フォトアルバム
Powered by Six Apart

09_登山の基礎知識 Feed

2018年10月15日 (月)

くじゅうの自然に感謝する日2018

毎年10月の初旬に「くじゅうの自然に感謝する日」と称して、くじゅう連山で自然保護や登山道整備が行われます。
法華院温泉山荘とくじゅうネイチャーガイドクラブも毎年活動に参加しています。
数年前からやっている活動の一つは、雨が降ると滑りやすい三俣山南峰コースの階段整備です。
登山口から4合目くらいまでは、歩きやすくなったと思います。

毎年、一般募集も募って20名ほどで作業を行います。
休日返上で来て頂き、感謝しております!

このエリアは、火山灰が多く含まれているため、雨が降ると流れてしまいます。
数年経つと、補習が必要になる登山道ですが、気長にやるしかありません。

皆さんのご協力のおかげで綺麗な階段が出来ました。

次に、立中山のノリウツギ伐採搬送作業です。
こちらは、近年増殖しているノリウツギにより従来あったミヤマキリシマの日照が遮られ、
開花状態が以前に比べてかなり減少しているため、部分的にノリウツギを伐採して
昔の素晴らし景観を取り戻そう。という活動です。


坊がつるの野焼きも、人の手を加えて本来の美しい景観を取り戻すという活動です。
エコツーリズムの考え方ですね。

このように年に数回、一般募集でボランティア活動を行っています。
募集は「くじゅうネイチャーガイドクラブ」のWEBサイトでチェックしてください。

2018年5月 2日 (水)

山の天気について学ぼう

登山ガイドは人の命を預かる大切な仕事です。

知識や技術は多岐にわたって必要となります。

今回はそのひとつである天気について少しお話します。

と、その前に私は気象予報士ではありませんので、

山の天気の基本のお話となります。ご容赦ください^^;

2018050105_2
まず、登山に行こう!と決めたら3日くらい前から天気予報を見ますよね。

自宅近くの低山(500m程度)であれば地上天気でも参考になりますが

1,000m以上の山になるとガラッと変わる場合があります。

私がガイドをしているくじゅう連山も1,500m以上の山々で形成されていますので

大分県九重町や竹田市の地上天気予報とは異なることがあります。

これは、山の地形による上昇気流の発生に伴い、

雲ができ、麓では晴れなのに、山頂では雨やガスが起こりやすくなるためです。

同じ山でも風上は雨なのに風下は晴れという場合もあります。

このような原因から「山の天気はコロコロ変わる」など言われてますね。

2018050102

2018050103

厳冬期でガスが発生すれば、ホワイトアウトする場合もあります。

2018050104

2018050101

公表されている天気予報については、山専用の天気予報サイトがあります。

例えば・・・

tenki.jp

てんきとくらす

ヤマテン(有料)

などがあります。風速や気温で登山指数なども見れます。

もっと知りたい方は、地上天気図や高層天気図の読み方を学ばれるといいですよ。

2018050106

2018050107

私が所属している、くじゅうネイチャーガイドクラブはこのような判断ができる

プロガイドがたくさんいます。

登山したいけど、一人では不安。くじゅう連山は初めてなのでガイドと歩きたい。

という方は、お気軽に我々にご相談ください。

くじゅうネイチャーガイドクラブ

===阿蘇くじゅうROUTE11プロジェクト======
新しくWEBサイトを立ち上げました!!
阿蘇くじゅう国立公園の自然・登山・観光の魅力をお伝えします。

阿蘇くじゅうROUTE11プロジェクト
=============================

2018年4月11日 (水)

春から登山をはじめよう!

