フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 絶景の久住山 | メイン | くじゅう連山 積雪の後の快晴!後編 »

2013年12月24日 (火)

くじゅう連山 積雪の後の快晴!

12月の3連休、ずっと休みがなかったのでゆっくり温泉でも行こうかと

密かに計画してたのですが、金曜の積雪と週末の天気予報を見て

これは、くじゅう連山しかない!ということで急遽予定変更。

牧ノ戸、久住、北千里など行きたいところはたくさんありましたが

とりあえず長者原へ。

やまなみハイウェイはチェーン規制です。

2013122200 
ここまで車で来るのが難関の人が多いようです。

スタッドレスかチェーンになりますが、九州ではなかなか出番がないですからね。

しかし、長者原の駐車場は8割くらいうまってます。

準備をして、さっそく九州自然歩道を歩き牧ノ戸へ行くことにしました。

が、これが大変なことに・・・

このコース、普段は登山者は少なく、旅行する人の散策路で多く利用されるので

誰も歩いていません。軽いラッセルのつもりで気楽にスタートしましたが深い!

2013122201
写真はベンチですが、30cmは余裕で積もってます。

吹き溜まりではヒザまでいきます。これは体力消耗です。

2013122202
何よりの救いは、動物くんが散策路に足跡を付けてくれてましたので

気持ち的に楽しく歩けました(^_^;)

九重観光ホテルの手前カーブに出ました。

ここは吹き溜まりだったので腰までズボッと行きました。

もう道だかなんだかわかりません。

2013122203
九重観光ホテルを過ぎると、ガスが抜けて青空が見えました。

綺麗な景色と静けさをしばし楽しみます。贅沢な時間です。

2013122204
木道の橋は要注意。横にずるっと滑ります。

真中は空いてますよ。

2013122205
牧ノ戸に近づくにつれ霧氷が目立ち始めます。

2013122206
上を見ると、冬の自然美に思わず声が出てしまいます。

2013122207
ラッセルしながら約2時間半。倍以上の時間がかかりましたが

日常では体験できない贅沢な時間でした。

2013122208

牧ノ戸駐車場は、ほぼ満車状態でみなさん久住山へ向かっているようです。

登山口のベンチは雪で埋もれてます。

2013122209
さて、おにぎりを食べて久住山へ向かいましょう!

続く。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395564/32015933

くじゅう連山 積雪の後の快晴!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。