フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

「登山報告」 ~福岡・難所ヶ滝~

今回は、地元の難所ヶ滝~宝満山へ

自宅から車で20分ほどで行ける昭和の森から出発です。

今年の滝はかなり氷結してるという噂。

集合場所へ行くとすでに満車寸前です。

KCPのメンバーと合流して、登山開始。

噂通り、すごい人です。

途中から雪が深くなってきますのでアイゼンの出番です。

雪の状態は、かなり硬く、人が踏みかためているのと、

気温の上昇からの凍結が原因と思われます。

滑りやすいところもありましたので、ご注意を。

テレビなどの影響かシーンズにスニーカーの超軽装の方々も多く見かけ

狭い登山道はすぐ渋滞状態になります。

2011012901

出発してから1時間15分で滝へ到着です。

素晴らしい景色です。

2011012902

2011012903

到着される方々は、今まで見た中で一番きれいな氷だ。と言ってます。

やはり今年の九州は、どの山も特別みたいです。

2011012904

我々も記念撮影を行って、先を急ぎます。

滝から上は、急に人が少なくなりました。

皆さん、滝までの往復だったようです。

ここから静かな山行となりました。

2011012905

福岡市内方面が一望できるようになります。

2011012906

滝から歩くこと30分程で仏頂山頂(869m)に到着です。

昔は、ここが宝満山と呼ばれてたそうですよ。

更に15分ほど歩くと宝満山キャンプ場に到着します。

ここで昼食です。冬はインスタントラーメンが最高です。

でも、寒い場所ではコンロのお湯がなかなか沸かないので

短時間の登山の場合は、熱湯を魔法瓶に入れて持っていってます。

これが短時間で食べられるし、なかなかいい作戦なんです。

2011012908

宝満山頂でお参りをして、下山開始です。

2011012909

2011012910

帰路はうさぎ道経由で昭和の森へ。

今回リーダーをして頂いたTさん、有難うございました。

2011年1月28日 (金)

「登山報告」 ~九重連山・暮雨の滝~

1月22日快晴。九重連山・吉部より入山。

暮雨の滝経由で坊がつるへ向かいます。

※暮雨の滝・・・「くらぞめのたき」または「くらさめのたき」と呼ばれています。

吉部登山口までの道は除雪されていますが、冬用タイヤが必要です。

2011012201

道路わきの駐車スペースには5,6台がとまってました。

1週間ほど前に大雪が降ってからは、ほとんど積雪がなかったようで

しっかりとしたトレース跡が付いてました。

2011012202_4

時間が経つにつれ、積雪量が増えてきます。

吹き溜まりは1mくらいあったと思います。足を踏み損なうとズボッと行きました。

2011012203

入山から1時間20分ほどで、大船山林道との合流に到着しました。

2011012204

林道は法華院温泉山荘の方の除雪のおかげで快適に歩けます。

2011012205

坊がつるに到着しました。

雲がない快晴なので、とても気持ちがいいです。

2011012206

法華院温泉山荘の談話室を借りて、昼食タイムです。

今回は登山道の様子見の単独行だったのでパンのみでちょい寂しかったです(^-^;

今年は数年に一度の大雪ということで、山荘の周りもすごいことになってました。

水も例年にない凍結などでたいへんらしいです。

キャンプ場へ向かいます。テントが2,3張りって感じでした。

2011012207

まだ事務所に帰って仕事が残っているので

後ろ髪を引かれながら帰路へ向かいます。

雪が降ると、動物がたくさんいることがよくわかります。

この直線の足跡はなんでしょ?

2011012208

さて、最後は暮雨の滝です。

先週は完全凍結の情報が入っていたのですが

今回は若干融けている感じでした。

2011012209

とにかく今年は、例年にない積雪なので九重連山の登山者が多いような気がします。

しかし、天気と十分相談して無理のない入山を心がけたいと思います。

2011年1月26日 (水)

霧島連山・新燃岳噴火中

新燃岳で1月26日午前7時31分に小規模な噴火が発生。その後も噴火が続いている。
気象台では、噴火レベル「3」に引き上げた。登山の禁止や入山の規制が必要です。

■FNNニュース

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00191917.html

■気象庁

http://www.seisvol.kishou.go.jp/vo/32.php

2011年1月19日 (水)

「くじゅう情報」 ~九州横断道路は真っ白です~

1月15日に九重事業所へ向かいましたが、飯田高原あたりから道路が真っ白に。

2011011502

今年の寒さは半端じゃないですね。

雪山登山には最高なんですが、なかなか晴れないので

皆さん様子をうかがっていると思います。

2011011503

事務所周辺の積雪は深いところで30cm以上あると思います。

2011011501_2

最近、真っ白な雪の画像ばっかりUPしているので

たまには、料理の画像を紹介します(^-^;

2011011504

レストハウスやまなみ2Fのレストランの若鶏の南蛮定食です。

かなりのボリュームで確か1050円だったと思います。

腹ペコの方は、是非オススメの定食ですよ~!

