フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 本年も登らせて頂きます | メイン | 冬の三郡縦走イベント »

2018年1月13日 (土)

くじゅうにも寒波到来です

シーズンに数回やってくる寒波が週末にかけてきました。

今回は、暮雨の滝の様子を一足先に見に行きました。

吉部登山口から坊がつるを目指します。

駐車場まで行く道路も真っ白になっています。

2018011201

駐車場には車がなく私1台のみです。

いつもの300円駐車場は、この時期限定で100円になってました。

暮雨の滝コースに入ると思ってたほど、積雪の量がなく

歩き始めから滝までは、岩があたったりとちょっと歩きずらかったです。

が、やっぱり標高が高い位置なのでほどなく雪も増えてきました。

2018011203

お目当ての暮雨の滝は、大きな氷柱がついていい感じでしたよ。

近年では寒波が続かないので、滝が凍ることが少なくなっています。

九州では貴重な景色を堪能します。

2018011202

暮雨の滝から先は、トレース跡が完全に消えてます。

おそらく今までの足跡は、滝だけ様子を見にきて引き返したんですね。

私は、坊がつるまで歩きます。

人は歩いていませんが、イノシシやうさぎ、鹿などの足跡でいっぱいです。

森林を抜けると風が吹いてきました。

気温がマイナス8度程度でしたので、体感温度はマイナス15度といったところでしょうか。

フードをかぶってしっかり防寒します。

だんだんと小雪まじりになってきました。坊がつるは登山者0で貸切状態です。

少し立ち止まって、周りを見ると深々と雪が降っているのにとても静かです。

なんだかとても贅沢な時間でした。

2018011208

2018011204

ここはほんとうに九州か!といった風景ですね。

山荘に到着しても貸切状態です。

2018011205

談話室を借りて、温かいラーメンを食べてホッとひといき。

くじゅう連山のど真ん中に山荘があることに改めて感謝です^^;

ゆっくり休憩してると、青空が見えてきました。

大船山と平治岳、三俣山が雪化粧をしています。

2018011206

2018011207

結局、この日すれ違った人は0人。

冬は静かに歩けるから個人的には一番好きな季節です。

ただし、静かなコースを歩く=トレース跡などないことが多いので

登山する場合は慣れた人と一緒に同行してくださいね。

安全に楽しみたい方は、くじゅうネイチャーガイドクラブのガイドにお任せください。

来週末、1月20-21日(土日)は、いよいよ北海道グルメフェスin法華院温泉山荘です。

若干キャンセルが出ている状態ですので、追加募集中です。

ノーマルタイヤでも麓からの送迎が可能ですので、ぜひご検討くださいね。

詳細はこちらから。1月18日(木)を締切とします。(定員になり次第締め切ります)

くじゅう連山の冬山は、あと1ヶ月ちょい楽しめますよ!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395564/34101788

くじゅうにも寒波到来ですを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。