フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2018年9月 | メイン | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月29日 (月)

2018年10月 紅葉のくじゅう 三俣山お鉢

_181022_0003

2018年10月20日。今年もくじゅう連山の紅葉は綺麗に色づき、たくさんの登山者で賑わってます。
この土日は、天気も安定して秋晴れの予報。となると早朝から駐車場はすごいことに。
8時の時点で、長者原駐車場はほぼ満車。
大曲も情報によると6時半の時点ですでに路上駐車もでているほど。
こんなに多い状況は、長年ガイドをやってますが初めてかもしれません。
やはりSNSなどの情報が一点集中型を生み出しているのでしょうか^^;

スガモリについたのは10時ごろ。三俣山の斜面は人の列が・・・
普段見ない光景に景色より人に思わずシャッターを押してしまいました。
今回はお鉢巡りが目的なので、西峰はスルーして本峰へ向かいます。
本峰手前右側のドウダンツツジも綺麗でした。

本峰に到着すると50名ほどの人が。
その奥に見えたお鉢は圧巻でした。

しばらくその光景をシャッターに収めたら、いざお鉢へ!

お鉢に入るとすぐに奈落の底に落ちるような下りが20分ほど続きます。
登山用グローブをお勧めします。
このコース、いつもは静かなものなんですが、今日はすれ違いも多いです。
底に下りると、さっきまで見えていた紅葉がさらに赤く燃えているようです。

大鍋、小鍋を眼下に見ながら、紅葉を楽しみました。
時計回りで歩いた後半からは、坊がつるが見えてきます。
360度くじゅう連山を見渡せるコースなので、時間がある方はゆっくり歩いてみてください。
ただ、ロープや岩場もありますので、登山に慣れている方向けのコースです。

2018年10月25日 (木)

2018年10月 紅葉のくじゅう 大船山御池

20181021__181022_0005_2

2018年10月21日。くじゅう連山で一番早く紅葉する大船山御池へ行ってきました。
今回は吉部登山口からスタートです。
この登山口は、車で行くまでにちょっと苦労しますが、坊がつるまでは最短で行けます。
駐車場は有料ですが、100台以上入ります。

予想通り、大船山に入ると人の渋滞です。
この時期は仕方がないので、ゆっくりペースで景色を楽しみましょう。
大船山は登りが続きますので、日帰りは健脚登山で約8時間となります。
坊がつるから約90分で段原へ到着。ここから左へ行くと北大船山。
右へ行くと20分程度で大船山山頂へ着きます。
山頂手前から後ろを見ると、遠くに由布岳が存在感を持って見えます。
手間にはミヤマキリシマで有名な平治岳。
北大船山の右手前には、米窪という大きな火口跡が見えます。

山頂にはすごい人です。早々に記念撮影をして御池に下ります。
ピークは若干過ぎていましたが、風がない日でしたので日本庭園のように美しい景色でした。

下りは一気に歩いても4、5時間かかりますので、時間に余裕を持って行動したほうがいいコースです。


坊がつるのすすきも綺麗でした。
これから、紅葉は標高を下げて、坊がつる、雨ヶ池、長者原と色付いていきます。

2018年10月22日 (月)

赤川から久住山へ 2018秋

くじゅう連山の人気の登山口は、牧ノ戸登山口と長者原登山口です。
高い標高に位置している登山口は山頂までの標高差も少なく歩きやすくなっています。
ただ、シーズンになると駐車場も満車になることが多く、登山道が渋滞することも。

もっと静かに歩きたい方は、比較的登山者が少ない赤川登山口をお勧めします。
標高は約1050mくらいでほぼ長者原と変わりません。
が、しかし!久住山までの直登は、なかなかのものです^^;

実はこのコース、熊本地震以前はズルズル滑るのが特徴で登山者に敬遠されがちでした。
しかし、地震で登山道が一部崩落して2017年に大規模補修が入り階段を増設。
急な登りが続きますが、以前よりははるかに歩きやすくなりました。