今年の桜は一週間ほど早い開花となり、春の花も全体的に早く咲きそうですね。

晴れの休日は自然の中でゆっくり癒されたい!という皆様へ、登山はいかがですか。

 

2018040301

登山と聞くと、「きつい」「暑い」「危ない」などマイナスのイメージを持たれている方も少なくないと思いますが、装備や基礎知識をしっかり理解すれば安全に、楽しく、長く続けることができる趣味になります。

では基本のお話から。まずは、登山をする季節ですが、九州の山では春は4月から6月、秋は9月から11月までが初心者の方にはお勧めです。

春は気温も上がり、たくさんの花が咲き、新緑も見られます。

秋は紅葉の中でもみじの絨毯の上を歩くと日頃のストレスから解放されますよ。

 

2018040303

2018040304

次に装備のお話ですが、登山の三種の神器は「登山靴」「レインウェア」「ザック」です。

登山靴は捻挫防止や疲労軽減に重要なアイテムです。

レインウェアは雨天時だけでなく防風や防寒対策にも便利な装備となります。

ザックに関しては、そのものよりも中身が重要ですね。

低山のピクニックでも行動食や非常食、ヘッドライトなどは常に携帯したい装備となります。

「私は昼間の晴れた日にしか山に行かないから、レインやライトはいらない。」

という方がいらっしゃいますが、登山は楽しいだけでなくリスクもあります。

予期せず道に迷うと暗くなりますし、急な天気の崩れも山では考えられます。

しっかり安全対策もしましょうね。

装備が揃ったら、自分のレベルに合った登山をはじめましょう!

初めは登山に詳しい知りあいに同行するか、私のような登山ガイドのイベントに参加されることをお勧めします。

登山の歩き方や楽しみ方をお話しますよ!

2018040302

登山に慣れてきたら、山キャンプもいいですよ。

装備はテントの他に、マット、シュラフ、バーナーなどたくさん必要ですが、調べたり揃えたりするのも楽しいものです。

九州の山では、くじゅう連山の坊がつるキャンプ場が距離や場所的にテント泊初心者に最適です。

同じ位置に法華院温泉山荘がありますので、温泉もありますし、冷えたビールもあります。

夜は満天の星空を見ながら贅沢な時間を過ごすことができます。

2018040305

 

2018040306

さあ、春の新スタートは健康的な登山をはじめてみませんか!

福岡の山はイムズ登山部、くじゅう連山を中心にした九州の山は、くじゅうネイチャーガイドクラブで私が皆様をご案内しますよ!!

2018040307

===登山の基礎机上講習=========================
6月20日 夏。爽やかな新緑の登山
イムズ8階会議室18:30より行います。
========================================
===くじゅうネイチャーガイドクラブ=================
☆コラボ企画
7月7日(土)第三回 山ごもりJazz in 法華院温泉

☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
4月21日(土)はじめてのくじゅう連山 久住山・中岳
4月28日(土)【GW企画】初心者向け 黒岩・泉水縦走
5月3日(木)【GW企画】くじゅうトレッキング 坊がつる
5月5日(土)【GW企画】くじゅうトレッキング 崩平山

☆登山中級者向けのイベント
4月22日(日)くじゅう連山 三俣山南峰直登コース
4月29日(日)【GW企画】復活!赤川コース 久住山~扇が鼻
5月4日(金)【GW企画】くじゅう連山 前岳(黒岳)(翌日参加の方はロッジ泊OK)

☆遠征イベント
5月19-20日(土日)日本百名山 祖母山・阿蘇山 満喫2日間(1泊2日)
5月26-27日(土日)【鹿児島遠征】 日本百名山 開聞岳(1泊2日)
7月13-16日(金-月)【北海道遠征】 大雪山「旭岳~黒岳縦走」4日間
7月28-30日(土-月)【北アルプス遠征】 初夏の槍ヶ岳3日間
9月22-24日(土-月)【北アルプス遠征】 紅葉の奥穂高岳3日間
========================================
===イムズ登山部=============================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
5月13日(日)はじめての登山 立石山
========================================

===阿蘇くじゅうROUTE11プロジェクト======
新しくWEBサイトを立ち上げました!!
阿蘇くじゅう国立公園の自然・登山・観光の魅力をお伝えします。

阿蘇くじゅうROUTE11プロジェクト
=============================

2017年8月 3日 (木)

夏山登山と熱中症

今年も夏も暑いです!

