フォトアルバム
Powered by Six Apart

14_行橋-別府100キロウォーク Feed

2017年10月24日 (火)

行橋-別府100キロウォーク2017 その2

100キロウォークを完歩するには、必ず練習が必要です。

5km、10km、15kmと距離をだんだん伸ばすのがベストですが

距離が長くなるにつれ時間も要します。

40kmとか歩けば8時間。丸一日潰れますよね・・・

ただ、個人的な感想としては40km過ぎから新たなステージとなります。

今まで痛くなかった足の付け根や、マメが出来て歩行に支障をきたします。

時間がない方は、10km数回、40kmを1回は歩いた方がいいかもしれません。

歩き方の癖や靴の相性で、どこが弱い部分か事前に調査できます。

マメができそうな場所にはあらかじめテーピングや人工皮膚などでケアしましょう。

あとは、前回書いた通り股擦れ、わき擦れ・・・40km過ぎると擦れだします^^;

つづく・・・

===登山の基礎机上講習=========================
12月20日 冬。白銀の世界、初めての雪山
イムズ8階会議室18:30より行います。
========================================
===山ごもりJAZZ=============================
11月18日(土)山ごもりJAZZ in 法華院温泉山荘
法華院温泉山荘のJazzライブ第二弾が11月に実現します!
========================================
===くじゅうネイチャーガイドクラブ=================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
10月28日(土)くじゅう連山の紅葉 大船山林道周辺
10月29日(日)紅葉のくじゅう連山 星生山
10月30日(月)【平日登山部】紅葉のくじゅう連山
11月23日(木祝)晩秋のくじゅう連山 涌蓋山 3座縦走

12月16日(土)~17日(日)冬の御池と法華院温泉山荘(送迎あり)

☆中級者向けのイベント
11月17日(金)【平日登山部】三俣山お鉢巡り

========================================

===イムズ登山部=============================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
11月22日(水)【平日登山部】天拝山-基山縦走

11月26日(日)紅葉の秋月 古処山

12月23日(土)【雪山体験】くじゅうの樹氷と御池
========================================

2017年10月18日 (水)

行橋-別府100キロウォーク2017 その1

20171007_123737

「100キロウォーク?」

「言うても歩けばいいんでしょ?」

いやいやいやいや・・・100キロは奥深いです。

これから参加しようかな、挑戦してみたいな。という方へ

アドバイスとまではいきませんが、備忘録的なことを書きます。

100キロ歩けばいい。というイメージですがざっくり言うと

・街歩きの速度ではない。終始かなり早歩き(約5.0~6.0km/h)^^;

・睡眠を取る時間がほぼない。制限時間が26時間ですので休憩もままならない。

・平坦な道だけではない。峠が3つくらいある。

・日中は直射日光、雨天時はずぶ濡れ、朝晩は露でぐっちょり。暑かったり、寒かったり。

・マメができる、足がむくむ、股関節がちぎれそうに痛い。など

スタートからゴールまでとにかくいっぱいいっぱいになります。

それでも自分の限界を知りたい方は、装備を揃えましょう。

・シューズ(出来れば専門店で計測したほうがいいです)

・靴下(5本指がいいと言われてます。個人差がありますが・・・)

・ウェアは速乾性がある化繊をお勧めします。

・スパッツ、手袋でむくみや関節痛を軽減できます。

・馬油(股、肛門、脇など擦れそうなところに塗ります)

一番大事なのは、ゴールする気力と練習です。

私はマラソンが苦手なので、ウォーキングも遅い方だと思います。

でもゴールする気力と目標を持てば、私でも3回完歩できてます^^;

次回はその辺をボチボチ書きますね。

続く・・・

2017年10月15日 (日)

あれから4年・・・行橋-別府100キロウォーク

2013年の10月に「またブログで結果報告します!」と書いておきながら4年間放置してました。

まずは4年前の結果ですが、パートナーの体調不良でかなりの時間ロスとなり

タイムオーバー寸前となりましたが、なんとか25時間半くらいでゴール。

なんか心身ともに疲れ果てたので放置してました。すみません。

以前の100キロウォークの記事はこちらから

いまさら、なぜ報告するかって?

