フォトアルバム
Powered by Six Apart

« くじゅう連山 積雪の後の快晴! | メイン | 今年は登山デビューしませんか! »

2013年12月31日 (火)

くじゅう連山 積雪の後の快晴!後編

12月22日、牧ノ戸登山口はかなりの積雪です。

トイレに行く道も出来てます。

2013122210

この時期、久住分かれのトイレは閉鎖されていますのでご注意です。

牧ノ戸のトイレも厳冬期には閉鎖されてたんですが、今は1つだけ使えます。

登山口から第二展望台まではコンクリートの道なので凍結すると

かなり滑りやすくなります。が、これだけ積雪があると歩きやすい。

ただかなりの人が歩いて滑りやすくはなってますので軽アイゼンは必要です。

それにしても霧氷が綺麗です。

2013122212

第二展望台につくと青空が見えました。

2013122213

扇が鼻方面に目を向けると絶景です。

2013122214

風がなかったので、Tシャツで歩けるくらい体が温まりました。

いつも悩まされる泥もないし、雪上はヒザにもやさしい。

気を付けるのは、雪の照り返しで目をやられるのでサングラスは必須です。

扇が鼻分岐付近の霧氷のトンネルもいい感じでした。

2013122215

西千里に出ると、風が吹き始めます。

ここで防寒しないと体が冷えますよ。

襟元、袖口しっかりチェックします!

2013122216

西千里では360度どこを見てもシャッターを押したくなる景色で

ほんとに九州なのかと疑うほどの絶景でした。

やがて久住山にかかっていたガスも消えていきます。

こんなにいい条件が揃うのは年に数回なんですよねー

2013122217

山頂は強風みたいです。今回は長者原出発で時間もないので

久住分かれから北千里へ下ります。

2013122218

普段は浮石や段差で時間がかかる場所ですが

積雪の状態がナイスな感じで小走りに下れます。

2013122219

2013122220

んー楽しい!いつもは30分くらいかかるコースを15分で下れました。

途中大きな岩にアイゼンを引っ掛けそうになるので注意です。

2013122222

この日はたくさんの人が雪のくじゅう連山を楽しんでいました。

2013122223

スガモリ休憩所の吹き溜まりもかなり多くなってきました。

硫黄山道路へ向かいます。

ここのガレ場も積雪量が多かったので歩きやすくなってました。

2013122224

夕方になると光と影が雪をきれいに見せてくれます。

2013122225

あ、かなりクッキリめの人型が2つ・・・

目と鼻もよく残ってました。ストック跡まで(^_^;)

2013122226

九州では標高が高くないと深い積雪がないので

ほんとに楽しい山行でした。

冬山寒いですけど、やめられませんねー!

2013122227

■今年の登山ガイドを振り返って

今年は全国各地からお越し頂いた約450名のお客様の登山ガイドができました。

帰り際に「くじゅうにまた来るよ!」と言っていただけることが何よりです。

来年もたくさんの企画で安全にくじゅう連山の素晴らしさを伝えていきたいと思います。

くじゅうネイチャーガイドクラブをご利用頂いた皆様、

FULLMARKS福岡店の登山イベントをご利用頂いた皆様、

このブログ「初心者のための登山講座 ~九州編~ 」をたまに読んでくださっている皆様、

facebookのKCP九州登山倶楽部グループの皆様、

私の下らないfacebookの投稿に付き合ってくださっている皆様

本当に一年間ありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

では、よいお年を!!

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395564/32024483

くじゅう連山 積雪の後の快晴!後編を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。