特に登山をする方は、熱中症に要注意です。

九州の夏山登山では早朝開始のお昼過ぎには下山がベストです。

理由は以下の通り。

1.早朝6時前後は日が長いため既に明るく、気温も低いので登りやすい。

2.夏山は午後から雲やガスがかかることが多いので山頂は午前中がお勧め。

3.午後から入道雲が発生して落雷の危険性が高くなる。

4.気温が上がりだすと蚊やアブ、ハチなど活動的になる。

まずは1について、快晴だと10時以降グンと気温が上がり直射日光を避けられない

コースだと、熱中症のリスクが高くなります。

水分は6時間の登山だと2L~3Lの持参が必要です。

それから人間の体は水分だけでなく塩分も必要とします。

塩こぶや梅干しなど休憩時の塩分補給も大切になります。

フラフラしてきたり、足がつりだしたら要注意のサインです。

2017080301

次に2、3の入道雲と雷について、これは夏山では毎日のように起こる可能性大です。

天気予報や雲を目視、落雷の音などを注意しながら、登山することが重要です。

特に稜線や尾根では隠れるところがありませんので、早めの下山をしてください。

2017080302

最後に4の虫ですが、これも実は厄介なんです。

アブは人の周りをぐるぐる回って、休憩すると体にくっつきます。

産卵期のメスしか人間の血液を吸わないみたいですが、噛まれるとかなり腫れますよ!

ブヨも小さいけど、刺されたらひどく腫れます。

特に目の周り、帽子の淵、手や手首の周りは要注意!

虫よけなどの対策をしっかりしたほうがいいですね。

あとは、服装です。Tシャツは長袖がベスト。

暑いけど虫刺されや日焼け対策、藪漕ぎでの怪我防止となります。

素材ですが、綿は乾きにくいのでお勧めしません。

ポリなどの化繊で速乾性のもの、抗菌、防臭などの登山用をお勧めします。

小物では帽子、夏用ネックウォーマー、グローブ、サングラスも便利です。

今年の夏も暑いので、無理せず楽しく安全に夏山登山を楽しんで下さい。

===登山の基礎机上講習=========================
2017年9月20日 秋。紅葉トレッキングへGO
イムズ8階会議室18:30より行います。
https://www.flipworks.jp/shop/event/
=======================================
===くじゅうネイチャーガイドクラブ=================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
8月26日(土)【コラボ企画】くじゅう登山×クラフトビールナイト(花山酔)
http://kuju-ngc.com/event/august/#e4950
8月30日(水)【平日登山部】のんびり坊がつる×カフェきすみれ
http://kuju-ngc.com/event/august/#e5001
9月30日(土)【コラボ企画】のんびり坊がつる×カフェきすみれ
http://kuju-ngc.com/event/september/#e5009
☆中級者向けのイベント
8月19日(土)くじゅう連山でご来光IN星生山(延期イベント)
http://kuju-ngc.com/event/august/#e4985
9月27日(水)【平日登山部】三俣山お鉢巡り
http://kuju-ngc.com/event/september/#e5003
==================================================

===イムズ登山部=======================================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
9月9日(土)ナイトハイクで夜景観賞IN立花山
https://www.flipworks.jp/shop/event/#tozan20170909
9月10日(日)【登山講習】ファーストエイド実践IN四王寺山
https://www.flipworks.jp/shop/event/#tozan20170910
==================================================

2017年7月 2日 (日)

四王寺山で読図講習

梅雨真っ只中ですが、今年はほんとに降りませんねー。

登山講習を行うにはとてもありがたいのですが、水不足は心配です。

さて、今回は四王寺山で地図とコンパスを使った読図講習を行いました。

メジャーな山だと、登山専用の地図など書店などで簡単に購入できますが

近所の低山の地図はなかなか手に入りません。

しかし最近では、インターネットを利用して国土地理院からダウンロード。

磁北線まで引いてあり、とっても便利な時代になりました。

今回は初めて地図とコンパスを使う方を対象にポイントからポイントへの

方向を定めたり、距離を測ったり、地形を予測したりと基本的な講習を行いました。

20170701_101025

まずは、コンパスなしで地図の情報だけで予測します。

水平距離、高度差、時間、地形、地図記号など地図にはたくさんの

情報が詰まっています。短い距離でポイントを作って読図すれば

道迷いの気付きがより早くなって、いざという時の初動捜査に役立ちます。

20170701_141259

近所の低山ほど、情報も少なく地図に載ってない分岐もたくさんあります。

どっちかな?と迷った時にコンパスの登場です。

この分岐から次の分岐までの方向を定めます。

20170701_141322

15分くらい歩けば分岐に着くはずなのにまだかな?

