« 2008年8月 | メイン | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

【番外編 手作り披露宴〜5.音楽〜】


おおまかな計画が立ったので、次は音楽をどうするか。。。
とりあえず、自分のユニットで3曲くらいしようか。
歓談はBGMで。。あ、JAZZの生演奏なんてどうだろう。
JAZZは趣味でよく聞いてましたので、生でTRIOの演奏が
聞けたら最高だろうと思い、ネットで調査開始です。

ホテルがやってる生演奏は、演奏家1人で約4万〜5万くらいですね。
TRIOで15万〜20万。うぅ高いなぁ。。
ネットで調査しているうちに、半額くらいの出張演奏のページにたどり着きました。
仲介がないので、安くできるみたいで、早速メールでコンタクトを取りました。
対応がとてもよくて、即決しました。
全国に契約しているミュージシャンがいるみたいで、福岡でもOKでした。
時間は、基本的に30分が2セットか20分の3セット。くらいでしたね。
JAZZTRIOの予約完了です。

あとは、自分のユニット(アコギのみ)なんですが、メンバーに相談したところ
嬉しいことに、その日のためにフルバンドのメンバーを揃えてくれるとのこと。
ドラム、ベース、ピアノ、バイオリン、ギターの構成になりました。
これで3曲〜4曲することになりました。

いろんなジャンルで楽しくなりそうです。

2008年9月24日 (水)

「なにげに」 〜秋のキャンプ 後編〜


時計が16時半になったところで、本格的に夕食の準備に取り掛かります。
食材を切ったり、ランタンの準備をしたり、炭に火を付けたり・・・
日常生活では、めんどくさいこともキャンプでは、何故か楽しかったりします。
おそらく、ビールを片手に準備してたからでしょうか。



そういえば、BBQセットはレンタルだったのですが、他にもテーブルと椅子は
野外用に備え付けのものがあったし、ライトも2機ありました。
炊事場には、洗剤やスポンジまで。。たくさん持ってきましたが、何も要らない感じでしたね。

しかし、せっかく持ってきたので、ホワイトガソリンのランタンとテーブルガスランタン、新品コールマンのテーブルと椅子などすべて出しました。

野外の夕食は、暗くならないうちにある程度済ませるのが基本です。
ランタンの明かりはいいものですが、それはゆっくりお酒を飲む時間がいいですね。

今回、買った高級牛肉は、やはり主役になりました。
塩をちょっとだけかけて、食べるとより一層味がよくわかります。
僕は貧乏性なので、味わって味わって食べましたので、結構それだけで満足しました(^^;)

あ、それから僕が前日に作っていた、「きのことベーコンのクリームソース」を冷凍して持ってきてましたので、それもパスタと絡めて食べましたね。野外のパスタはすぐに冷えるので、時間との勝負なんです。
冷えたパスタは、ソースが固まってしまい、美味いものもまずくなりますから。。


お腹も落ち着いてきたので、ブリカマをじっくりゆっくり弱火で焼きます。
塩をパラパラとかけて、両面を丁寧に30分くらい焼きました。
これがまた焼酎と最高にあいます。
ブリカマって、たまにごっそり身が詰まってるところがあって、あれが当たると嬉しいんですよね〜



そんな何気ない話をしながら、夜は更けていきました。
気持ちがよくなってきたところで、お風呂の時間がきました。
ここのお風呂は温泉です。
システムは、50分1500円の貸切風呂です。
露天風呂で最高でしたよ。
キャンプ場の貸切風呂は初めての体験でした。

それから、秋の夜風にあたりながら、気持ちよく熟睡できました。

朝日と共に目覚め、鍋で炊いたご飯とスープの朝食です。
ほんとに自然を体で感じている心地よいキャンプでした。


ここまでは、よかったのですが・・・
最後の片付けで、大雨です。。



やはりジンクスは守られました。


車に荷物を載せ終わったころには、びしょ濡れ状態です。。
まあ、これが前日じゃなかったことが不幸中の幸いと思いながら、九重をあとにしたのでありました。。。

2008年9月23日 (火)

「なにげに」 〜秋のキャンプ〜


週末に、キャンプをしてきました。
場所は、大分県九重町田野 「オートキャンプ場 ゆつぼの森」というところです。
僕の父親の知り合いがオーナーで、最近はじめたそうです。

