フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月24日 (水)

夏山はいいね!

梅雨の時期が終わり、くじゅう連山は夏山の緑が日々濃くなっています。

先日は、久住山初挑戦の親子をご案内しました。

夏休みの思い出にとお母さんが小6の娘さんを連れての参加です。

地元の低山で登山の練習をしてきました!ということで準備万端です。

こちらも、いい思い出になるガイドをやらねば!意気込んでましたが

この日はとてもいい天気で、景色だけで十分な思い出になりそうです。

2013072401

牧ノ戸登山口から久住山へ。風が吹くととても涼しいんです。

2013072402

山の歩き方などの基本知識や九重連山の歴史など説明しながら

ゆっくりペースで山頂へ!

いつもはミヤマキリシマの邪魔だと言われているノリウツギも

綺麗な花を咲かせています。

2013072403

山頂で「スタートでダメかと思ったけど、やればできるね!」と

早くも夏休みの課題をクリアしたような感じでした。

2013072404

山頂から北千里へ下り、法華院温泉山荘へご案内です。

硫黄山付近は何か外国に来た感じの風景です。

2013072408_2

約6時間ほどかけて山荘に無事到着!

最後は少しお疲れモードでしたが、達成感はすごくあったと思います。

お客様とはここでお別れ。

私も満足して帰路へ・・・そうです。また戻らないといけなかった。

実はこの日、登山靴の中敷を忘れてしまっててすごく足がジンジンしてたんです。

北千里まで登って、久住分かれまで登って・・・ああどっと疲れが。

とりあえずのんびり歩きましょう!久住分かれの手前で休憩しました。

誰もいない登山道でのんびりするのはとても贅沢ですね。

2013072405

気分を変えて、元気に登山?下山します!

夏の花もたくさん咲いてましたよ。

2013072406

2013072407

くじゅうネイチャーガイドクラブでは8月もガイドしますよ。

涼しいくじゅう連山が待ってます!夏休みの思い出にいかがですか。

----------------------------------

九重・飯田高原観光協会所属の登山ガイド「くじゅうネイチャーガイドクラブ」が
初心者向けのトレッキングツアーを開始しましたー
sun

登山を始めたいけど、何を買っていいのかわからない・・・despair
くじゅうを歩いてみたいけど、コースや体力的に不安がある方wobbly
ガイドが安全第一で親切丁寧に皆さんを案内します。
これから登山に挑戦したい方、ゆったり歩きたい方におすすめです。bleahgood

イベント情報は「くじゅうネイチャーガイドクラブ」から

月1回イベント情報をお送りするメルマガもあります!

---------------------------------

2013年7月 7日 (日)

くじゅう連山 牧ノ戸コースの怖い話

標高1330mに位置する牧ノ戸登山口から久住山へ歩くコースは

くじゅう連山の中でも一番人気のコースです。

登山道も整備されていてとても歩きやすいのですが

天候によっては、豹変するコースでもあるのです。

登山口は穏やかだったのに急に暴風雨になることがあります。

この写真は先日の牧ノ戸登山口です。曇り空でしたが風もほとんどない感じでした。

130629101509_r

歩き始めて30分ほどで沓掛山に到着。

ここでの天候も変化はありません。

130629105312_r

このコースでの注意するポイントは2つあります。

1つ目は扇が鼻分岐から西千里へ向かう場所です。

阿蘇側からの風が急に吹き出してガスもかかりやすくなります。

濡れた体で強風に晒されると体温もすぐに奪われて

冬ではなくても低体温症の危険性もあります。

このような場合は、レインウェアの袖口と襟元をしっかり締めてください。

隙間が必要以上にあいてると、暴風、防寒の意味がなくなってしまいますよ。

130629113526_r

西千里でレインウェアを来て星生山へ向かいます。

とっても濃厚なガスに覆われてきました。

山頂付近はさらに風が強くなります。

ここから星生崎へ向かいます。

道に慣れてない方は、ガスで方向を見失う可能性が大ですので要注意です。

130629115957_r

久住分かれまで行くと、天候も少し落ち着きました。

ここから久住山や中岳へ向かうのですが、ここから先が第二の強風ポイントです。

ガスに覆われると、黄色のマーカーを頼りに前に進むしかなくなります。

130629151645_r

この日は、中岳、天狗ヶ城、久住山を歩いて久住分かれに戻ります。

避難小屋あたりも濃厚ガスに覆われてきました。

少し前の人も見えない状態です。

130629152956_r

西千里を経て沓掛山へ向かう道に戻ると、さっきまでのガスと風がなくなります。

130629161404_r

こんな感じで、登山口から山頂までの間に地形などでいろいろな状況になります。

初心者コースと言われる場所も常にレインウェアや地図は必要なんですね。

というお話でした。

----------------------------------

九重・飯田高原観光協会所属の登山ガイド「くじゅうネイチャーガイドクラブ」が
初心者向けのトレッキングツアーを開始しましたー
sun

登山を始めたいけど、何を買っていいのかわからない・・・despair
くじゅうを歩いてみたいけど、コースや体力的に不安がある方wobbly
ガイドが安全第一で親切丁寧に皆さんを案内します。
これから登山に挑戦したい方、ゆったり歩きたい方におすすめです。bleahgood

イベント情報は「くじゅうネイチャーガイドクラブ」から

月1回イベント情報をお送りするメルマガもあります!

---------------------------------