登山道の右手に川があるから大丈夫だ!

などしっかり現在地を確かめながら歩きていきます。

20170701_142359

まさか自分が遭難するなんて、誰もが思ってないことです。

それが道迷いです。心の準備が出来ていない人ほどパニックになって

普段しない行動をとって山岳事故へとつながります。

登山時でのパニックは知識と装備でかなり防げます。

私がガイドしているイベントでは不定期ですがこのような講習を

行っています。興味がある方は是非ご参加ください。

===登山の基礎机上講習=========================
2017年9月20日 秋。紅葉トレッキングへGO
イムズ8階会議室18:30より行います。
https://www.flipworks.jp/shop/event/
======================================
===くじゅうネイチャーガイドクラブ=================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
7月15日(土)【初心者向け】くじゅう連山トレッキング(福岡からの相乗り可)
8月26日(土)【コラボ企画】くじゅう登山×クラフトビールナイト(花山酔)
☆中級者向けのイベント
8月5日(土)くじゅう連山でご来光IN星生山(追加イベント)
======================================

===イムズ登山部============================
☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)
8月6日(土)山トモ作ろう!立石山
9月9日(土)ナイトハイクで夜景観賞IN立花山
9月10日(日)【登山講習】ファーストエイド実践IN四王寺山
======================================

2016年11月16日 (水)

秋の由布岳へ

今年の地震以降、通行止めになっていた由布岳が解禁になり

ようやく快適に歩くことができるようになりました。

正面登山口からの由布岳の景色はとても素晴らしいです。

Imgp7015

この日の地上天気予報は晴れだったのですが

山頂に行くにしたがってガスがかかってきます。

おそらく南からの湿った空気が通り過ぎるのが若干遅れたためと思われます。

山の天気は地上と異なることはよくあります。

しっかり天気図を読めるようになるとある程度の予測が

つくようになりますので、これから登山をする方は是非習得してみてください。

Imgp7016

2016年7月29日 (金)

山岳事故を防ぐための2日間 その2

講習2日目は、前日に学んだ読図を中心に実際に道迷いの状況を作り

軌道修正までをグループごとにしてもらいます。

天気予報通り、午後前から天候が回復しました。

2016071602

聞いて学ぶのと、実践で学ぶのは大きな違いがあります。

道迷いや山岳事故全般は、「まさか自分が!」の連続です。

常にこうなったら、ああなったらどうしようと考える癖をつけないといけません。

それをより迅速に正しい判断にするために、このような講習会を行っています。

2016071603

これから登山を趣味にしたい方は、機会があれば是非講習会に参加してください。

次回は秋に同内容イベントを行う予定です。

2016071604

詳細は、くじゅうネイチャーガイドクラブまで

2016071605

2016年7月25日 (月)

山岳事故を防ぐための2日間 その1

夏山シーズン真っ盛りですが、山の事故が多くなるこの季節。

登山初心者の方を対象に、山岳事故を防ぐための講習会を2日間行いました。

1日目は山の基礎知識から基本装備、読図を中心にやりました。

ちょうどいいくらいのガスがかかった日でしたので、コンパスと地図をおおいに活用できました。

2016071600

夜は机上講習で天気図のお話しをした後に、ナイトウォークへ出かけました。

ライトがないとどのくらい暗いのか?ザックの中身を取り出せるか?

など実践で夜の闇を体験して頂きました。

2016071601

1日目は終始天気がよくなかったのですが、2日目の天気図は午後から好天が期待できます。

続きは後半へ

2016年6月12日 (日)

楽しく安全に登山をしましょう!