5合目くらいまで上がると、久住山が目の前に現れ、後ろを振り返ると阿蘇五岳がきれいに見えます。


階段が終わると、岩場の連続です。
2ヵ所ほど、ロープ場がありますが、慎重に行けば安全に通過できます。
登山開始から約2時間半で、山頂の久住山へ到着します。

360度の大パノラマが待っていますよ。

南斜面もドウダンツツジがきれいに紅葉します。

ミヤマキリシマや紅葉の時期はお勧めです。

2018年10月18日 (木)

阿蘇中岳・高岳イベント

日本百名山の阿蘇山。その最高峰である高岳と中岳火口を眼下にみることができる中岳を歩きました。
熊本地震の影響で、ほとんどの阿蘇エリアの登山道が通行止めとなっていましたが
徐々に歩けるコースも増えてきています。
中岳・高岳コースは主に、砂千里からスタートするコースと、仙酔峡からスタートする2つのコースが人気でした。
仙酔峡からのコースは登山口までの道路が寸断されて工事中のため、まだ復旧されていません。(2018/10現在)
砂千里コースは、道路開通後も噴煙の影響で規制が入っていましたが、ようやく通れるようになりました。

火山情報は随時変わります。詳細はこちらをご覧ください。

ほんとに久しぶりの砂千里でしたが、やはり異星を感じさせる迫力です。

この辺りは、観光客も木道を歩けますので登山をされない方も是非歩いてみてください。

遠目から見るとこんな感じです。

砂千里を過ぎると、急登が待っています。
溶岩が固まった岩を登りますので、ザレ場ではありません。
ゆっくりペースで登れば息も切れませんよ。

急登を40分ほど歩くと、尾根に出ます。
ここからは、登山でしか見れない絶景が広がります。

眼下には中岳火口などを見ることができ、まさに圧巻です。

中岳から、高岳は30分程度で到着します。
ここからは、仙酔峡、阿蘇カルデラ、遠くにくじゅう連山も見ることができます。
さらに、先に進むと、阿蘇五岳の胸の部分にある、天狗の舞台があります。

ここから月見小屋経由でぐるっと周遊することができます。
時間がある方は、ぜひ足を伸ばしてみてください。

2018年10月15日 (月)

くじゅうの自然に感謝する日2018

毎年10月の初旬に「くじゅうの自然に感謝する日」と称して、くじゅう連山で自然保護や登山道整備が行われます。
法華院温泉山荘とくじゅうネイチャーガイドクラブも毎年活動に参加しています。
数年前からやっている活動の一つは、雨が降ると滑りやすい三俣山南峰コースの階段整備です。
登山口から4合目くらいまでは、歩きやすくなったと思います。

毎年、一般募集も募って20名ほどで作業を行います。
休日返上で来て頂き、感謝しております!

このエリアは、火山灰が多く含まれているため、雨が降ると流れてしまいます。
数年経つと、補習が必要になる登山道ですが、気長にやるしかありません。

皆さんのご協力のおかげで綺麗な階段が出来ました。

次に、立中山のノリウツギ伐採搬送作業です。
こちらは、近年増殖しているノリウツギにより従来あったミヤマキリシマの日照が遮られ、
開花状態が以前に比べてかなり減少しているため、部分的にノリウツギを伐採して
昔の素晴らし景観を取り戻そう。という活動です。


坊がつるの野焼きも、人の手を加えて本来の美しい景観を取り戻すという活動です。
エコツーリズムの考え方ですね。

このように年に数回、一般募集でボランティア活動を行っています。
募集は「くじゅうネイチャーガイドクラブ」のWEBサイトでチェックしてください。

2018年10月13日 (土)

くじゅう連山の輪地焼き

くじゅう連山の麓、長者原では毎年3月に野焼きが行われます。

その前準備で、輪地切り、輪地焼きという作業があります。

山火事を防ぐために、野焼きするエリアの外周を3mほど切っておき(輪地切り)

乾燥したところで焼きます。(輪地焼き)

そうすることで、火が燃え広がることなく消火してくれます。

今回は、輪地焼き作業を行いました。

2018100901

草が乾いている、風がない、雨が降らない。という条件がそろっての実行なので

延期続きになること多い、たいへんな作業です。

今年は予定日が雨だったので、前倒しにしてやりました。

2018100902

ラムサール条約登録湿地のタデ原湿原の周辺を焼いていきます。

火にまかれないよう細心の注意をしながら進めていきます。

2018100903

3時間ほどで無事作業終了!