メンバーは、僕の友人夫妻と、僕の嫁さんの4人です。
このメンバーで毎年行ってるんですが、何故か1日目は強風。2日目は大雨になる
というジンクスがあるのです。

まあ、とりあえず初日は晴れっぽかったので、予定通り出発。
今回は、大宰府のルミエールで買い物しました。
ここのルミエールに最近はまってます。
食材の新鮮さと種類の多さ、そして何といっても安売り王。で人の回転が兎に角すごいんです。
メニューは、やっぱりBBQです。
ここ数年、歳のせいか大食いが出来なくなってきたので
ちょっといい肉をいつもの半分くらいの量で購入しました。
野菜は好きなんですが、BBQの野菜って、結局焦げて隅に追いやられる傾向があるので
最小限に抑えました。昨年は確か家でサラダとか作って行きましたね。。

あと、炭で焼く魚は最高です。いつもは時期的に秋刀魚なんですが、今回はブリカマ250円です。
絶対うまいはずです!!酒飲みにはたまりません。

ビールも350mlを6本だけ。焼酎は1升ありましたけどね(^^;)

買い物を済ませて、高速に乗っていざ九重へ!!

ちょっと早く着いたので、長者原レストハウス近辺の広場で、のんびり時を過ごしました。
あ、そうそう、今回は友人の奥さんがメデタクご懐妊ということで、あんまり無理せずBBQでお祝いする予定です。

時間になったので、チェックINです。
到着すると、すぐに受付からスタッフの方々に出迎えて頂きました。
みなさんとても感じのいい方で、ほんとに保養に来たって感じになります。
たまに事務的なキャンプ場ってあるんですよね。。あれは寂しい気持ちになります。

着いたときは、曇りでしたので、ほんとにちょうどいい気温です。
ジンクスの強風も吹いておらず、ここちよい微風といった感じです。



お客さんは、既に2組いらっしゃってましたが、結構離れてたので
まったく声も聞こえませんでした。
早速、BBQの準備です。

今年は、キャンプ用品をオークションなどで売却して、かなり一層しました。
テーマは、軽くコンパクトに・・・です。
10年前に買ったリクライニングチェアやテーブルなど、予想以上の値段で売れました。
きっと、手入れをきちんと行い、状態がよかったからだと思います。
物は大切にしたほうがいいですね。

唯一BBQ台を買ってなかったので、今回はレンタルしました。
BBQセットで、炭、着火剤、軍手、トングまで付いてて、至れり尽くせりでした。
BBQは、洗うのがたいへんなので、レンタルはいいなと思いました。
まあ、考え方なんでしょうが。。。アウトドアだから自分で洗えよ!!ってな話かもしれませんね。



ちょっと長くなりそうなので、続きは次回へ。。

2008年9月19日 (金)

【番外編 今日の食卓〜2.きのこのテリーヌ〜】


今日はフランス料理に挑戦です。
【材料】
鶏のササミ:200g
全卵:1個
卵白:1個
きのこ系(シメジやまいたけ、椎茸など):200g
人参:半分
玉ねぎ:半分
白ワイン:少々
コンソメ:50cc
塩コショウ:少々
生クリーム:80cc
にんにく:少々
パセリ:少々



1.ササミを白ワイン、塩コショウと混ぜ合わせます。

2.人参と玉ねぎをさっと茹でます。



3.きのこ系は、バターでにんにくと炒めます。

4.1,2、3の材料とパセリをフードプロセッサーに入れて混ぜます。



5.ある程度、混ぜたら全卵と卵白、生クリーム、続いてコンソメを入れて更に回します。

6.5をオーブン用の型に入れ、180度で40〜50分焼いたら完成です。




水分が多い場合は、調整してください。
個人的には、マヨネーズ系のソースが合うと思います。

鶏のささみはあっさりに仕上がります。
こってりがお好みの場合は、もも肉を使用してください。

ソースは2種類。
生クリームとマヨネーズを1:1
トマトピューレとチキンブイヨンを1:1です。

ちょっと手間は掛かりますが、美味しいですよ〜。

※この料理は、HPで見つけた、家庭で出来るフランス料理を参考にしました。

2008年9月18日 (木)