2011年1月13日 (木)

「登山報告」 ~指山観察路~

1月9日に九重連山の積雪状況を山歩きナビでお知らせするため入山準備をしました。

年末年始の積雪からずっと天気がよくない状態で山では積雪量が多いようです。

長者原の駐車場も真っ白です。

2011011201

ほんとは、大曲の登山口から歩こうと思ったのですが、駐車できる空き地の積雪が

かなりあり、おまけに除雪車が雪の壁を道の両脇に作ってますので

どこにも駐車スペースがなく、諦めました。

そのせいか牧ノ戸も長者原(登山口側)もほぼ満車状態でした。

今回は時間もなかったので、指山観察路を歩くことに・・・

タデ原の木道は凍ってる上に積雪があるので、普通の靴では危険だと思います。

2011011202

雨ヶ池登山口を過ぎると、歩きやすい雪道になります。

2011011203

登山道の脇には、いろんな動物の足跡があります。

鹿とかうさぎだと思います。

2011011204

2011011205

もっと奥に入って行くと積雪は20~30cm。吹き溜まりでは50cmくらいあります。

2011011206

なんかがんばってますね。

2011011207

雨ヶ池と指山の分岐から指山方面へ行くと、さらに雪深くなります。

前日くらいのトレース跡をたどりながら歩いて行きます。

トレース跡がなかったらかなりわかりにくいです。

たまにズボっと埋まったりします。

2011011208

疲れたので糖分補給です。冷凍チョコは美味しいです。

2011011209

指山入口付近で2組の指山登山者と会いましたが

山頂付近は、すごい積雪で歩きにくかったということでした。

2011011210

ただでさえ急斜面ですから、指山へ行く方はアイゼン必須でご注意ください。

また、積雪状況を報告したいと思います。

2011年1月12日 (水)

「くじゅう情報」 ~給湯機凍結~

昨年から飯田高原に開設した九重事業所へ今年初めて行きました。

正月の寒波もあって、ちょっと積雪が心配だったのですが・・・

やっぱり・・・玄関が雪で覆われてます。

2011011301

中に入って、点検です。水は配管に電熱線があるということだったのでOK。

トイレもOK。風呂も破損なし。コンロ、ガスファンヒーターOK。

残るは給湯ですが・・・出ない。||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||

水は出るのにお湯が出ない。

ガス屋さんと連絡が取れましたが、原因不明。

考えられるとしたら、給湯部分の配管のみ凍結している可能性ありとのこと。

配管は壁の中にあるので、最悪は春になるまでお湯がでない。

あー九重の冬をなめてました。

仕方がないので、やかんにお湯を沸かして水と混ぜて顔を洗ったりしました。

なんか、子供のころを思い出した。

何気なく使っている給湯に改めて感謝した出来事でした。

事業所の周りは真っ白です。

2011011302

裏に回ると、なんだこの足跡は?

まっすぐな線になってます。

2011011303

きつね?たぬき?その他、イノシシらしき巨大な足跡とかたくさんありました。

やっぱ飯田高原は、たくさんの動物がいるんですね。

今度からきちんと水抜きします。反省snow

2011年1月 8日 (土)

「今日の食卓」 ~年末年始~

大晦日に年越しそばを食べました。

2011010801

正月におせち料理を食べました。

2011010802

義父特製の手づくりスモークサーモンは本当にうまい!

2011010803

今年も無事に年を越すことができました。

ありがたいことですfuji

2011年1月 1日 (土)

「なにげに」 ~謹賀新年~ 

謹んで新年のお喜びを申し上げます。

20110102

今年の元旦は、全国的に大荒れの天気ですね。

初日の出を断念した方も多いと思います。

でも、今年も安全第一で山行したいです。

このブログでも、初心者向けに出来るだけわかりやすく登山に関する

基礎知識やマナー等をお伝えしますので

今年も宜しくお願い致します。

また、「山歩きナビ」では南アルプスエリアの本格稼働に続き

全国的なエリア拡大を目標としております。

詳しくは現在発売中の「山と渓谷1月号」に掲載されていますので

是非ご覧ください。

20110101