人間、痛みやつらい思い出は忘れようとします。

その結果、3年も経てば完全に忘れてまた申込みをしている自分がいました(-_-;)

行橋-別府100キロウォーク2017年に参加して先週終わりましたので

懲りずにブログをボチボチ書きたいと思います。

これから参加を考えている方へのエールと現実を少しでもお伝えできれば幸いです。

続く・・・

===登山の基礎机上講習=========================
12月20日 冬。白銀の世界、初めての雪山
イムズ8階会議室18:30より行います。
========================================
===山ごもりJAZZ=============================
11月18日(土)山ごもりJAZZ in 法華院温泉山荘
法華院温泉山荘のJazzライブ第二弾が11月に実現します!
========================================
===くじゅうネイチャーガイドクラブ=================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
10月28日(土)くじゅう連山の紅葉 大船山林道周辺
10月29日(日)紅葉のくじゅう連山 星生山
10月30日(月)【平日登山部】紅葉のくじゅう連山
11月23日(木祝)晩秋のくじゅう連山 涌蓋山 3座縦走

12月16日(土)~17日(日)冬の御池と法華院温泉山荘(送迎あり)

☆中級者向けのイベント
11月17日(金)【平日登山部】三俣山お鉢巡り

========================================

===イムズ登山部=============================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
11月22日(水)【平日登山部】天拝山-基山縦走
11月26日(日)紅葉の秋月 古処山

12月23日(土)【雪山体験】くじゅうの樹氷と御池
========================================

2013年10月10日 (木)

また試練がやってきました・・・

毎年、終わった後に「もうやめよう・・・」って心に言い聞かせていることがあります。

行橋-別府100キロウォーク

1回目、2010年は56km宇佐でリタイア

2回目、2011年は何とか23時間21分でゴール

これでリベンジ完了で終わるつもりだったのですが・・・

人間は辛いことをすぐに忘れてしまいます。

2013年。今年で3回目になります。

想い出の写真なんか見てると、なんかまた行けそうな気がして・・・

2013101001 
気付くと抽選に応募してました(^_^;)

そして・・・運がよいのか悪いのか当選しました。

出場するには練習も必要です。

5km、10km、20km、30km・・・と徐々に練習量を増やしていって

先週末、40kmを歩いて思い出しました。

あの地獄を・・・ weep

2013101002 しかし!出るからには完歩したい!

毎年マメが10個くらいできてましたが、今年は試行錯誤の結果

40kmでもできなくなりました。これはプチ朗報です。

明日は出発前日ですので、お肉をたくさん食べて本番に備えたいと思います。

では、また結果はこのブログで報告させていただきます。

行ってきます!

2013101003

2012年7月13日 (金)

行橋-別府100キロウォーク

2012071301

昨年、2年目にしてようやく完歩できた「行橋-別府100キロウォーク」。

今年も申し込みのお知らせが郵便で届きました。

毎年参加者が増えているこのイベント。

残念ながら今年は諸事情で参加を見送ることになりました。

先日、なにげに100キロウォークのHPを見てると

4300人の定員が、なんと2日で申し込み締め切りに・・・

http://100km-walk.jp/

今年からインターネット申し込みも可能になったので、さらに拍車をかけたようです。

☆初めて参加する方へ☆

運動不足でいきなり参加すると、途中で心が折れると思います。

私はリタイア経験者なので、少しアドバイスをさせて頂くと

とにかく長距離練習を1回でもやっておくこと。40kmくらいは経験したほうがいいです。

できれば、実際に歩くコースで練習できればベストですねー

昨年、書いたブログがあるので参考になれば幸いです。

http://kcp.blog.bbiq.jp/blog/18__100/

完歩した時の歩数とカロリーはこんな感じです。(携帯なので参考程度)

10月8~9日です。

2012071302

2012071303_2

参加予定の方、頑張ってください!!

