フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 「なにげに」 ~東坡肉丼 とんぽうろう~ | メイン | 「自給自足」 ~ビールのおつまみ~ »

2009年5月 2日 (土)

「登山報告」 ~黒岩山、泉水山~

日時:2009/4/29(水) 晴れ
場所:くじゅう連山 黒岩山~泉水山

参加人数:10名

10:20 牧ノ戸駐車場
10:50 黒岩山
11:50 大崩の辻(昼食)

12:40 大崩の辻出発
13:30 上泉水
14:00 下泉水
15:00 長者原駐車場

今期初の定期登山は、牧ノ戸登山口から道を挟んだ反対側から登って長者原まで縦走するコースです。
今回は、くじゅうネイチャーガイドクラブのガイドさん2名と新体験メンバー2名を含めた10名となりました。

牧ノ戸駐車場から300mほど歩いたところに、東屋があります。ここまで歩いてくる観光客も多いようです。
しばらく平坦な道を歩くと、急坂がはじまります。牧ノ戸第一展望台までのような角度で20分登ります。

20090429_01
ここは、路面が土なので第一展望台へ行く道よりは楽に感じます。
急坂を登りきると、平坦で広い場所へ出ます。ここで弁当食べたらいい感じです。
道は右へと続きますが、左方向へ少し進むと黒岩山山頂があります。ちょっとわかりにくいので注意してください。
次は泉水山方面へ向かいます。

ほどなく左側に大崩の辻が見えてきます。ちょっとわき道に入り、寄り道します。
大崩の辻へ行くには、少し下って一気に登る感じですが、下ったところが大きな岩がごろごろしていて、ちょっと歩きにくくなってますので、注意が必要です。20分ほど歩くと山頂に到着です。
ここは、ほとんど人がこないので静かな登山をしたい方にはお勧めです。
九重スキー場や、わいた山も一望できて展望も最高です。
お昼になったので、ここで昼食タイムです。
今回は、私が手作り弁当を作ったのですが、昨晩2時までかかってしまい、若干睡眠不足です。。(^。^;)
登山は前日から、計画性を持ってないと駄目ですね。。反省です。

十分な休憩を取って、先ほどわき道をそれた場所まで戻ります。
戻ってからは、軽いアップダウンが続きます。
20分ほど歩くと山頂のような岩場が右手に見えますが、これは上泉水山の偽ピークだそうです。
しかし十分な景観です。硫黄山、三俣山がきれいに見えて、眼下には大曲の形がよく見えます。

20090429_02
遠くは由布岳まで見えて、最高の眺めです。

偽ピークで少し遊んで、本物の山頂へ到着です。上泉水山ですがあまり山頂の感じがしません。。
やっぱり偽ピークのほうが山頂っぽいですね。
狭いところで無理やり集合写真を撮って下泉水山へ向かいます。

下泉水山頂は、さらにわかり難い場所にあります。
もうこの辺は、みなさん素通りすると思います。
ちなみにアケビの群集の手前、左手岩場に山頂はあります。

ここからは、アケビの森がしばらく続き、なんとも幻想的で怖い感じもします。
魔女が出てきそうですね。。(^。^;)
しばらく歩くと、次は松林になります。
さらに抜けると、一気に視界が開けて、眼下に草原が広がります。野焼きの跡一面に、
きすみれが咲き誇ってます。この景色はこの時期にしか見れない絶景です。

20090429_03

あとは野焼きの防火帯沿いに下っていきます。
逆から登るコースだと、少し体力が要りそうな坂道です。
下りきると、長者原の裏側に出てきます。

今回のコースは、家族でも行けて景色がとてもいい初心者向けのオススメコースです。
久住山の人ごみに嫌気がさした方は、反対に登ってみませんか?

レストハウスやまなみに到着したら、ソフトクリームかジョッキミルクで悩みます。
今日はソフトクリームの気分なので、ミルク濃厚なこだわりソフトを頂きました。
下山後だったので、さらに美味しいかったです。。

今回は、プロのガイドさんに同行して頂いたので、野草や樹木の説明などもあり
たいへん楽しい登山となりました。
くじゅうネイチャーガイドクラブの皆さん、ほんとうにありがとうございました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395564/19564395

「登山報告」 ~黒岩山、泉水山~を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。