« 2011年11月 | メイン | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

今年も終わりますね

秋が過ぎると、くじゅう連山は静けさを取り戻します。

そして雪が降り始める12月になると、街の慌ただしさとは対照的に山はさらに寂しくなります。

雪がしんしんと降る夜は、積もる音が聞こえてきそうなくらい静寂に包まれます。

夜が明けて、まぶしい太陽が顔を出すと白銀の世界が広がります。

2011123101

くじゅう連山はそんな素敵な景色が見れる場所です。

装備さえ揃えば、雪山登山もいいのもですよ。

ぜひ、この絶景を見に来て下さい。

2011123102

私がやってる登山倶楽部です。

九州登山倶楽部

私が所属しているガイドクラブです。

くじゅうネイチャーガイドクラブ

今年も私のつたないブログを読んで頂き、ありがとうございました。

とりあえず、来年も登山情報を中心に書いていく予定ですので

お時間がある方は、たまに読んでやってください。

では皆様よいお年を・・・

2011年12月19日 (月)

「登山報告」 ~三俣山 その2~

12月7日の三俣山の続きです。

お鉢は一周するのに2時間くらいかかります。

ようやく北峰に到着です。

2011120712

小鍋の周りを半分くらい歩きます。

意外と急な勾配がありますので慎重に歩きます。

2011120713

ほどなく左手眼下に坊がつるが見えてきます。

道と川と湿原がはっきりわかりますね。

2011120715

しばらく歩くと南峰に到着です。

2011120716

ここから坊がつるまで急勾配を下ります。

法華院温泉山荘が見えました。砂防ダムの工事も見えます。

2011120717

このコース、久々に通ったんですが、距離が長い。斜面が急。滑る滑る・・・

坊がつるへ到着したときは、なにかを吸い取られた感じでくたくたになりました(^_^;)

ズルズル滑りながら歩いたので、南峰から1時間半くらいかかりました。

登山に慣れてない方は、おすすめしません。

お昼も過ぎてしまったので、お腹もペコペコです。

頑張って法華院温泉山荘まで歩き、休憩室を借りてラーメンを食べました。うまい!

2011120718

いい感じで体を動かしたので、心地の良い疲労感です。

さて、帰りは北千里まで登って大曲まで90分ほど歩きます。あと少し。

山荘でゆっくりしてたのでスガモリ付近で16時過ぎてしまいました。

冬は17時過ぎるとすぐに暗くなるので少し早足で歩きます。

と・・・目の前に登山者が・・・よく見るとKCP九州登山倶楽部のUさん夫妻が。

2011120719

これから坊がつるでキャンプするとのこと。

偶然会ってもびっくりしないのは、お互いのくじゅうへ行く回数が物語ってます。ふふ。

硫黄山道路から大曲に下る道もドロドロで滑りやすくなってます。

この時期、早朝は凍ってますが、スパッツがあったほうがいい道です。

8時間くらい歩きましたが、楽しい山行でした!やっぱ晴天が一番!

2011120720

2011年12月17日 (土)

「登山報告」 ~三俣山 その1~

ちょっとブログが滞ってしまいました。2週間前の山行レポートです。

秋の登山シーズンも終わり、山もかなり静かになりました。

今回は、プライベートでの登山だったので久々にゆっくり時間をかけて歩くことに。

大曲からスタートしてスガモリ経由で三俣山西峰へ向かって登ります。

2011120701

スガモリまでは45分くらい。そこから西峰までは25分くらいです。

この日はすごくいい天気で景色が最高です。

何度も足を止めてシャッターを押す回数が増えます。

2011120702

2011120703

2011120704

西峰からⅣ峰に立ち寄ってから本峰へ。

2011120705

だんだん長者原方面が見えてきます。

ここから大鍋・小鍋の外周を左回りすることに。

大鍋に下る急斜面は、霜柱が残っていてちょっと怖かったです(^_^;)

2011120706

2011120707

下りきったら次は北峰方面へ登り返します。

2011120708 

登りきると指山が眼下にぽっこり姿を見せてくれます。

いい景色です。

2011120710

2011120711

以前はここから指山へ行く道があったのですが、現在は登山道崩壊のため

通行止めになっています。

2011120709_2

あと、北峰から雨ヶ池に降りる登山道も道が荒れているため、

環境省が通行をご遠慮ください。という看板を立てています。ご注意ください。

2011120714

お鉢をぐるっと回って南峰へ。

続く・・・

2011年12月12日 (月)

「登山報告」 ~屋久島遠征 その6~

屋久島一周はまだまだ半分です。

さて、続きを始めましょう!