----------------------------------

九重・飯田高原観光協会推薦のガイド「くじゅうネイチャーガイドクラブ」が
初心者向けのトレッキングツアーを開始しましたー
sun

登山を始めたいけど、何を買っていいのかわからない・・・despair
くじゅうを歩いてみたいけど、コースや体力的に不安がある方wobbly
ガイドが安全第一で親切丁寧に皆さんを案内します。
これから登山に挑戦したい方、ゆったり歩きたい方におすすめです。bleahgood

7月のイベント情報は「くじゅうネイチャーガイドクラブ」から

月1回イベント情報をお送りするメルマガもあります!

----------------------------------

2011年10月26日 (水)

「行橋~別府 100キロウォーク」との戦い ~衝撃的な真実~

2010年の100kmウォーク、無念のリタイヤから1年。

リベンジに向けて半年ほど前から厳しい訓練にも耐えて頑張ってきました。

いろんな調査の末、新しいシューズと厚めの中敷きを購入。

そして2011年10月、本番。

やはり実際の100キロは練習とは違い、想定外の部分にマメがたくさん出来た。

「本番には魔物がいるな・・・」

そう思いながらもなんとか感動のゴール。

帰宅後、靴を脱ぎ中敷きを取ってみると・・・

2011102601

左右を逆に入れてた・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

そりゃ違うところにマメができるわ。

これでリタイアしてたら目も当てられませんでした(^^ゞ

なんとも締まりの悪い結末でした。

2011年10月13日 (木)

「行橋~別府 100キロウォーク」との戦い ~結果報告 後半~

【3区:25.2km】宇佐~日出

1:50。第二チャックポイントに到着です。

行橋をスタートしてから13時間40分経過しました。

足の痛みと体調の異変で座ってゆっくり休みたいのですが

休むと寒さで震えがきて、余計な異変が起こってはいけないと思い

歩き続けます。ひたすら無心になって歩き続けます。

あと何キロとか考えていると心が折れてリタイアを考えるので無心になります。

夜中はかなり冷えました。容赦なく試練が次から次へと迫ってくる感覚です。

第二チャックポイントから真っ暗な道を黙々と歩きます。

20キロ近くコンビニもありません。

全員に配布された後方点滅ランプの青がホタルみたいで綺麗です。

でもよく目を凝らすと、暗闇の中でうなだれて寝ているひと。

倒れこんで動かない人。吐いている人。まるで丑三つ時の地獄絵図です。

「この体調ではゴールは厳しいかなぁ・・・倒れたら身も蓋もないからなぁ・・・」

そしてもう体力も気力も限界かと思われた63km付近でふっと体が楽になりました。

足も痛くない。体も軽くなった。歩ける!

これがベテランの皆さんがいう「抜ける」瞬間だったのかもしれません。

体力気力が限界を越したような気がしました。

「今しかない!」

一気に立石峠前後を速足で歩きました。

1時間くらいで50人くらいを追い越したと思います。

このままゴールまで行けるかもしれんぞ!