夏山本番になると、くじゅう連山でもたくさんの登山者が山頂を目指します。

数年ぶりに登る方、お子さん連れの親子登山、はじめての登山挑戦の方など

メジャーコースの牧ノ戸-久住山では夏休みになると多い時では数百名になります。

快晴で気持ちがいい風が吹く日などは楽しい登山で下山できますが・・・

急な悪天候や体調不良など登山には怖い落とし穴もたくさん潜んでいます。

山岳事故の中でも半数以上を占める、道迷いと転倒による捻挫・骨折。

さらに尾根沿いの夏山では熱中症や落雷なども気を付けないといけません。

登山ガイドや添乗員がついたツアーだと正しい応急処置ができますが

知識不足、装備不足の場合、最悪、命の危険にさらされます。

「雨の日は登らないからレインウェアはなくていい」

「日帰りの登山だからヘッドライトはいらない」

これが遭難予備軍となってしまいます。

2016061401

登山は長く続けることができる健康的なスポーツです。

できるだけ安全に楽しく登山をするために、基礎知識を学んでみませんか。

本屋に売ってる基礎知識の本もいいですが、やはり実践で学ぶことが一番です。

山岳専門ショップや山岳会などが主催する登山に参加するか。

近くにいる信頼できるベテランの方について学ぶとよいと思います。

周りにそんな環境がない場合は、くじゅうネイチャーガイドクラブも定期的に

イベントを行っていますのでご検討ください。

7月に私が行う2日間の講習では、夜ヘッドライトを付けてビバーク体験などを行います。

※夜の講習は2時間程度でホテル泊となります。

「まさか自分が」となるのが道迷い、山岳事故です。

より実践に近い形の講習に参加してみませんか。

これ以上動けない場合は、ツエルトを張ってビバークします。

ビバークの判断基準は正しいですか?

2016061402

足首の捻挫はテーピングで応急処置します。

38mmテーピングは持参してますか?

2016061403

あれっと思ったら、地図とコンパスで位置確認。

GPSのソフトと併用すれば間違いなし!!

もっている方、使い方はわかりますか?

2016061404

骨折時にヘリを呼んだとき、あと数百メートル搬送しないと

ヘリがピックアップできない場合は、ザック搬送します。

適当に背負うと、力持ちでもすぐにバテて転倒の原因になりますよ。

2016061405 

ビバーク時に真っ暗にならないようにヘッドライト工夫して

より明るくすることもできます。

2016061406

行動食とは別に非常食は持ってますか?

水分と非常食はお守りになります。

2016061407

登山は心技体。

山岳事故で一番よくないのは、パニックになること。

常に対応できる知識と装備で、自信をもった登山をしましょう!!

上記イベントにご興味がある方は、下記リンクより詳細をご覧ください。

===くじゅうネイチャーガイドクラブ=================

7月16-17-日(土日)【登山講習】山岳事故を防ぐための2日間

詳細はこちらから http://kuju-ngc.com ==================================================

2016年4月 6日 (水)

九州の山へ行こう!

日本の登山と言えば、富士山、日本アルプスなどが人気ですが

九州の山々も全国に自慢できるような魅力があるんですよ。

今回は、はじめての登山でも登れる山から、九州の屋根と呼ばれているくじゅう連山まで

九州の山を幾つかご紹介したいと思います。

まずは福岡で登山初挑戦オススメの山は糸島半島の「立石山」です。

標高は209mと低いですが、眼下に海が広がる素敵な山です。

親子連れ登山などもよく見かけます。初めの一歩でお勧めします。

012

福岡市内近郊であれば、車でもバスでも行ける「油山」。

特に紅葉時期は多くの人で賑わいます。

あまり知られてませんが、ツバキ油発祥の山とされています。

021

登山に慣れてきたら、福岡で一番人気の「宝満山」はいかがですか。

竈門神社からの正面登山口がメジャーですが、うさぎ道や行者道などたくさんのコースがあります。

元々修験の山ですので、ペースを間違えると疲れてしまいますよ^^;

032

もっと距離を歩きたい方は、「三郡山」まで足を伸ばしましょう。

宝満山から三郡山を経由して篠栗の若杉山への縦走路は健脚向けで

歩行距離は20km、歩行時間も8時間以上と充実感はハンパないですよ^^;