☆屋久島灯台(永田灯台)

明治30年に設立された灯台だそうです。正面に口永良部島が見えました。

ちょっと道が狭いので、離合がたいへんかもしれません。

運転に自信のない方は、ご注意を。

Simgp3678

☆西部林道

この辺りは、道路に猿と鹿がたくさん出てきます。

道路の真ん中を陣取って渋滞が起こることもしばしば・・・

Simgp3695

Simgp3699

☆屋久島フルーツガーデン

南国のフルーツの木がたくさんあります。入園料500円を払うと園内を説明してくれます。

説明の後は、フルーツ盛り合わせを食べることができますよー

Simgp3769

Simgp3789

☆平内海中温泉

ガイドブックでよく見る温泉。

僕らが言った時は残念ながら満潮時で海と一体化してました(^_^;)

Simgp3799

そのほか、大川の滝、千尋の滝など迫力がある景色を堪能でしました。

Simgp3718

Simgp3811

今回、雨天で登山は途中断念しましたが、

4日間屋久島に滞在して感じた魅力は、時間を贅沢に使えるということ。

特に毎日時間に追われている人は時間の経過をゆっくり感じると思います。

何もしなくていい時間も大切ですね。

また来年、屋久島の山々へリトライしたいと思います。

Simgp3844 

最終日は快晴!得てして旅行なんてそんなものです。

登山の予定が、観光旅行になってしまいましたが

とっても満喫できました。

さて、お迎えの船が到着です。

Simgp3869

2011年12月 6日 (火)

「登山報告」 ~屋久島遠征 その5~

天候悪化のため、2日目の朝から下山を開始です。

淀川登山口へ戻ったのが8時くらい。バスの時間まで2時間以上あるので

屋久杉ランドまで90分くらいかかりそうですが、暇なので歩くことにしました。

しかし、降り続ける雨とアスファルトの硬さで、長い距離だなーと思ってた矢先に

バスが止まってくれて、「乗りますか?」と言って頂きました。ラッキー!

地元の施設の方でしたが、本当に親切にしていただき、感謝感激です。

屋久島の魅力はこんなところにもあるんでしょうね。

10時過ぎには下界へ降りてきました。

さーて、どうしよう。

今回は屋久島に詳しいUリーダーに任せて島一周を案内をしてもらうことに。

まずは、リーダーの知り合いのお店で腹ごしらえです。

「よろん坂」という、すごく人情味あふれるご夫婦が経営されているお店です。

とりあえず屋久島名物を食べたかったので、「飛魚バーグ定食」をオーダー。

雨の山から下りてきたばかりでの温かいご飯は有難いです。

Simgp3356

夜は、冷たい生とお刺身とつみれ鍋。

山では味わえなかったご馳走。おいしかったー!

Simgp3369

Simgp3374

Simgp3378

翌日、レンタカーを借りて、島一周ツアーを楽しむことに。

まずは、スーパーで三岳を購入。数量限定されてますが小さいサイズは買えます。

Simgp3365

屋久島一周は約100kmですので日帰りで十分観光できます。

今回立ち寄った観光地は・・・

☆志戸子ガジュマル園

ガジュマルとは屋久島、種子島を北限とするイチジクの仲間だそうです。

南国っぽい木でしたが、藪蚊が多かった(^_^;)

Simgp3616

☆八筈獄神社

海沿いにあるパワースポット的な神社でした。この洞窟から猫が消えて

種子島から出てきたとか来なかったとか・・・

Simgp3629

☆永田いなか浜

アカウミガメの上陸密度が日本一高い砂浜だそうです。

ここはラムサール条約にも登録されているそうです。坊がつるを思い出しました。

Simgp3647

Simgp3656

屋久島一周観光はまだ続く・・・