・・・と思ったのも束の間。急に足の裏がジンジン熱くなってきました。

しかも、もう少々休憩なんかしても歩きだしの一歩目から激痛状態です。

両足小指の先が完全に腫れて麻痺している感じです。

後で見たのですが、小指は全体的に大きく腫れて

かかとのマメは両足とも直径6cmになってました。

でも歩くフォームを変えたら違う部分に負担がかかるので綺麗な歩き方を維持します。

「エネルギーが足りん。食べものを詰め込もう!」ザック中のバナナや

カロリーメイトを口の中に無理やり押し込みます。

それでもきつくて痛くで耐えられなくなり、ついに最終兵器の出番です。

市販の鎮痛剤を飲み、痛みをごまかすことに。

しばらくして膝の関節痛は緩和されたのですが、足裏の熱さだけは消えることは

ありませんでした。そうこういているうちに明るくなり始めました。

遠くに七曲りの入口が見えてきました。なんとかここまで来たか。

七曲とは、プチ登山っぽいコースで15分くらいかけてコンクリートの急坂を登ります。

入口と出口間は杖が準備されてます。

2011100804

七曲りの登りは登山をやってるからかスイスイ登れました。

おそらくウォーキングとは違う筋肉を使うからだと思います。

でも下りに入ると足裏地獄再来で一歩一歩がつらくて仕方ない。

なんとか七曲を通過して、最後の峠ハーモニーランド横を歩きます。

足が痛くて途中休憩が多くなってきました。

そして8:21第三チャックポイントの日出に到着しました。

予定時間より10分遅れです。まだ取り戻せるな。。。

【4区:13.9km】日出~別府

休憩中ストレッチするにも足が動かなくなり筋肉を軽く揺さぶるだけです。

あと、13.9km。ゴールが見えてきました。

ここからゴールまでは皆さん長く感じるといいます。

特に海沿いのラスト10kmが長いといいます。

実際に歩くとほんとに長い。

昨日から一睡もせずに歩き続けた疲労と朝日のまぶしさと遥か遠くに見える別府。

でももうここまで来れたんだ。あとは惰性で歩き続けます。

ラスト5km。足が焼けるように痛い。肩と腰が石のように硬い。

ふくらはぎと太ももはパンパンになっている。

マメが痛くて靴が脱げない。

信号がすぐ青になるのが恨めしい。

もうこんな思いはしたくない。何度も何度も思いました。

「ゴールまであと1km」嬉しい!激痛から解放される。足を伸ばして座れる!

そこから歩道からの応援も増えてきます。

最後は感動するかなと思っていましたが、痛み先行でそれどころではありません。

気付いたらゴールの目の前。ついに1年越しの悔しさを晴らすことができました。

23時間21分。無事にゴール!決して早いタイムではありませんが、

完歩すること。これが私にとっての目標でしたので大満足で終わりました。

【ゴールの後】

今回一緒に参加した6名の仲間は全員完歩しました。

で、夜はご褒美で別府駅近くの「一力」での焼き肉です。うまい!

2011100805

今回ばかりは自分で自分をほめてやりたいんですが

それより、この大会を陰で支えてくださったスタッフおよびボランティアの皆様に

深く感謝したいと思います。大会前からのゴミ拾いや看板設置。

大会中のコース誘導やチャックポイントでの案内など。

参加者全員が安全に歩けたのも皆さんのお陰だと改めて感じられました。

本当にありがとうございました。

最後に・・・

100kmという距離は本当に長かった。

そして歩いてみないとわからないことがたくさんありました。

このブログで今後参加される方への参考になれば幸いです。

ゴールして3日目の夜ですが、まだ足が腫れあがってます。

左足は大きく腫れていて、右足の小指付近は痺れがとれない感じです。

マメは全部で4か所だったので以前に比べればよかった感じです。

これから参加される皆様へ。おそらく100キロウォークは100キロ歩かないと

わからない試練がたくさん待っています。

自分の限界を超えた先に何があるのかを見ることも

いい経験になるかもしれません。

個人的には限界を越えて、少しの「自信」をもらいました。

長くなりましたがこれが私の100キロウォーク体験でした。

2011年10月12日 (水)

