« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

「今日の食卓」 ~プチ贅沢家ディナー~

先日、仕事でちょっといいことがあったので夜ごはんを豪華にしてみました。

といっても、自宅で食べるプチ贅沢です(^-^;

畑で採れたオーガニック野菜と、市販ですがいつもよりちょいでかいウインナー。

2010082901

ビールも贅沢にプレミアムモルツです。

お次はサラダ。

ズワイ蟹の蟹缶と、エビ、卵、パスタはディチェコのスフィリを混ぜたプチ贅沢サラダです。

2010082902

あと、カレーのアバシから大好物のチーズナンも持ち帰りで購入です。

赤ワインととても合います。

2010082903

外食もいいけど、たまには好きなものを少し大人買いするだけで

気持ちが裕福なるプチ贅沢をお勧めします(^-^;

2010年8月19日 (木)

「登山報告」 ~法華院温泉山荘主催 苦汁登山その2~

鉾立峠から白口岳山頂への急登がはじまります。

このコース、少しでも雨が降るとズルズル滑ってかなりしんどい登山道なんですが

数日前から山荘のスタッフの方々が草を刈り、スコップで土の階段を作って滑りやすい

ところをすべて整備して頂き、びっくりするほど歩きやすいコースになってました。

見えない部分で今回のコースすべての整備をしていただき、とても感謝感激です。

2010081900

さて、自然の猛威は誰にも抑えられません。

白口岳山頂に到着したころには、本降りとなっていました。

周りはガスで視界不良です。

山頂での記念撮影もそこそこに池の小屋へ稲星山をまいて向かいます。

2010081901

だんだんと雨量が増して風も強くなり、レインウェアのフードがバタバタと音をたて

耳元を痛くなるほど叩きつけてます。整備された登山道も泥水が流れ込み川のように

なっています。ガスと強風と豪雨おまけに雷まで聞こえてきました。

真夏なのに怖くなるくらいの状況です。侮るなかれ夏山。

なんとか池の小屋へ到着しましたが、天候は以前変わりません。

御池が一瞬姿を現しましたが、すぐガスにまかれます。

2010081902_2

参加者の皆さんは避難小屋へ次々と入っていきますが40名くらいで満員御礼状態に

なりましたが、おそらく40名も入ったのは初めてかもしれませんね。

何故かイナバ物置を思い出しました。

休憩もそこそこに慰霊碑へ向かいます。

昭和5年に九州初の遭難事故にあった九大医学部生2人の慰霊碑です。

この日の前日、8月8日に慰霊碑の修復が完了しての80回忌の法要が行われたそうです。

夏の台風で池の小屋を目前にするも発見するに至らず、疲労凍死した事故。

図らずも、慰霊碑に向かう日がこのような天候になるとは・・・

山の厳しさを身にしみて感じました。教訓として気を引き締めたいと思います。

慰霊碑に着きましたが、あまりの暴風雨で手を合わせてそく移動といった状態です。

2010081903

2010081904

御池の入り口へたどり着き久住分かれへ向かいます。

ここまで来ると、雨あしも少し弱まって皆さん少し余裕が出てきました。

2010081905

北千里へ着くと、フードを脱いで歩けるくらいになりました。

この辺から水分は控えるようにします。。。ほんとはこまめな水分補給は大切なんですよ。

でも・・・でも・・・苦汁登山って。苦汁は苦い汁。そう夜は生ビール飲み放題なんです。

しかもエビスビールの生なんです。個人的に我慢我慢・・・

北千里からの下りだすと法華院温泉山荘が見えてきます。

でも安心して、ここで転倒骨折する人が多いらしいので皆さんも気をつけてくださいね。

2010081906

慎重に生ビールを思い浮かべながら、無事山荘へ到着しました。

チェックインして、温泉で汗を流します。ここの温泉は九州では一番標高が高い温泉なんです。

ただし、車を降りて徒歩2時間です。歩けるうちに絶対行く価値ありです!

午後6時から生飲み放題のスタートです。んー初めの一杯はたまらない!

2010081907

今年も参加してよかったと再認識した瞬間でした。

食事のあとは参加者全員で、ゲームなどをして楽しい宴が続きました。

20100819071

あ、サッポロの方にラッキーエビスを頂きました。ありがとうござます。

2010081908

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい

夜は疲労で早い時間に爆睡しました。毎回ですが、山荘に泊ると健康的です。

朝は6時に起床。2日目の天候はよさそうな気配です。

2010081909

2010081910

朝食はご飯もおかわりして今日の作業に備えます。

2日目は、立中山のミヤマキリシマを覆っているノリウツギの伐採作業です。

今年の立中山のミヤマキリシマはとても綺麗だったらしく、来年も期待大ですね。

昨日の豪雨がウソみたいに晴れ間が見え隠れしています。

2010081911

50人の連携作業で作業が進んでいきます。

短時間の作業でどこまでお役に立てたかは定かではありませんが・・・(^^;;

2010081912

それから立中山の新標柱設置作業も同時に行いました。

2010081913

2010081914

今年になって九重連山の主要山頂は、新標柱に代わってとてもわかりやすくなりました。

山歩きナビのQRコードも随時張り替えてますので、是非ご利用ください。

山歩きナビも現在は予算もなくQRコードやデータ管理、パンフレット作成は

すべて自腹で行っています。遭難防止のためにやめるつもりはありませんが

行政に関わる皆さん、仕分け作業の時に追加もお願いします(^-^;

