« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

記憶に残る場所

何年経っても記憶に残っている場所とか匂いってありますよね。

写真とか見ると、その時の状況が鮮明によみがえってきます。

富良野に行ったとき、早起きして撮影した写真です。

誰もいなくてとても静かだった記憶が残ってます。

2012093001

2012093002_2

2012093003

2012093004

そして美瑛へ移動。ここも幻想的な場所でした。

2012093005

2012093006

絵はがきの中にいるみたいでしたよ。

2012093007

ちょうど紅葉の季節でした。

2012093010


2012093011

以前、仕事で数か月いた場所なんですけど

ここが一番気になってた場所です。

2012093012

そんな一瞬のために、毎日頑張ってるのかもしれません。

今回は登山とはまったく関係なくてすみません(^^ゞ

2012年9月21日 (金)

登山の後にやめられないこと

登山とは無縁の方から「なんできつい登山とかするんですか~?」と

素朴な質問をされることが多々あります。

その答えの一つはこれです。

2012090514

体を動かした後のビールは最高なんです!

軽く飲んで終わればいいものの・・・

「今日はかなりカロリー使ってるからご褒美だ!」とか言いながら

気付くと仲間と焼き鳥屋さんにいますhappy02happy02happy02

2012092102

夏の登山は特に汗をかきますのでビールがガンガン入ります!

そうなると油ものが美味しいんですよね~!

どう考えても、登山の消費カロリー焼き鳥屋の摂取カロリー

なんですけどね(^_^;)

2012092103

少しお腹が落ち着いてきたら、板ワサなんか頼んだりします。

これって全国共通のメニューなのかなぁ?


2012092105

満足してお店を出ます。

そのまま直帰すればいいのに・・・

アルコールで満腹神経がおかしくなってますので、定番の締めへ。

2012092106

これが毎回たまらんばい!

【結論】登山は太る・・・いやいやいやいやそんなことないですよ。

まあ、登山にはいろいろな目的があるわけです。

少しでも興味があれば、一度は大人になってからの登山をおすすめしますよ。

----------------------------------

九重・飯田高原観光協会推薦のガイド「くじゅうネイチャーガイドクラブ」が
初心者向けのトレッキングツアーを開始しましたー
sun

10月は静かに歩ける人気のコース特集!

登山を始めたいけど、何を買っていいのかわからない・・・despair
くじゅうを歩いてみたいけど、コースや体力的に不安がある方wobbly
ガイドが安全第一で親切丁寧に皆さんを案内します。
これから登山に挑戦したい方、ゆったり歩きたい方におすすめです。bleahgood

10月のイベント情報は「くじゅうネイチャーガイドクラブ」から

月1回イベント情報をお送りするメルマガもあります!

---------------------------------




2012年9月 6日 (木)

秋の登山と「山メシ」しよう!

8月も終わり、涼しい秋の行楽シーズンまであと少しですね。

私は登山を始めて17年目になります。

現在では、九州の九重連山で登山ガイドをするようになりました。

老若男女、四季折々、登山には、たくさんの楽しみ方があります。

山頂の達成感、遠くまで見える展望、森林浴、写真撮影、ストレス解消、ダイエットなど・・・

今回は、たくさんある楽しみ方の中から「山メシ」をテーマにブログを書きます。

2012090501

☆日帰り昼食☆

朝登山を開始して山頂で昼食。ゆっくり景色を見て午後に下山。

よくある日帰り登山ですが、みなさんの昼食を見てみると

お弁当が一番多いみたいですね。手作り弁当、コンビニ弁当、サンドイッチなど

手軽に食べれるものが多いようです。

2012090502

観光地の登山であれば、登山口付近の売店にある弁当は

その土地の食材を使ったりしてますので、お勧めですよ!

下は、長者原レストハウスやまなみの登山弁当(季節限定)です。

豊後牛や地元の野菜が使われていて美味しかったです。

2012090503_2

コンロが使える場所でしたら、昼食のバリエーションが増えます。

まずは定番のインスタントラーメン!

寒い日にはこれがやめられません。

2012090504

最近では、山用のラーメンも出てるんですよ。

コンパクトで軽量なのでザックに入れても場所を取りません。

2012090505

冬登山だったら気温が低いので冷凍ちゃんぽんなどもお勧めです。

そのままコンロにかけれるタイプです。

でも、ザックにそのまま入れるととっても破れやすいのでタオルにくるんだり

して持って行かれるとよいです。私はザックがチャンポンまみれになりました。

2012090506

あと、コンロを持ってない方は、魔法瓶に熱湯を入れてくれば

インスタントラーメンに注いで3分前後で食べれますよ!

2012090507

その他コンロがあれば、パスタやお茶漬けなども作れますよ。

2012090508

2012090509

登山はエネルギー確保が重要です。

お餅やパンなんかも焼けるグッズもあります!