「行橋~別府 100キロウォーク」との戦い ~結果報告 前半~

2011年10月8日、9日に行われた「行橋~別府 100キロウォーク」

昨年の56.4km途中リタイアのリベンジで再チャレンジしました。

参加者は最高の3900人。スタート地点は人で溢れかえっています。

2011100801

今回、私が体験した体の変化と心の葛藤を中心にこのブログを書きます。

あくまでも個人的な感想です。もっと楽だった方もいらっしゃると思いますが

その辺も考慮しながら参考程度に読んでやってください(^^ゞ

※歩くのに必死で写真どころではなかったのでご了承ください(^^ゞ

【スタート前】

前回の無計画な反省から、今回は2週間ほど前から体調を整えてきました。

腰痛防止の腹筋、背筋。股の付け根が痛くならないように下半身の柔軟。

そして一番重要だったのが、歩く練習です。

長距離を歩いたことがない方は、40kmは是非練習してください。

出来れば、実際のコースを歩くのが感覚がわかるのでよいと思います。

そして大会当日を迎えました。天気はよかったのはラッキーでした。

【1区:36.1km】行橋~中津

2011100802

12:00スタート。1分開門の後、2分閉門。この繰り返しで今年から

渋滞緩和策をしたみたいです。

このコースは全4区の中で一番長いコースです。まだまだ元気なのとテンションの高さで

オーバーペースになりがちです。はじめが肝心。冷静さを持って歩きましょう。

2011100803

と、頭ではわかっていても周りがガンガン飛ばすので少々早歩きになってしまいました。

この区間で注意したことは、出来るだけトイレに行かない。休憩を長くとらない。

ほぼ同時に大勢の人がスタートするので、コンビニのトイレなどは長蛇になります。

今回は前日から水分調整もしていたので、休みなしで中津まで歩きました。

予定より20分早い19:00に到着。

しかし、左のかかと部分にマメが出来ている模様。これは予想の範囲内でしたが・・・

休憩なしで来たので20分ほど休憩して、中津駅を19:20出発です。

【2区:25.5km】中津~宇佐

4km程歩くとTOTOさんがトイレを無料開放してくれています。

ここで汗で濡れている長袖Tシャツを着替えてマッサージを念入りにします。

日中が予想以上に暑かったので、着替えを持ってきて大正解でした。

なんだかこの辺から足全体が痛くなりテンションが下がってきました。

また60kmもある・・・やばい

ここでザックに入れてるエアサロンパスを足裏、ふくらはぎなど全体にスプレーします。

とにかく辛かったのでまた20分ほど休憩してしまい、予定より10分遅れに。

痛い足を引きずって再スタート。

参加された方はわかると思いますが、休憩からスタートの瞬間が一番足が痛いんです。

数分すると筋肉が慣れるのか痛みが軽減されます。

その先10kmくらいはウソみたいに足が軽くなり軽快に歩きました。

長距離を歩いていると疲労の波が来ます。

しかし、楽なことは長くは続きません。宇佐辺りから別の場所にマメが出来ている気配。

小指にも何か詰まったような感覚。そうです。マメが大きくなって圧迫しはじめました。

もう靴は脱げないな・・・心の中で決意しました。このまま歩くぞ!

肉体的な痛みは我慢すれば何とかなるんですが、

次に来た問題は体調の異変です。

歩いているとすごい尿意に襲われます。そしてトイレへ行くと何も出ません。

また歩きだすとまた尿意が・・・これが一晩中続きました。

気温の変化か体がSOSサインを出しているのか脳からの伝達回路がいかれたのか。

この状態で完歩できるのか。と不安が襲い始めました。

続く

2011年8月29日 (月)

「行橋~別府 100キロウォーク」との戦い リベンジに向けて睡魔無料体験~3/3~

2011年8月19日(金)

昨年、リタイヤした宇佐からゴールの別府まで未知のコース40kmを歩くことにしました。

金曜の仕事終わりの22:30スタートです。不眠で歩くのでより本番に近い状態です。

メンバーは100kmに参加予定の5名。

10kmで2時間の比較的ゆっくりペースで歩いていきます。

先日、専門店で測定してもらった、ピッタリサイズのシューズですので快適です。

2011082501

宇佐から別府の40kmは、アップダウンがかなりあります。

中でも、七曲といわれる場所はかなり登山っぽいです。

といっても、コンクリートなので滑ったりはしません。

ここを一気に15分~20分ほどかけて歩きます。

登りきったらあとは2倍くらいの時間をかけて下ります。

ここまでくれば、あとはハーモニーランドの峠のみです。

が・・・しかし。

なんだか足の裏に違和感が・・・

これはもしや・・・

cryingマメcrying

コンビニで確認すると、やはりマメが・・・

安心して人工皮膚を貼ってなかったのですが、もろにその部分にできています。

ガーン!

