているのでタイミング的にはもう少しでしたが

秋山は十分に楽しめました。

Imgp7057

Imgp7058

Imgp7060

Imgp7084

Imgp7089

Imgp7094

2016年11月23日 (水)

2016今年のくじゅう連山の紅葉は

2015年のくじゅう連山紅葉は数年に一度の当たり年でした。

昨年を見た方は、今年も期待して登山されたと思います。

・・・が、自然現象なので人間が思うようにはいきません(^^ゞ

今年は気温がなかなか下がらず、紅葉も2週間遅れとなりました。

紅葉は気温差や湿度、太陽光など様々な条件がそろわないと色付きません。

それでもなんとか頑張ってくれてる紅葉の写真を掲載します。

Imgp7025

くじゅう連山でも坊がつるから大船林道は人も少なく

静かに秋山登山を楽しめるコースです。

Imgp7036

来年はいい紅葉が見れることを願ってます!!

2016年11月16日 (水)

秋の由布岳へ

今年の地震以降、通行止めになっていた由布岳が解禁になり

ようやく快適に歩くことができるようになりました。

正面登山口からの由布岳の景色はとても素晴らしいです。

Imgp7015

この日の地上天気予報は晴れだったのですが

山頂に行くにしたがってガスがかかってきます。

おそらく南からの湿った空気が通り過ぎるのが若干遅れたためと思われます。

山の天気は地上と異なることはよくあります。

しっかり天気図を読めるようになるとある程度の予測が

つくようになりますので、これから登山をする方は是非習得してみてください。

Imgp7016

2016年8月28日 (日)

ペルセウス流星群イベント2

さて、夜になり流星群が流れる時間に!!

曇り・・・

どんよりした厚い雲が覆ってます。

あー

しばらく待ちましたが取れません。

一旦部屋に戻って夜中にもう一回見るかと思い

0時過ぎ。

さっきまであった雲が綺麗に取れてます。

P8130290

流星群もばっちり見えて皆さん大満足でした。

P8140428

P8140429

坊がつるの朝も気持ちがいい。

日が昇って暑くなるまで、ひとときの爽快感を味わいました。

P8130375

真夏の登山は、暑いからと敬遠しがちですが

九州でも避暑地があります。

是非足を運んでみてください。

2016年8月26日 (金)

ペルセウス流星群イベント1

8月12日はペルセウス流星群の見頃。

どうせなら綺麗に星空が見れる、くじゅう連山坊がつるで見よう!ということで

流星群登山イベントを行いました。

1日目は三俣山へ向かいます。

P8120200

この夏は、快晴が続いておりこの日も日中は暑さとの戦いでした。

でも若いスタッフは元気に飛んでます^^;

P8120211

少し脱水気味になりながら、なんとか全員登頂。

さて、お楽しみの法華院温泉山荘へ向かいましょう。

何がお楽しみかって・・・

P8120233

この夕涼みがいいんです・・・

真夏でも夕方になると心地よい風が吹き気持ちがいいんです。

続く

2016年7月29日 (金)

山岳事故を防ぐための2日間 その2

講習2日目は、前日に学んだ読図を中心に実際に道迷いの状況を作り

軌道修正までをグループごとにしてもらいます。

天気予報通り、午後前から天候が回復しました。

2016071602

聞いて学ぶのと、実践で学ぶのは大きな違いがあります。

道迷いや山岳事故全般は、「まさか自分が!」の連続です。

常にこうなったら、ああなったらどうしようと考える癖をつけないといけません。

それをより迅速に正しい判断にするために、このような講習会を行っています。

2016071603

これから登山を趣味にしたい方は、機会があれば是非講習会に参加してください。

次回は秋に同内容イベントを行う予定です。

2016071604

詳細は、くじゅうネイチャーガイドクラブまで

2016071605

2016年7月25日 (月)

山岳事故を防ぐための2日間 その1

夏山シーズン真っ盛りですが、山の事故が多くなるこの季節。

登山初心者の方を対象に、山岳事故を防ぐための講習会を2日間行いました。

1日目は山の基礎知識から基本装備、読図を中心にやりました。

ちょうどいいくらいのガスがかかった日でしたので、コンパスと地図をおおいに活用できました。

2016071600

夜は机上講習で天気図のお話しをした後に、ナイトウォークへ出かけました。

ライトがないとどのくらい暗いのか?ザックの中身を取り出せるか?

など実践で夜の闇を体験して頂きました。

2016071601

1日目は終始天気がよくなかったのですが、2日目の天気図は午後から好天が期待できます。

続きは後半へ

2016年6月17日 (金)

くじゅう連山の今 ~震災から二ヶ月~

2016年5月。

いつも路上駐車で渋滞するゴールデンウィークに

くじゅうの登山口駐車場がガラガラ状態だったのはショックでした。

我々ガイド業もそうですが、今回の震災でくじゅう地区の観光業も大打撃となりました。

まさか九州が・・・そんな声をたくさん聞き、初めてのことにどう対応していいのか

わからない状態でしたが、下を向いてばかりいられません。

まずはできることから。くじゅう連山の登山道調査から始まり、安全と危険個所を確認。

SNSを使っての一般道、登山道の状態を報告。

余震が少なくなってからは、一人でも多くの登山者に戻ってきてもらえるよう

登山安全講習イベントなどを行い、安心感を持っていただきました。

5月後半に入ってからは、数年に一度と言われるミヤマキリシマの素晴らしい開花が

見られるようになり、6月前半でようやく登山口駐車場に活気が戻ってきました。

登山イベントに参加されたお客様も「来てよかった!」と言ってもらえたのが何よりでした。

P6020082

私は、くじゅう連山の魅力を多くの人に伝えたかったのでガイドを始めました。

今回の震災で、より一層くじゅうの素晴らしさを実感したような気がします。

そして、より一層の安全登山推奨を行っていこうと思いました。

これからも都会と自然の架け橋をガイドを通してやっていきます。

言葉ではなかなか伝わりませんが、百聞は一見にしかず。

是非、くじゅう連山まで足を運んでみませんか!!

いろんな場面で笑顔になれると思いますよ。

心よりお待ちしております。

2016061801

2016061805

2016061802

2016061803

2016061804

くじゅうネイチャーガイドクラブ 安武 秀年