これで、来年の春に安心して野焼きができます。

くじゅう連山は、だんだんと紅葉を始めています。

皆さんもぜひ遊びに来てください。

===くじゅうネイチャーガイドクラブ=================
☆コラボ企画
11月17日(土)第三回 山ごもりJazz in 法華院温泉

☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
10月28日(日)くじゅう連山の紅葉 大船林道周辺

12月15日(土)~16日(日)くじゅう連山でふたご座流星群を見よう!

12月23日(日)くじゅう連山で忘年登山&忘年会!

☆登山中級者向けのイベント
10月14日(日)【くじゅう南面】赤川~神明水~七曲りコース

10月20日(土くじゅう連山の紅葉 三俣山お鉢巡り

10月21日(日)くじゅう連山の紅葉 大船山御池

10月27日(土)くじゅう連山の紅葉 星生山

12月8日(土)~9日(日)17サミッツ冬の陣 in 法華院温泉山荘

12月30日(日)山に感謝!くじゅう連山登り納め会

☆遠征イベント
11月10-12日(土-月)【屋久島遠征】屋久島満喫3日間 太忠岳

========================================

2018年10月10日 (水)

福岡の山 三郡山へ!

福岡の低山でも、ようやく涼しい山歩きができるようになりました。

今回のイムズ登山部は、三郡連山最高峰(936m)の三郡山へ!

宝満山から若杉山を縦走するコースの中間地点に位置する人気のある山です。

スタートは宇美町の昭和の森から難所が滝経由で尾根を目指します。

氷瀑が有名なコースで、冬はたくさんの人で賑わいますが

この時期は、人も少なく静かに歩けます。

冬の氷瀑はこんな感じです。アイゼンは必須となります。

2018100800

2時間ほど歩くと、三郡縦走コースの尾根に到着します。

ここからさらに45分ほど、歩くと三郡山の山頂に到着します。

山頂は、航空レーダーがある景観がいい場所なので

天気がいい日は、360度の大パノラマです。

Imgp7751

下りは頭巾山から昭和の森へ行くコースを選択。

2018100801

途中、かなりの傾斜を下っていきますので、歩きの技術が必要となります。

2018100802

2018100803

下りは2時間程度でゴールです!

10月下旬から11月にかけて紅葉がきれいになる時期です。

葉が落ちると、森も視界が開けて、空気が凛とした冬山へ移ります。

ただ、日の入り時間も早くなりますので早めの下山とヘッドライトは忘れずに

安全に登山を楽しみましょう!

===くじゅうネイチャーガイドクラブ=================
☆コラボ企画
11月17日(土)第三回 山ごもりJazz in 法華院温泉

☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
10月28日(日)くじゅう連山の紅葉 大船林道周辺

12月15日(土)~16日(日)くじゅう連山でふたご座流星群を見よう!

12月23日(日)くじゅう連山で忘年登山&忘年会!

☆登山中級者向けのイベント
10月14日(日)【くじゅう南面】赤川~神明水~七曲りコース

10月20日(土くじゅう連山の紅葉 三俣山お鉢巡り

10月21日(日)くじゅう連山の紅葉 大船山御池

10月27日(土)くじゅう連山の紅葉 星生山

12月8日(土)~9日(日)17サミッツ冬の陣 in 法華院温泉山荘

12月30日(日)山に感謝!くじゅう連山登り納め会

☆遠征イベント
11月10-12日(土-月)【屋久島遠征】屋久島満喫3日間 太忠岳

========================================