駅から駅までの舗装路が結構つらいので、車2台でスタート、ゴールを短縮するのがコツです。

042

静かな山歩きをしたい方は、秋月の「古処山」をお勧めします。

下山後は筑前の小京都、秋月城下を散策するのもいいですね。

春は桜、秋は紅葉を楽しみましょう。

051

今度は少し標高を上げて他県の山をご紹介します。

まずは大分県。低山からステップアップしたい方にピッタリな「由布岳(1,583m)」

東峰が一般的です。西峰は鎖や岩場があり中級者向けとなります。

初めて行く方は経験者または登山熟練者と同行してください。

新緑の季節がお勧めです。

07

続いて熊本県と言えば、阿蘇(1,506 m)。最近は警戒レベルが上がっていますが

日本百名山でもある「中岳」から見る火口は圧巻です。

世界各国から観光に来るのも納得ですね。

08

さらに南下してみましょう!

鹿児島を代表する山と言えば桜島ですが、登山ができる山では、やはり霧島連山。

「韓国岳(1,700m)」と「高千穂峰(1,573m)」です。

下の写真はミヤマキリシマの高千穂峰です。

坂本竜馬がおりょうと新婚旅行した山としても有名ですね。

09

鹿児島の日本百名山は、「韓国岳(1,700m)」と「開聞岳(924 m)」。

両方、初心者でも登れる山です。ただし、基本装備(レインウェア、登山靴)は必須です。

そして全国的にも人気がある「屋久島 宮之浦岳(1,936 m)」ですね。

屋久島は日本の気候が垂直に入っています。

南から北までの植物の垂直分布をみることができます。

人気は縄文杉コースですが、下の写真の黒味岳など巨岩の山々もいいですよ。

10

ざっと九州の山をご紹介しましたが・・・

まずはどんな山に登ろうか?初心者だから標高が低い山からと考えがちですが

登山口の標高と山頂の標高差や、登山道の状況(梯子、鎖、距離など)が重要になります。

そんな意味では、比較的標高は高いけど初心者でも挑戦できるくじゅう連山は一押しです。

一番人気は牧ノ戸コース。登山道もしっかりしていて人も多く2時間半程度で山頂へ行けます。

山頂は1,786mですが、登山口が1,330mですので標高差は約456mです。

その他、森林が好きな方は長者原や男池から裾野トレッキングもできますよ。

06

また、くじゅうの魅力は四季を通してもかなり景色が変わります。

Photo

特に冬のくじゅうは、九州ではないような雪景色になりますよ。

1

九州の山の魅力は山単体で見ると、ほとんどのコース日帰りすることができます。

日帰りできて、森林コースから岩稜コースまで景観もさまざま。

季節と天候がよければ、山岳事故の危険性も低くなります。

ご興味を持たれた方は、くじゅうネイチャーガイドクラブまたはイムズ登山部で

私が九州の山々をガイドしますよ。お友達、ご家族で是非ご参加ください。

※装備や登山レベルで迷い中の方は、遠慮なくご連絡ください。

===くじゅうネイチャーガイドクラブ=================

☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)

4月9日(土)【登山初心者】はじめての久住山
4月29日(金)【GW企画】山トモ作ろう!坊がつるリラックス
4月30日(土)【GW企画】黒岩・泉水縦走イベント
5月3日(火)【GW企画】坊がつる~平治岳裾野トレッキング
5月4日(火)【GW企画】くじゅうオルレ散策イベント

☆登山ステップアップ中級(登山1年以上の方にお勧め)

4月15日(金)【平日登山部】三俣山南峰直登
4月16日(土)【登山中級者】三俣山お鉢巡り
5月5日(火)【GW企画】三俣山南峰直登イベント
5月7日(土)【遭難講習】読図と道迷いの心理

詳細はこちらから

===================================

===イムズ登山部=========================

☆登山初心者向けのイベント(登山初挑戦歓迎します)

5月14日(土)新緑のくじゅうオルレ
6月25日(土)山歩きの基本講習 IN四王寺山

☆登山ステップアップ(登山1~3年の方にお勧め)

5月21日-22日(土日)ミヤマキリシマの霧島連山遠征
6月2日(木)くじゅうのミヤマキリシマ 黒岩・泉水山

詳細はこちらから

===================================