新しい靴も効果なしか・・・

凹みながらも、とりあえず、ゴールを目指しましょう。

別府湾が見え始めた頃には明るくなっていました。

40kmの練習と言っても、やはりつらいものです。かなり疲労困憊です。

30km地点。眠い・・・でまた自分の中の悪魔が出てきました。

悪魔「30kmでこんなにきついなら100kmは無理だな」

天使「そんなことないよ。昨年だってマメが出来たって60km歩いたじゃないか」

悪魔「ははは!馬鹿な奴だ!またマメ作ってるじゃないか。もう無理なんだよ!」

天使「やっぱそうかな・・・」

いやいやいやいや・・・睡魔と闘いながら海沿いを歩いていきます。

気を取り直して、Uさんとウォーキングについて話ながら歩いていると

Uさんがいきなり「そのコーヒー豆はどうすると?」って・・・

私「へ?なにが・・・」

Uさん「あ、寝てた!」

え”-----------!歩きながら寝てたの!

なにやら、夢の中で「黒ひげ危機一発」の中にコーヒー豆を入れてたとか・・・

こんな感じで100kmウォークには睡魔という敵も待っています。

次に来た試練は、ゲリラ豪雨です。

ラスト5kmで前が見えないくらいの豪雨が降ってきました。

シューズはメッシュなので、一気にびしょ濡れです。

マメが余計に痛い感じです。

このような状態で100kmは物理的に無理のような気がしました。

なんとかゴールしたのですが、また課題がたくさんできました。

2011082502 

まず、靴を変えたのにまたマメができたのでかなりショックです。

本番までに人口皮膚の装着と靴下を変えてマメ対策をしていこうと思います。

まあ、マメが出来る可能性をひとつづつ潰して行けばなんとかなるでしょう。

よかったことは、ザックです。

昨年はウエストポーチに荷物をたくさん入れすぎて腰回りが痛くなったので

今回は普段から登山で使っている35Lのザックを使ってみました。

35Lもあるので、どうかなと思ったのですが、胸とウエストでガッチリ支えるので

肩にはまったく負担がなく、これもありだなと思いました。

【今回の教訓】

1.前日から当日にかけては、出来るだけ寝ること。完徹が待ってます。

2.前半のトイレを出来るだけ避けるための調整が必要。前半のコンビニは長蛇になります。

 ※ただし、脱水には要注意です。適量を小まめに摂取しましょう。

3.コンビニをうまく利用しましょう。食料や飲料などは都度コンビニで購入が軽量化になります。

 ※宇佐から七曲間はコンビニの間隔が長い箇所がありますので要チェックです。

4.日出から別府までの10kmがなぜか遠く感じるので、挫折しないように(^^ゞ

5.いろんなトラブルを想定しておきましょう。マメ、関節痛、痙攣などの対策をしておきましょう。

6.ポイント毎の目標時間を小まめに計画しておきましょう。

7.ヘッドフォンステレオは気分転換によいです。

8.深夜から朝方にかけては冷えますので、防寒対策が必要です。レインウェアなどでも可。

などですかねー。あくまでも私自身の所感ですので参考程度に読んでくださいね。

そんな感じで100km完歩に向けて日々準備を整えている今日この頃でした。

2011082503_2

今年参加の皆さん、ではゴールでお会いしましょう!