「登山の基本装備」 〜ヘッドライト〜


登山を始めてまず揃えるもの・・・地図、コンパス、救急用具、雨具など
基本的な装備を持って、登山をされると思います。
しかし、前回のザックカバーみたいに、わかってるいけど後回しにしがちな
装備のひとつ。ヘッドライト。

自分は、昼間に登るから不要だと思わないでください。
救急用具も雨具も予想外のことが起こった時のものです。
道迷いして、夜になったらライトはとても役に立ちます。

最近は、LEDの普及で軽量、コンパクトに長時間の照明が可能となりました。
先日、私のヘッドライトが壊れてしまい、新しいものを買おうと、最新のヘッドライト状況を調査してみました。

まずは、光の強さワット数ですが、0.5〜3くらいまであり、私の体験的には1ワットあったら、くじゅうの夜間の山でも歩けるかなといった感じでした。

次にバッテリーですが、1ワットだったら単4が3本くらいですかね。。
これは最長120hも持続するみたいです。通常は50hくらいでしょうか・・・
3ワットになると、単3でヘッドの後方にバッテリーボックスをつける感じになっているタイプですかね。3ワットあれば安心ですね。

それから、最後に装備した場合のフィット感。
頭とライトの相性みたいなのが、あるとかないとか・・・(^。^;)

以上のことを踏まえて、用途に合わせて自分に合うヘッドライトを選らんでください。

登山だけじゃなく、キャンプや自宅での停電、緊急時のザックに常備していたら安心ですよ。埋蔵金発掘や洞窟探検でも使えますしね。
あと余談ですが、耳掻きにも有効活用できるみたいです。

登山を続ける方は、是非購入をお勧めします。

2008年9月17日 (水)

【番外編 手作り披露宴〜4.進行内容〜】


さて、次は肝心な進行内容です。
何回も人の披露宴には出席しているので、流れ的なものは
把握しているつもりなんですが、今回はパーティー形式なので
まあ、型にはまる必要もないかなと、ざっくり考えてみました。

通常であれば、新郎の挨拶は最後のほうにあると思うのですが、今回の場合は、まずライブ会場でやることの説明から入らないと、皆さんが何がなんだか、わからくなるといけないので、はじめに僕がお礼を兼ねた挨拶をすることにしました。

僕らが考えたパーティーのポイントです。
1.基本すべて手作り
2.来て頂いた方への感謝の気持ちと、結婚するという報告。
3.ひな壇は無しで、僕らがすべてのテーブルを回って挨拶をする。
4.下品な余興はNG。上半身裸で笑いは取れない。
5.ライブハウスなので、いろんなジャンルの音楽をBGM的に生演奏する。

食事は、限界があるのでビュッフェ形式をとることにしました。セルフサービスで取りに行くやつです。
席は100名ほど入る会場なので、ゆったりできます。
あと、会場は禁煙だな。。ライブハウスって煙いんですよね。

いろんなことをすべて自分たちで決めれるので、自由自在なんですがその反面、細かいところまで考えないといけないので、たいへんです。
でも一生に一度のことなので、やはり納得いくまでやるのが一番です。

2008年9月16日 (火)

【番外編 自給自足〜1.はじめに〜】


料理のカテゴリを作成したので、ついでと言ってはなんですが
その材料となる野菜も作っているので、自給自足計画についての
カテゴリも作成しました。

はじめに言っておきますが、私は野菜作りに関しては、ほぼ素人同然です。
そんな初心者が悪戦苦闘しながら、野菜を作っていく様を少し書きたいと思います。

まずは、私の野菜作り経歴です。

2002年 私が勤務していた社長に勧められ、会社のベランダを使ってプランター菜園を始める。
https://www.space-i.jp/no-en/
翌年辺りから、自宅にプランターを移動して地味ながら2007年まで6年間続けていく。
6年とは言うものの、作った野菜は数が限られています。
トマト、ほうれん草、バジル、パセリ、レタス、大葉、ねぎ、ラディッシュくらいですかねぇ。。

2年ほど前から、両親が知人に土地を借りて畑をするようになりました。
1年目は収穫の手伝い程度でしたが、プランターとのあまりの出来の違いに驚き
今年の春、ついに私も畑デビューした訳であります。



初年の春は、トマト、ナス、きゅうり、大葉、バジル、パプリカ、ピーマン、ズッキーニ
落花生、つるなしえんんどう、かぼちゃ、枝豆、にがうり、オクラ、ラディッシュ・・
まさに、自給自足計画の始まりでありました。