周りを囲ってるのは風よけです。強風時にはこれが重宝します。

2012090510

☆宿泊登山☆

登山のもう一つの楽しみは、テント泊登山です。

2012090511

テントを設営して、夕食の準備。

できれば明るいうちから準備するのがベストですね。

下は乾燥保存食の白米とカレーです。

乾燥ご飯は水だけでも作れます。軽くて登山者には人気です。

白米の他にも、赤飯や五目御飯、ピラフやパスタなど種類も豊富です。

カレー(手前の厚揚げっぽいやつ)もお湯に溶かすだけ。

これが意外にうまいんです。これらは山岳ショップで販売されてます。

2012090512

さて、宿泊となるとお楽しみがビールです。

山小屋などあれば生ビールをゲットできたりします。

山のビールはちょっとお高いですが、それでも飲みたい!

2012090514

ビールときたらおつまみです。

サバやサンマの缶詰などをコンロで温めるとグー!

2012090515

本格的な料理は家で作ってパックして持参する手もあります。

あとはコンロで温めるだけにしておけば便利ですよ。

2012090516

2012090517

大荷物で食事メインの宿泊登山であれば、もっと食卓が豪華になります。

フライパンなどファミリーキャンプ用だと大きくなります。

このスタイルは荷物が重くなるので、大人数で分担可能な時におすすめです。

登山の距離も手軽なほうがいいですね。九州では「坊がつる」がお勧めです。

2012090518

もう余ったものを何でも焼いてます(^_^;)

2012090519

こんな感じで、山メシは登山の楽しみのひとつになります。

ちょっと工夫をするといろんな食事ができますよ。

皆さんも是非、楽しい「山メシ」にチャレンジしてください!

最後に南アルプス北岳からの朝日です。富士山にかさ雲がかかってます。

こんな景色の中で食事が出来る幸せを日々感じております。

2012090520

冒頭にも書きましたが、私は九州の九重連山で登山ガイドをやってます。

担当は主に初心者向けイベントです。

このイベントで登山に初めて挑戦する方もいらっしゃいますので

これから登山を始めたい!基礎知識などを学びたい!という方は

是非、くじゅうネイチャーガイドクラブの安武までお問い合わせください。

「登山報告」 ~剱岳遠征 その1~

今年の7月の剱岳遠征の報告をしたいと思います。

出来るだけ詳しく書きますので連載とさせて頂きます。

つたない文章ですが、お暇な方はお付き合いください。

毎年恒例になった日本アルプスへの遠征。

今年は念願の「剱岳」となりました。

2泊3日のテント泊。準備をするところから楽しい気分になります。

Imgp0132

今回は国内の一般登山道で一番厳しいと言われてる山なので

軽量化をテーマにパッキングしました。

とは言うもののベースキャンプは剣沢なのでテントの中に不要なものは置いて

行けばいいんですけどね。

剱岳まで連れて行くカメラや行動食などは軽いものにしました。

【福岡出発】

今回の遠征メンバーは9人。仕事を終えて福岡県を20時に出発するのですが

なんと車で12時間ノンストップで走り続けて登山口へ向かいます。

途中交代で1人約200kmくらい走るのですが、車の中ではなかなか眠れないんです。

毎年初日の睡眠不足は解消されませんねー。

120713221954

今回は大阪から石川県方面へ走り、富山県に向かいます。

120714070533_2

立山ICで下車して、立山駅へ向かいます。

120714083024_3

120714100022_2


立山駅には大型無料駐車場がありますので、自家用車も十分駐車できます。

ここから先は環境保護のため一般道の進入が規制されているようです。

ケーブルカーに乗って美女平へ。ここからバスに乗り換えます。

バスに揺られて50分ほどで登山口の室堂に到着します。

標高が上がるにつれ、残雪がたくさん見えてきます。

120714110806

天気はいまいちです。1日目はあきらめることに・・・(^_^;)

室堂で昼食を食べて12時に出発です!

【1日目登山開始】

120714120219


ガスってよく見えませんが室堂は一般観光客も多く。

天気がいい日は絶景が見れるようです。

120714120227

120714122312


我々はレインウェア着用で雷鳥沢へ向かいます。

夏スキーしている人がいますね。

120714123347

120714123912


今年は残雪が多いようで、歩いていると季節感がなくなります。

120714124253


雷鳥沢から登りが始まります。1か所だけアイゼンを着用する箇所がありました。

120714133107

しばらく登ると急に展望が開けました。

おー!雪渓がきれいです!

120714140128

出発から3時間で剣御前に到着。

ここから40分ほど下れば、本日目標の剣沢に到着します。

120714145026

テントがたくさん見えてきました。

やはり7月の3連休は人が多いです。

120714152527

120714152814

メンバーのTさんは剣沢小屋に宿泊されます。

ここは映画「剱岳 点の記」でスタッフ・俳優の方が宿泊していた山小屋です。
120714154654

テントを設営して、夕食を作っていると剱岳が姿を見せてくれました。

おーい!待ってろよ~!

120714163653

日が暮れると気温が下がり、ビールがすすみませんでした。

7月とは思えませんね。

あ、ちなみに剣沢のテン場から剣沢小屋まで10分くらい下ります。

ビールはそこまで買いに行かないといけませんよ。

テン場には雑菌処理してある無料の飲料水はあります。

こんな場所で無料の水が使えるのはうれしいですね。

120714165736

前日の夜からほとんど寝てないので20時には就寝しました。

明日は4時起きです。おやすみなさい・・・

~剱岳遠征 その2~ へ続く