2011年8月26日 (金)

「行橋~別府 100キロウォーク」との戦い マメとの戦い~2/3~

40km地点以降、両足の付け根に違和感を感じるようになります。

これまでに経験したことのない痛みです。

間もなく、全体的に腰周辺も筋肉痛のような鈍い痛みが始まりました。

嫁のペースもかなり落ちてきて無口になってます。

「やばい・・・なんかやばい・・・」自分との戦いです。

50km地点で、変な冷や汗が出てきました。

同行してくれてる友人は「あと半分よ!」と励ましてくれます。

「あと半分?・・・あと半分もあるのか!この苦痛がまだ半分しか終わってないのか!」

時刻は0時を過ぎていたと思います。歩き始めて12時間が経過してます。

「いったい俺は何をしてるんだ。こんな苦しいことをして何が楽しい。」

「今回は初めてだし、足のマメは予想外。50kmも歩いたんだから十分かな。」

次から次へとリタイヤする理由を考え出している自分がいます。

そんな葛藤の中、嫁が「もうだめかも・・・」

この一言で張り詰めていた気持ちが崩壊しました。

もしかしたらその言葉を待っていたのかもしれません。

一緒に同行してくれた友人に先に行ってもらい、

最後の力を振り絞っていけるところまで行くことにしました。

信号で立ち止まるのですが、座るのもかなり苦痛で・・・

それでも座ってしまうと2度と立ち上がれそうにありません・・・

午前2時。真っ暗な山道をトボトボと歩いていきます。

途中、抜かれるのですが、もう後ろにはほとんど人がいないんじゃないかという

不安と虚無感が頭を駆け巡ります。

嫁はほとんど牛歩状態になり、横断歩道も青信号1回で渡りきれないくらいです。

結局、午前3:00、56.4kmのリタイヤポイントでバスに乗ってTHE ENDとなりました。

リタイヤバスは別府のゴール横にある荷物保管体育館まで運んでくれます。

乗っている人は皆さん限界まで我慢してたのか、シーンと静まり返ってます。

別府に到着すると、ゾンビ状態で重たい足を引きずり体育館へ行進して行きます。

中に入ると荷物の中に埋もれて倒れこんで寝ている人であふれてます。

我々も、もう硬い床の上でも横になれる幸せを感じます。

両足をみると8個のマメができてました。

もう絶対出ないぞ!こんなきつい思いはしたくない・・・

2011082407

それから10か月が過ぎ、何故かまたリベンジに燃える私と嫁(^^ゞ

今回は、反省点をカバーして弱点克服をしているつもりです。

とりあえず、思いつくことを書きます。

1.靴と靴下は重要。

靴選びでスポーツショップに2,3か所行きましたが、店員さんによって意見はバラバラです。100km歩くなら足が浮腫むので1cmくらい大きいサイズがいい。とか、歩きすぎで足のサイズが変わることはないですよ。とか・・・共通していたのは、靴底は厚いほうがよい。ということ。 私は結局、インナーソウルを厚いものに変えてます。人によって条件が変わると思いますので、実際に歩いて体感することが重要のようです。 

2.練習の距離

100kmを歩くなら少なくとも40kmを連続で歩く練習が必要です。私は20km地点でマメが出来始めて、30km地点でいろんなところが痛くなってきました。

3.40km以降は自分の気持ちとの戦い

40kmを越すと、体力、精神的になえてきます。自分だけがこんなきつい思いをしているんだ。周りの人たちは全然楽そうに歩いているなぁ。と思えてきます。これは錯覚です。40kmも歩けば、みんな超きついはず。ここから先は自分との戦いです。なので、事前トレーニングは気持ちの上でも効果的だと思います。

4.持参品は調整が必要

昨年、私は出来るだけ軽量化を図って、ウエストポーチにしましたが、レインウェアとかヘッドライトとか水とかあらゆるものを詰め込みすぎて、腰にへんな負荷がかかっていたような気がします。天候や条件にもよりますが、ほんとうに使うものだけを厳選すべきだと思います。でも天気がよくてもレインウェアは防寒対策になったりするので、うまいこと計画してください。水はコンビニがあるので500mlを常備していれば私はOKでした。替えの靴下や筋肉の冷却スプレーもあったほうがよかったです。

2011082406_5 

次回は、先日歩いた宇佐~別府間(リタイヤ以降の)40kmウォークのお話です。

続く・・・

※次回は8/29にUP予定です。