フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 「登山報告」 〜長崎県 金泉寺小屋〜五家原岳〜その二 | メイン | 「登山報告」 〜長崎県 金泉寺小屋〜五家原岳〜最終章 »

2008年8月15日 (金)

「登山報告」 〜長崎県 金泉寺小屋〜五家原岳〜その三


下山して、まずはビールです。
しかし、この小屋電気がないぞ?こんなに暑いのに冷えたビールがあるのか?
大きな疑問を抱えながら、管理人さんにビールを注文すると
台所から、流しっぱなしの冷たい山水で冷えたビールがやってきました。
あーなるほど、冷たいなぁ・・・6月なのでキンキンではありませんでしたが喉を心地よく潤すくらいの、爽快感を味わえる温度でした。
んーしかし、登山後のこの一杯は最高です。



飲みながら、下界で買ってきた鍋の材料を準備します。
この山小屋は、ガスさえ買ってくれば、コンロや鍋、フライパン全部貸してくれます。
まだ、明るいので野外で夕食にしました。
今夜はキムチ鍋です。山の夜は結構気温が下がるので、6月でも鍋が出来るのです。

それとは別に、Uさんがホルモンとかポテトとベーコンの炒め物などを自宅から、持ってきてくれてました。そして僕も牛肉の黒ビール煮と、畑で取れたトマトとバジルで作ったパスタソースを持参してましたので、食卓は豪華に彩られました。
重い荷物を運んできた甲斐がありました。



そうこうしているうちに、五右衛門風呂が沸いたみたいです。
薪を焚いて、鉄の風呂を沸かすやつです。
僕は始めての体験で興味深々でした。
板を敷かないと、火傷するとは聞いていましたので、注意して浴室へ入りました。夕方で薄暗くなってまいりましたので、周りがよく見えません。
板を探しましたが、見当たりませんでしたので、あ〜中に固定されてるだなと思い、おそるおそる入りました。周りに触れても熱いみたいです。
ちょっと湯加減も熱い感じだなと思いつつ、体全体つかりました。



あ・・・あつい。。んーなんかあつい。。足がしびれる。。

つづく。。coldsweats02

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395564/18168368

「登山報告」 〜長崎県 金泉寺小屋〜五家原岳〜その三を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。