« くじゅうにも寒波到来です | メイン | 雪がなくても最高です! »

2018年1月15日 (月)

冬の三郡縦走イベント

福岡でも冬に数回の積雪が見られます。

標高1000m近い山では、10~20cm近くになることも。

今回は、まさに寒波の後のイベントとなりました。

コースは宝満山から若杉山まで8つのピークを踏む三郡縦走イベントです。

中級者イベントとなりますので、参加者は山に慣れた健脚の皆さんばかりです。

スタートの竈門神社ではほとんど見られなかった積雪も3合目あたりからは

アイゼンが必要となってきました。

百段がんぎはこんな感じです^^;

2018011401

2018011402

宝満山キャンプ場も真っ白です。

2018011404

2018011405

寒波が来ていることもあり、難所が滝から宝満山ルートの登山者が多いこと!

100人以上はすれ違ったと思います(^^ゞ

難所が滝から上がった分岐を越すと、すれ違う人もまばらに。

尾根沿いの積雪は15cmから20cmといった感じでしょうか。

たくさんの人が歩いているので圧雪されてとても歩きやすい状態です。

2018011403

12:30ランチタイムにしましたが、この日は風がほぼなかったので

ほとんど寒さを感じることもなく、ゆっくり休憩できました。

2018011407_2

三郡山を越すと、縦走の人しかいないのですれ違う人はほとんどいなくなります。

ここから少し歩きにくくなり、若干時間を要することになります。

2018011406

三郡山から前砥石までは長いので、皆さん無口になってきます。

まだまだ先は長いので皆さん、元気に行きますよー!と声を掛けて激励!

2018011408

前砥石からは砥石山、鬼岩谷までは30分ほどで到着しますが

この時点で予定より1時間遅れとなってました。

やはり、積雪のせいでしょうね。

ここからはペースアップでショウケ越まで一気に下ります。

この時点で歩き始めから7時間半。ちょっと日の入時刻が気になってきました。

さあ、若杉山までの最後の登りが始まります!

怪我なく安全に、且つ円滑にペースを保ちます。

チラッと後ろを見ると皆さん黙々とついてきています。

もう限界だー!という所でパーッと景色が開けます。

まさにこれまで歩いてきた尾根が全部見える展望台です。

2018011409_2

夕日も綺麗です。左側には彩雲も見えました。

最高のご褒美でいいことあるかも!!

日の入前に無事に若杉キャンプ場に到着。

今回は、路面凍結で集合場所と時間が変更となり1時間遅い出発になりましたが

冬の登山は余裕をもった時間配分が重要ですね。

2018011410

参加された皆さんは疲労と達成感で帰路につかれました。

この時期の三郡縦走は暑くなく、虫もいないので個人的にはお勧めです。

ただし、計画と装備はしっかりしないと遭難しちゃいまのでご注意を!

長く楽しい山行レポートでした。

===登山の基礎机上講習=========================
3月14日 春。これから始める登山入門
イムズ8階会議室18:30より行います。
https://www.flipworks.jp/shop/event/
========================================
===くじゅうネイチャーガイドクラブ=================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
1月20日(土)~21日(日)北海道グルメフェスin法華院温泉山荘

1月28日(日)【島原遠征】樹氷の雲仙普賢岳

2月3日(土)~4日(日)くじゅうの冬山満喫2日間IN法華院(1泊2日)

2月24日(土)~25日(日)日本酒の会in法華院温泉山荘(1泊2日)

☆登山中級者向けのイベント
2月11日(日)~12日(月)冬の山メシフェスIN法華院(1泊2日)

2月17日(土)~18日(日)冬の御池めぐり2日間IN法華院(1泊2日)
========================================
===イムズ登山部=============================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
1月27日(土)氷瀑の難所ヶ滝&宝満山

3月10日(土)【九州百名山】九千部山

☆登山中級者向けのイベント
3月11日(日)天拝山から基山縦走
========================================

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395564/34102001

冬の三郡縦走イベントを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。