« 「冬の九州 くじゅう連山でもホワイトアウトするか」 | メイン | 「苦渋登山」 その2 »

2012年2月14日 (火)

「苦渋登山」 その1

毎年恒例になってます、法華院温泉山荘主催の「苦渋登山」が行われました。

今回は、「長者原 氷まつり」のイベントのひとつになりました。

そこで、登山の様子をネットでライブ中継する企画が持ち上がり

システム担当&中継スタッフを私が担当することにcamera

目的は1日目の中岳付近の御池(みいけ)と

2日目の大船山下の御池(おいけ)からの中継です。

2月9日(木)曇り時々晴れ。

牧ノ戸峠は樹氷がとても綺麗です。

1日目は、牧ノ戸~御池(みいけ)~久住分かれ~北千里~山荘です。

2012020901

2012020902


2012020903

登山口から歩くこと1分。ガチガチのアイスバーンの上に新雪が降ってるようです。

さっそく、アイゼンを着用しました。

2012020904

2012020905_3

やはり、冬は第一展望台までが一番歩きにくいですね(^^ゞ

第二展望台は風もなく穏やかです。この時期では珍しい。

2012020906

扇が鼻分岐付近に来ると、雪が少し深くなりました。

しかし、昨年に比べると少ないですね。

相変わらず、空は曇りでガスがかかってます。

2012020907

久住分かれの避難小屋で、いつものお弁当を頂きます。

このお弁当、ボリュームたっぷりで楽しみなんです。

2012020908

昼食後、外に出るとちょうどガスが抜けて久住山が姿を見せてくれました。

2012020909

その後、青空がちらほら見えてきたので御池に急ぎます。

2012020910

昔、水を湛えてたと言われている空池は真っ白です。

サングラス必須ですね。

2012020911

さて、1日目の目的である御池に到着です!

さっそく、ソリを準備してライブ中継開始です。

2012020912

山荘スタッフのHくんの華麗なるソリの様子はこちらからどうぞ。

しばらく完全凍結した池で遊んだあと、北千里を経由して山荘へ。

山荘手前がソリの一番の穴場なんですよsnow

2012020913_2

そんなこんなで、無事に山荘に到着です。

中継のご褒美の生ビールをグイっと頂きましたーbeer

2日目に続く。


※「苦渋登山」とは・・・

  法華院温泉山荘が主催する毎年2回、2月と8月の9日、10日(くじゅう)で行われます。

  夏は、「苦汁登山」 苦汁=ビール飲み放題。

  冬は、「苦渋登山」 冬なので苦渋の選択。

  という深い深い意味が込められています(^^ゞ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395564/27927217

「苦渋登山」 その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。