フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 「登山報告」 〜阿蘇 火口一周 + 高岳一周ルート 〜その一 | メイン | 【番外編 手作り披露宴〜1.はじめに〜】 »

2008年8月26日 (火)

「登山報告」 〜阿蘇 火口一周 + 高岳一周ルート 〜その二


高岳,月見小屋分岐点より月見小屋を目指し進みます。
直ぐに道は大鍋へと入り、右奥に月見小屋があります。
ここで昼食です。小屋の横で昼食準備をしていると、パラパラと雨が降ってきた為、全員小屋内に移動し食事となりました。小屋には誰も居られず、私たちの貸切状態。

食事が終る頃には雨も上り、小屋の扉を開けると、正面に天狗の舞台が見えています。
さっきまで全然気付かなかったのに・・・。しかし、直ぐにガスが掛かり消えたり現れたり。
ここ大鍋はよくガスが掛かります。ガスが掛かると方向が解らなくなる為、要注意の場所です。




食後は、大鍋を横切り天狗の舞台を目指し細い道を藪こぎ状態で前進。見晴らしのいい場所に出ると、直ぐ横に根子岳があるはずですが、ガスが掛り、強い風でガスも流れているにも関わらず、次から次に発生するガスにて根子岳は見えないまま。

崖に身を乗り出して見ると、私たちの下の方に、少しだけ飛び出した場所があり、そこで食事中の人発見。
普通には行けそうもないような場所であり、覗き込む方も足がすくんでしまいそうです。

天狗の舞台を回り、直ぐに高岳頂上へ到着。全員で写真を撮り、中岳経由で、展望台, 火口東駅へ行き休憩タイム。

しばし休憩後、駅舎横のマウントカー専用道路経由で阿蘇山西駅へ向かいます。
入り口には"立入禁止゛の看板が立っていましたが、ここまで来て戻ることはできません。
見なかった事にしてマウントカー専用道路突入! 火口東駅を出る時に降り出した雨も直ぐに上がり、真夏の強い日差しとなりましたが、なだらかな下り坂を経て、ロープウエーに乗った阿蘇山西駅へ到着。

あちこちで一杯休憩も取りましたが、予定より約1時間早く全員無事到着。

中岳、高岳では、大量のトンボが飛んでいる箇所や、大量のヒグラシが居る場所、また、鳥のサエズリも聞こえ、自然溢れた山で、九重の山々とは少々違った景色が凄く新鮮でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395564/18168380

「登山報告」 〜阿蘇 火口一周 + 高岳一周ルート 〜その二を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。