立中山作業も無事終了。お昼前に帰ってきて、ハヤシライスとスイカをいただいて下山準備です。

帰りは雨ヶ池コースで長者原まで帰ります。

が・・・途中また雨です。

2010081915

レインコートを着たり脱いだり・・・最後まで天候に左右された山行でした。

全員無事に怪我もなく下山できたことに感謝です。

2010年8月17日 (火)

「登山報告」 ~法華院温泉山荘主催 苦汁登山~

毎年8月9日、10日に法華院温泉山荘主催で九重連山の名だたる峰々を歩く山行

「苦汁登山」が今年も行われました。今回は第10回と節目もよく参加者も47名と

たくさんの方が集まりました。

今年も山歩きナビの説明をさせて頂きながらの参加だったのですが

私が参加し始めてからは、100%雨なんです。まあ偶然とは思いますが・・・

薄々関係者の方には気付かれてしまい、来年は拒否されるかもしれません(^^;;

さて、今回のコースは久住側からのスタートです。この時点でもう小雨でした。

レゾネイト久住付近から入るコースなのですが、川端康成が歩いたコースらしいです。

私は初めて歩いたのですが、とても緑が多くて整備され歩きやすい道でした。

2010080901

40分ほど歩くと、朽網分かれに到着です。ここから鉾立峠までコンスタントに登りが

続きます。雨が降ったりやんだり・・・レインウェアを着たり脱いだり・・・

真夏のこの状況はかなり嫌なんですよね~。でも小まめな行動が登山の基本なんです。

2010080902

雨が少しあがったところで昼食タイムです。木道がある佐渡窪でお弁当を広げます。

毎年配給されるお弁当はボリュームがあってとても美味しいんです。

登山中は体力を消耗しますので、たくさん食べないといけません。

2010080903

昼食が終わると鉾立峠まではあと少しです。一気に登りきります。

鉾立峠にも登山履歴を携帯電話で残せる山歩きナビのQRコードが設置されてますので

皆さんに利用方法を軽くご説明タイムです。

2010080904

さて、これからが急登本番です。体力に自信がない方はエスケープルートで

法華院温泉山荘まで下ります。しかしほとんどの方が登ってましたね。すごい。

しかし・・・ここから天候が本格的に悪化。台風並みの暴風雨となるのです。

続く・・・

2010年8月 3日 (火)

「自給自足」 ~男の夏野菜オーブン料理~

趣味でやってる畑の夏野菜でオーブン料理を作ってみました。

オリーブオイルを塗ったオーブン皿に、スライスしたズッキーニ、丸茄子、オクラをのせます。

ちょっと邪道ですが、市販のビーフドリアソースを半分の量だけ表面にぬり

その上からプチトマトとピーマン、更にパルメザンチーズ、乾燥バジルをのせます。

250度の余熱で10分間オーブンで焼きます。

2010080201_2

ソースとチーズ以外は自家製無農薬野菜です。

安価で出来る美味しい料理。

思わずビールを飲んでしまいました(^-^;

2010年8月 2日 (月)

「なにげに」 ~大濠花火大会~

8月1日、第48回大濠花火大会が行われました。
毎年40万人前後の観客で会場周辺は賑わい
約6000発の花火が都会の夜空を彩ります。

午後7:30、国体道路側から大濠公園に近づくに連れたくさんの人々が
集結して、あっという間に歩道は渋滞しました。
今回は、ホームページの取材ということで
ザ・大濠マンション横のオーナー宅で花火大会の様子を撮影させて頂きました。

人ごみを掻き分けながら、ようやく到着。
3階建てのオーナー宅の屋上へ案内されました。
ザ・大濠は公園に面していますので、花火師の方が打ち上げている様子も
はっきり見えるくらいの距離で、ほんとに目の前で花火が観賞できます。

2010080101

2010080102

2010080103

風が通る屋上で、ビールを飲みながらゆっくり観賞できました。
打ち上げ時間は20:00から21:30まででしたが
あっという間に、最後のクライマックスに・・・
おおとりは、福岡ソフトバンクホークスと西日本新聞でしたが
約4分間の打ち上げの連発と仕掛けは圧巻でした。
大濠花火大会は、ビルに響き渡る爆音と頭上で打ち上がる迫力が
他と違った魅力だと感じました。

2010080104

2010080105

2010080106

2010080107

さて、終わってしまうとそれからが大変なんです。
40万人が一斉に帰りだすと、公共交通機関は完全にパンクします。
しばらく様子を見ようとしても、近隣のお店はどこも満員御礼状態です。
しかし、今年はオーナー宅のリビングでゆったりさせて頂きましたので
ほんとに贅沢な時間を過ごせました。
なんか、取材に来てることを忘れてかなり楽しんでしまいました(^-^;

2010080108

兎にも角にも、ザ・大濠からの眺めは最高でした。
引っ越しなどをお考えの方は、ほんとにお勧めなマンションです。
花火だけではなく、日常生活での散歩やジョギングなど
目の前に大濠公園がある生活は、とても魅力的です。

大濠生活のススメ