しかし、そんなにうまく行くものではありません。
あれも駄目、これも駄目・・・水がない。虫がつく。それは大変なことが待ち受けてました。
そして何より、今現在苦しめられている敵は、雑草であります。
プランターには、なかった雑草。。。もうそれはすごいことになってます。

そんな感じで悪戦苦闘しながら、作っている野菜のレポートをたまにしたいと思います。
次回は、プランターと畑の違いについて、自分の見解を書きたいと思います。

2008年9月13日 (土)

「登山の基本装備」 〜ザックカバー〜

今日は9月の定期登山のはずだったのに。。。
雨で中止になりました。
今週の前半は、雲ひとつない秋晴れが続いてたのに、登山の日を狙ったように雨になりました。
んーまあ、自然に文句を言っても仕方がないですから、気分を切り替えて、今日はザックカバーについて、お話したいと思います。

皆さん、登山をする際、レインコートは持参しているのですが
忘れがちで重要なものが、ザックカバーです。

いくらザック自体に防水効果があってもいろんなところからしみこんでしまいます。
基本的には、ザックの中の財布やカメラ、携帯など大事なものはビニールに入れておくか、防水のポーチなどに入れておくことをお勧めします。

そして、ザックカバーです。
ザックの容量に合わせてサイズが決まってますので、気をつけて購入してくださいね。そんなに高価なものではありませんので、是非装備してくださいね。

あと、ザックごと覆ってしまえるポンチョとかも有効ですね。

ゴアテックスなどの素材の場合は、使用後しっかり洗ってください。細かい網目に汚れがつまったままでは、防水の効果がなくなるそうですよ。

さて、明日は何しようかなぁ。。。rain

2008年9月12日 (金)

【番外編 今日の食卓〜1.はじめに〜】


独身時代、一人暮らしが長かったせいか自炊がプチ趣味的な感じになってました。
結婚してからは、もっぱら作ってもらってばかりですが、時間がある時は出来るだけ
自分でも作るようにしています。

なので、登山の時も昼食に何を作るか、何を作って持っていくかなども楽しみの
ひとつになってます。

山に登っての食事は、何故だかよく味がわかります。
コンビニの弁当など冷えたら、味が濃いんです。。
外食やお惣菜なども濃い味ですよね。

自炊のメリットみたいなのは、自分で味を調整できて
素材の味を生かせると思うんです。
意識的に薄味に作って、よく噛めば素材本来の味を十分楽しめます。

そんな感じで作った料理を簡単に紹介していきたいと思います。
参考とかには、ならないと思いますが、山の昼食や今夜の夕食のヒント
にでもなれば幸いでございます。


2008年9月10日 (水)

「コラム」〜異常人気、富士登山〜


昨日のニュースで、富士山の登山客が今年7、8月で24万7000人に達したと書いてあった。今までの最高記録を4万人以上も更新したということ。
理由としては、ガソリンの高騰やエコブーム、世界文化遺産登録への動き、などがあげられるようだ。
しかし、2ヶ月で24万人って・・・60日で割っても1日4000人。久住山だったら、人の渋滞で身動き取れなくなりそうですね(^^;)
これだけの人数が登れば、いろんなことがあるみたいです。

8月の夜11時ごろ、8合目の救護所に親子4人が飛び込んできた。「息子の具合が悪い」という父親の横で小学生がTシャツ1枚で震えていたらしい。8月とはいえ、8合目の夜。気温は10度以下。

何かがおかしいですね・・・

それはさておき、自然と触れ合うことはいいことです。
近い将来、登山ブームが来るような気がします。
はじめは、みんな素人です。登山について右も左もわからないはず。

服装は?靴は?何を持っていけばいい?

まずは、書籍を読んだり、詳しい知人に聞きましょう。
そして、何より大事なことは、そこで得た知識を自分のものにすることです。

頼り切ってはいけません。

複数人数で登るとき、リーダーに頼って自分が登っている山のルートがわからない。名前さえわからない。。なんてことにならないようにしましょうね。

普通に登って、普通に下山すれば、何も問題もないのは、当たり前のこと。
知識や装備は、いざという時のためのものです。

基礎知識と装備、そして常識を持って登山をすれば、
こんなに楽しい趣味はないと思う、今日この頃です。。